看護師に人気の転職先!3つの診療科が人気のワケをこっそり紹介

3つの診療科が人気のワケをこっそり紹介

このページでは、看護師の転職先として人気の、アレルギー科、形成外科、胃腸科の3つの診療科について紹介していきます。それぞれの科で働く看護師の仕事内容や働くメリット・デメリットを知った上で、希望のキャリアプランを叶えることのできる転職先を見つけましょう。あなたの希望に合った転職先が見つかります。

 

将来のステップアップにつながる「アレルギー科」へ転職

将来のステップアップにつながる

いま、看護師の中で非常に注目がされている診療科があります。それは「アレルギー科」です。

医療技術が発達していく中で、これまで治療が難しかった病気も治る時代になりました。

 

しかしながら、逆にアレルギー疾患は増え続けている状態にあり、その分、採用の間口も広がっています。現在の日本ではまだ罹患者に対して看護師の数が足りていないのが実情です。競争率が低いだけでなく、病院によっては待遇も高く設定しているところもあり、まさに転職にはうってつけと言えます。

 

看護師のアレルギー科での働き方

看護師のアレルギー科での働き方

アレルギー科の罹患者は、通院による薬物療法が一般的です。そして、アレルギー症状のつらさを理解してくれる人が罹患者の周りにいない、というケースも多いです。ですので、ただアレルギー症状のケアだけでなく精神的なケアを施す必要もあります。

 

もちろん急患で運ばれてくる罹患者もあり、入院をして長期的に免疫を作る療法を取る罹患者もあります。ですので、他の診療科と同じように夜勤の看護師も常駐する勤務体系になります。

 

看護師がアレルギー科に転職するメリット

看護師がアレルギー科に転職するメリット

看護師がアレルギー科に転職するメリットは、数点存在します。看護師として選択出来る診療科は、実に沢山あり、ベストな診療科は十人十色ですが、アレルギー科は、先を見据えて働く看護師にとっては良い選択肢の一つであるといえます。下記のポイントについて、それぞれ確認していきましょう。

 

  • 将来のステップアップにつながる診療科

1つはやはり上記に挙げた間口の広さです。これからも罹患者はまだ増えていく見通しになっています。アレルギー科がまだ無かったり、診療科自体はあっても人手不足の病院も多くあります。先立って専門知識を付けておけば、将来的に生活基盤や勤務先が変わることになっても、再就職も容易になります。

 

 

 

  • 大きなやりがいが感じられる

また、治療の一環として罹患者の精神的なケアが仕事内容の中心になります。罹患者本人だけでなく、理解の薄い家族や近親者と二人三脚で治療を進めていくことになります。淡々と施術を行うだけの診療科よりも、コミュニケーションを中心に進めていく分、やりがいは大きいものです。実際にアレルギー科に転職した看護師の声として「患者さんが元気になったときの喜びが大きい」という意見も多いです。

 

 

 

  • 最先端の医療を学ぶことができる

さらに挙げられるメリットとして、新しい医療知識を学ぶ上ではアレルギー科が最適、という点もあります。文明が進歩するごとにアレルギー疾患もまた進捗し続け、未だ完全な治療法が確立されていないものも多いです。逆に言えば、最先端の技術で日々研究が行われている診療科と言えます。医療の発展の最先端に立ち続けていると考えると、更なるステップアップのためにも良い選択肢と言えます。

 

 

行動力があり、結果重視の人向け!「形成外科」へ転職

行動力があり、結果重視の人向け

看護師の仕事は、診療科目によって全く異なります。転職したら希望の診療科がなかったり、希望部署への配属にならなかったという可能性があるので、転職前にはしっかりと自分のやりたい仕事があるかどうか確認しておくことが大切です。

 

形成外科ってどんなところ?

形成外科ってどんなところ?

看護師の転職で人気がある診療科のひとつとして、形成外科が挙げられます。形成外科は、主に体の表面の外傷後変形や異常、失った機能や体を再形成する診療科です。外形的、機能的な再建が主な仕事になります。

 

形成外科の一分野として美容外科がありますが、これは美容目的がメインで、怪我などで機能や形態が以前と変わってしまった人や生まれつきの異常のある人を正常に近づける形成外科とは異なります。

 

形成外科で働く看護師の仕事

形成外科で働く看護師の仕事

看護師の形成外科での仕事は、医師の指示に従って診療介助を行ったり、手術の介助を行うことです。形成外科の手術は命に関わるようなケースは少ないですが、手術を受ける患者さんは不安と緊張を抱えているので、それを和らげるのも看護師の仕事になります。

 

女性患者さんの場合には、医師に相談しづらいことを看護師に相談するケースもあります。その時に疾患や治療内容について正確に説明して安心させるような知識が求められます。女性患者さんは男性よりも見た目を気にする人が多いので、精神的なケアを行うことが大切です。

 

形成外科に向いている人はどんな看護師

形成外科に向いている人はどんな看護師

形成外科で冷静に対応できる力を身につけておけば、オペ室などの看護師として働ける可能性も出てきます。ステップアップの第一歩として形成外科で働くのに向いているのはどんな人なのでしょうか。下記のポイントについて確認していきましょう。

 

  • 行動力がある結果重視の人

この診療科に向いているのは、行動力がある、結果重視の人です。外科系は素早いフットワークが求められます。患者さんの容態の変化も内科より早いので、それを冷静に判断して対応する能力があると良いです。

 

  • 臨機応変に対応する能力がある人

また、手術では医師によって器具の呼び方が違ったり、癖のある行動をする人もいるので、それに臨機応変に対応できるような能力も重要です。手術中に用語がわからないようではかなり困ったことになるので、日頃からしっかり勉強しておくストイックさも必要です。

 

  • 患者さんの相談にのることができる人

内科と違い、外科は治療の結果が目に見えてわかるので、プロセスよりも治ったという結果を求める人には向いています。これ以外でも、患者さんの手術の不安などの相談に適切に答えられるようなコミュニケーション能力が備わっているとベターです。

 

ポイント

内科から転職するには少し分野が違いますが、冷静さには自信がある、看護の勉強が好き、という人には適性があります。手術中はチームワークが必要になるので、チームワークを大切にするというのも大切です。

 

専門性を身につけるのにピッタリ!「胃腸科」へ転職

専門性を身につけるのにピッタリ

胃腸科は、胃や腸だけではなく、食道・十二指腸・大腸などの消化管、肝臓・胆のう・膵臓などの器官も扱います。以前までは胃腸科と言われていましたが、最近では消化器科と呼ばれるケースも多いです。

 

ここでは、胃腸科で働く看護師の仕事内容、胃腸科への転職メリット・デメリットについて説明していきます。

 

胃腸科で働く看護師の仕事内容

胃腸科で働く看護師の仕事内容

看護師の主な仕事は、医師の診察補助、バイタルチェック、採血、点滴、注射、入院患者の体調管理、などです。胃腸科で扱う器官は広いので、基本的な仕事であっても患者さんの症状に合った管理が求められます。入院では生活介助以外に精神面のケアも仕事に含まれます。

 

治療の一環では食事制限が必要になることもあるので、医師や薬剤師だけではなく管理栄養士などと連携して働く必要があります。患者さんと医療スタッフがスムーズに治療に取り組むことができるように、患者さんとコミュニケーションをとるのも仕事になります。

 

看護師が胃腸科に転職するメリット

看護師が胃腸科に転職するメリット

看護師が胃腸科に転職するメリットにはどのようなものがあるのでしょうか。胃腸科への転職は忙しい反面、専門性を身につけるという意味では良いステップアップになるといえるでしょう。下記のポイントについてそれぞれ確認していきましょう。

 

  • 看護師としての専門性が身につく

胃腸科に転職するメリットは、看護師としての専門性が身につくことです。ここで経験を積むと、大概の診療科で通用するようになると言われるくらいです。外来では患者さんへの問診、医師の指示に従って検査や処置を施す、といった仕事にあたります。X線や内視鏡、CT、MRIなどの検査補助も行うので、新しい医療機械への知識を身につけることもできます。

 

  • 研修や講習会が定期的に開催される

医療技術の進歩に合わせて看護師に対しても最新のケアや看護技術が求められるので、定期的に研修や講習会などが開かれるのも特徴です。そのため、新しい医療知識を身につけたいという人に向いています。ここで知識をつけることは、将来的に他の科で働くとを考えている人にとってはステップアップにつながるでしょう。

 

  • 他の診療科と比較して給料が高い

給与面でも、胃腸科は高い専門性が求められるので、他の診療科に比べて給料が高い傾向にあります。学ぶことが多く勉強に費やす時間も多いですが、給与という形における待遇は期待できます。胃腸科に転職することで、スキルアップとともに、収入アップできることでしょう。

 

看護師が胃腸科に転職するデメリット

看護師が胃腸科に転職するデメリット

多くのメリットが存在する反面で、デメリットも存在します。胃腸科の患者さんは急変を起こしやすいので、多忙になってしまうのです。それに伴うデメリットについて紹介していきます。それぞれ詳しく確認していきましょう。

 

  • 術後の患者さんへの接し方に注意する必要がある

がん患者さんも多く入院しているので、頻繁に手術が行われます。その患者さんに対して様々な検査をしたり、検査室へ移動させるという業務も多いです。術後は容態が急変しやすいので、細心の注意を払って観察する必要があります。

 

  • 忙しいため効率よく動かなければならない

もちろん他の看護の仕事もしながら対応する必要があるので、効率よく動くことが求められます。優先順位をつけて多くの仕事をこなしていくことが大切です。頻繁に鳴るナースコールに対応できるフットワークの軽さが重要になってきます。

 

  • 人の死に耐えられる強い精神力が必要

末期がん患者さんの治療にも立ち会い、臨終の現場に立ち会うことも多いです。そのため、精神的なショックも多いです。それでも他の患者さんの看護に支障をきたさないようにするために、気持ちをすぐに切り替えられるような強い精神力が求められます。

 

次へ
ポイント

看護師求人サイトは全国に50社以上存在しています。良い看護師サイトもあれば、悪徳な看護師サイトもありますので、「看護師が選んだ看護師求人サイト口コミランキング」をチェックすることと、必ず3社以上の複数登録をすることが、転職成功の秘訣です。

 

1位・看護のお仕事

看護のお仕事

地方にも都心部にも強く、また医療専門で行っている求人サイト!

みんなの口コミ

2位・マイナビ看護師

マイナビ看護師

転職のプロ!マイナビグループが運営!スピードを求める方はココ!!

みんなの口コミ

3位・ナースフル

ナースフル口コミ

転職といえばリクルート!やっぱりナースフルが一番!?

みんなの口コミ


看護師転職サイト口コミランキング
LINE看護師パンダスタンプ

■看護師求人サイト転職口コミ「看護師パンダ」コンテンツ

看護師求人サイト転職口コミ集、「看護師パンダ」にお越しいただいてありがとうございます。看護師転職の役に立つ情報を日々更新しています。

看護師転職サイト徹底比較ランキング
看護師求人サイト一覧
看護師転職人気病院
看護師のキャリアアップ資格
看護師転職体験談
看護師求人条件で探す
年代別看護師転職
看護師パンダ