意外と知らない?!看護師が転職しやすい3つの理由

看護師が転職しやすい3つの理由

このページでは、看護師が転職しやすい3つの理由について紹介します。人材不足である理由、看護師の労働環境が「3K」から「9K」になった理由、看護師の資格の使い方について説明していきます。

 

看護師が転職しやすい理由を押さえて、転職に向けて自分の希望にあった職場を見つけましょう。転職を考えている看護師の方は、ぜひご一読ください。

 

1.看護師は転職しやすい?人材不足である理由

人材不足である理由

看護師は大学病院や地域のクリニックや診療所、また養護施設や保育施設などでその専門知識と技術を生かして患者さんや対象となる子どもたちの心身の安全と健康のために力を尽くすやりがいのある職業であるといえます。

 

国家資格であり、医療機関は全国各地に多数存在することからライフスタイルが変わっても働きやすく、また転職もしやすい職種です。

 

看護師は離職率が高く復職率も低い

離職率が高く復職率も低い

しかし働ける職場の数も幅広く、それなりの収入も得られる魅力的な仕事であるにもかかわらず、常に求人や募集がいたるところで出ている背景には看護師の人材不足があげられます。

 

人材不足になるということは離職率も高く、良い条件で募集を出しても働いてくれる看護師がなかなか見つからないという要因が考えられます。

 

看護師の離職率が高い理由

看護師の離職率が高い理由

看護師の離職率が高く、復職率が比較的低い原因としてあげられるのは以下の3点です。看護師として働くあなたなら、うなずけるものが多いのではないでしょうか。

 

離職の原因として、仕事が大変であることのほかに、女性特有のライフイベントが影響していることがわかります。それぞれの理由について詳しく見ていきたいと思います。

 

過酷な労働環境であること

まず一つ目に労働環境の過酷さです。夜勤や残業が定期的にあり、どこも限られた職員の数でシフトを回しているために多少の体調不良では仕事を休んだり、勤務交代をすることができないことや、ベッドや器具の運搬や患者さんを抱きかかえて歩行や横たわりの補助をするなど、体力面でもかなりの労力が求められます。

 

 

これらの労働環境の中で無理をして働き続けることで、体調を崩してしまったり腰や膝を痛めてしまい退職や休職をせざるを得ない状況に陥ってしまうのです。

 

精神的な疲労の蓄積が大きい

そして二つ目はストレスや精神的な疲労の蓄積です。仕事の過酷さや責任感の重さはもちろん、看護師は患者さんの病気や疾患、そして死と対面する職業です。そのため親しくしていたり、担当していた患者さんの死に直面することに耐えきれずに精神的に参ってしまったり、職場の人間関係に悩んで仕事が楽しくなくなってしまい、看護師という仕事から離れていってしまう人も多いです。

 

看護師以外のやりたいことや目標ができる

最後に三つ目は看護師以外にやりたいことや新たな目標ができて転職したり、結婚や出産を機に体の負担が少なく時間に融通のきく異業種に転職するために看護師を退職する場合です。

 

転職した結果、やはり看護師として働きたいと現場に戻ってくる人もいますが、子育てや家事との両立や、他の仕事と両立できる可能性を考えると1度現場から離れてしまうと復帰することは難しいと考える人も多く、国家資格を持っていながらも現在は看護師としては働いていなかったり、別の仕事に就いている人ももちろんたくさんいます。

 

ポイント

以上の点が現場の人材不足の主な原因ですが、その分現役で働いている人への求人の数はかなり豊富に出ているともいえます。つまり転職を考えた場合に自分に合った雇用条件や環境を選んで職場を探すことができ、焦ることなく次の職場を見つけて、理想の働き方がしやすい状況であるといえます。看護師不足を逆手にとって、自分の希望に合った働き方をしましょう。

 

2.看護師の労働環境が「3K」から「9K」になった理由

労働環境が「3K」から「9K」になった理由

毎年多くの人が看護学校を卒業して看護師資格を手に入れる日本ですが、そうした状況があっても看護師不足の問題はよく指摘されるようになっています。

 

この問題の背景にはかつてより看護師に女性が多く結婚・出産を機に退職をする人が多かったことがあったとされていたのですが、最近ではそれよりもむしろ転職による看護師不足の方が深刻になっているという見方もかなり強くあります。

 

看護師の仕事は過酷であるなのに見返りがない?

看護師の仕事は過酷であるなのに見返りがない

ではどうして国家資格まで得たのに転職をしてしまうのかというと、それは「看護師という仕事が9K職場だ」と言われるようになっているからです。これまでの日本では「きつい」「汚い」「危険」の三つの要素を持つ職場を3K職場として扱っていましたが、看護師の仕事はこの全てを満たしている上に「過酷」「給料が安い」「帰れない」など6つのKがさらにプラスされていると見られるようになりました。

 

要するにこの仕事は「他の仕事と比べても遥かに労働環境が過酷なのにその分に見合った見返りがない」と判断されてしまうようになったわけです。しかし看護師という仕事がここ数年でいきなりそうなったのかといわれると、実際のところはあまり変わっていません。もちろん少子高齢化の傾向が強い日本ですから、患者数の増大で仕事がさらにきつくなってきたということはあるでしょう。

 

9Kが謳われるのは女性の社会進出が関係している

女性の社会進出が関係している

ただ医師のサポートをしつつ病人の看護にあたるという本質が変わっているわけではないのですから、こうした9Kと言われるようになったことを少々不思議に思う人も多いものです。こう判断されるようになった背景には日本における女性の社会進出があるとされています。

 

これまでの日本では女性は家に入って家事に従事するべきだと言われていましたが、現代では女性であっても社会に出て働くことが普通のことになってきました。それによって女性が持つ仕事への価値観や、女性が受け取ることができる報酬というのがかなり大きく変わってきたのです。

 

9Kと呼ばれないような職場を探そう

9Kと呼ばれないような職場を探そう

かつてより女性が働く職場としてメジャーなものだった看護師である分、そうした社会の変化があるのにかつてと変わらないという姿がかなり目立っていると言えるでしょう。

 

ただ最近では看護師がより働きやすい職場を用意するように努めている病院もかなり増えてきましたし、そうした問題があると認知して社会全体で改善しようとする動きも見えるようになってきました。転職の際に異業種のことを真っ先に考える人も多いのですが、せっかく看護師になったのですからまずはそれぞれの職場を見極めて、9Kと呼ばれないようなより良い働き場所を探してみると良いでしょう。

 

3.看護資格は強い?資格を活かした転職をしよう

資格を活かした転職をしよう

看護師になるためには、専門の学校に通って看護に関する専門的な知識や技術を身につけた後、国家試験を受験して国家資格を取得する必要があります。

 

そのため望めば誰もがなれるという甘い職業ではなく、看護師になるには、それなりの努力と時間を費やす必要があるのです。だからこそ看護資格というのは、非常に貴重な資格であると言えます。

 

看護師資格を有効活用できていない看護師は少なくない

看護師資格を有効活用できていない

しかも近年は、医療の現場での医師不足が叫ばれているのと同様に、看護師も不足してる状態です。お陰でより一層、看護資格を所有している人は貴重な存在となっていますが、そんな資格を持ちながらも有効に活用出来ていない看護師は少なくありません。

 

というのも人手不足の病院で、安い給料で休みもろくに取れずに我慢しながら、働き続けている人が少なくないからです。

 

資格を活かして転職するのがおすすめ

資格を活かして転職するのがおすすめ

確かに体力がある若い頃であれば、看護師としての経験値を積む意味で、一時的にそういった職場で、敢えて働くのも良いかもしれません。

 

ですが、そういった過酷な職場で働き続けた挙句に、体力的に限界が来たり、看護の仕事を続けて行く自信を失う人もいるのです。なので折角手に入れた貴重な看護資格を無駄にしないためにも、現在の職場に不満を感じたら、看護師を辞めるのではなく、転職を実行する事をおすすめします。

 

転職するなら現在よりも条件が良い職場を選ぼう

転職するなら現在よりも条件が良い職場を

前記した様に、看護資格というのは国家資格であるため、所持者は貴重な存在です。しかも多くの医療の現場で看護師が不足しているので、求人を見付ける事自体は特に難しくありません。

 

ですが人手不足の病院から、また人手不足でハードな病院に転職するのでは、余り意味がなかったりします。転職するなら、現在の職場よりも給料等の労働条件が良く、無理なく働ける職場を見付け出すべきです。

 

看護師専門求人サイトを活用しよう

看護師専門求人サイトを活用しよう

その際、是非とも活用したいのが、看護師専門の求人サイトだったりします。というのもそういった専門サイトでは、看護師の求人が数多く登録されており、豊富な選択肢の中から転職先を選び出す事が可能です。

 

しかもそういったサイトは、医療機関と特別なネットワークを持っており、一般の求人誌やサイトには掲載されない様な、病院の中では比較的給料が高く働き易い科や企業看護師といった労働条件の良い求人も登録されていたりします。

 

看護師専門求人サイトの担当者からアドバイスがもらえる

更にサイトの中には、転職活動をサポートをしてくれる担当者を用意していたりします。なので転職先選びに迷ったり、悩んだりした際にはそういった人に相談したりアドバイスを貰ったりが可能です。

 

そうする事で、貴重な看護資格をフルに活用して、有利な転職を実現する事が出来ます。

 

次へ
ポイント

看護師求人サイトは全国に50社以上存在しています。良い看護師サイトもあれば、悪徳な看護師サイトもありますので、「看護師が選んだ看護師求人サイト口コミランキング」をチェックすることと、必ず3社以上の複数登録をすることが、転職成功の秘訣です。

 

1位・看護のお仕事

看護のお仕事

地方にも都心部にも強く、また医療専門で行っている求人サイト!

みんなの口コミ

2位・マイナビ看護師

マイナビ看護師

転職のプロ!マイナビグループが運営!スピードを求める方はココ!!

みんなの口コミ

3位・ナースフル

ナースフル口コミ

転職といえばリクルート!やっぱりナースフルが一番!?

みんなの口コミ


看護師転職サイト口コミランキング
LINE看護師パンダスタンプ

■看護師求人サイト転職口コミ「看護師パンダ」コンテンツ

看護師求人サイト転職口コミ集、「看護師パンダ」にお越しいただいてありがとうございます。看護師転職の役に立つ情報を日々更新しています。

看護師転職サイト徹底比較ランキング
看護師求人サイト一覧
看護師転職人気病院
看護師のキャリアアップ資格
看護師転職体験談
看護師求人条件で探す
年代別看護師転職
看護師パンダ