バランスを考える!看護師が家庭と仕事を両立させる3つの働き方

看護師が家庭と仕事を両立させる3つの働き方

このページでは、看護師が家庭と仕事を両立させる3つの働き方について紹介します。雇用形態、働く時間帯、働く場所の3つの視点から説明していきます。

 

ポイントを押さえて、忙しい看護師の仕事をしつつ無理なく家庭と両立できる働き方を探しましょう。この機会に、働き方を考え直したり、転職を考えたりしてみるのも良いかもしれません。

 

看護師が生活と仕事を両立させる働き方

看護師が生活と仕事を両立させる働き方

看護師が転職を行う場合には、現職よりも条件のよいところに転職をしたいと考えるのは当然のことであるといえます。

 

看護師は、一般的に仕事が体力的、精神的にもハードであるといわれています。なぜなら、看護師の仕事は人の命を預かる仕事になりますので、少しの油断やミスが重大な医療ミスにつながる場合があり、常に気を張っていないといけないからです。また、残業が多かったり、休みが少なかったりしますし、夜勤もこなさなくてはなりません。

 

看護師は仕事中心の生活になってしまうことが多い

看護師は仕事中心の生活になってしまうことが多い

このような勤務状況で働いていますと、仕事中心の生活になってしまい、自分の生活との両立が困難になってしまうでしょう。家事や育児などと両立しながら働きたいと考えている人にとっては、自分の生活との両立が可能である職場に転職をしたいと考えるのは、自然なことでしょう。

 

では、一体どのようにすれば、生活との両立が可能な、自分の条件に合った職場で働くことが可能になるでしょうか。

 

正社員ではなく派遣やパートとして働く

正社員ではなく派遣やパートとして働く

まず、勤務形態を正社員ではなく、派遣やパートに変えることがおすすめになります。派遣やパートでしたら、自分の都合に合わせて働くことが可能になります。希望の休みがとりやすかったり、残業の負担がなかったりしますし、短時間勤務もできます。そのため、自分の生活との両立が可能になり、無理せず余裕を持って働くことができるでしょう。

 

とはいえ、派遣やパートで働くとなりますと、正社員に比べて収入面で心配になってしまうかもしれません。しかし、看護師の場合には、専門職になりますので一般的な職業よりも時給ははるかに高くなりますので、派遣やパートであっても高収入が期待できるでしょう。

 

病院以外のところで働く

病院以外のところで働く

また、病院勤務以外にも、採血専門や検診専門、また、ツアーナースといって修学旅行や社員旅行に付き添う仕事を行うこともできます。

 

これらの仕事の場合、病院勤務と比べて複雑な医療行為はありませんので、精神的な負担は軽くなり、気軽に働くことができます。それゆえ、自分の生活との両立もしやすくなるでしょう。

 

看護師専門の転職サイトを利用して求人を探す

看護師専門の転職サイトを利用して求人を探す

これらのような条件の仕事をしたい場合には、看護師専門の転職サイトを利用して探してみましょう。看護師専門の転職サイトでしたら、看護師求人に特化していますので、掲載されている求人数が多く、希望条件に合った職場を探しやすくなっています。

 

また、転職エージェントに相談をすることもおすすめの方法です。エージェントに希望を伝えれば、それに合った条件の求人を紹介してくれるでしょう。

 

看護師がアルバイトとして働くのに知りたいポイント

看護師がアルバイトとして働くのに知りたいポイント

看護師にはさまざまな働き方があります。看護師という職業は女性が多く、結婚、妊娠、出産をしても働き続ける人がほとんどです。しかし、そうした場合、育児と看護師としての仕事の両立はどうするのかといった問題があり、そのために転職を考える人も少なくありません。

 

病棟勤務であれば夜勤もありますし、早番、遅番といった早朝、深夜におよぶ勤務を、出産前のように続けられない看護師が少なくないからです。育児だけではなく、年齢を重ねてからは配偶者や両親の介護との両立問題もあります。そうしたなかで、もっと自分らしく働くために、転職活動をするナースが増えてきているのです。

 

アルバイトという働き方を選択肢に入れる

アルバイトという働き方を選択肢に入れる

具体的には、正社員、正職員として働くのではなく、アルバイトという働き方を選択することを考えてみましょう。正社員との最大の違いは、時給で働くということです。

 

また、正社員では必須だった研修会や勉強会の参加が任意または不要になったり、残業代の扱い、各種厚生施設の利用、交通費の支給、保険など待遇面での違いが挙げられます。

 

  • 家庭との両立を考える看護師にはメリットが多い

ただ、家業との両立を考えているナースにおいてはほとんどのケースでは拘束時間が短くなり、予定が立てやすくなること、残業が減りプライベートに費やす時間が増えることなどがメリットになります。また、アルバイトであっても昇給がある病院もあるため、待遇の悪い面ばかりではなく良い面を持った求人を探し出すことも重要です。

 

 

 

  • ブランクを作らずに仕事を続けることができる

また、ナースとして働き続けたいものの、責任の重大さから続けられないというケースはよくあります。育児や介護と両立しながら、昇進して現場の責任者になってしまい、余計仕事が増えて両方おざなりになってしまうよりは、ある程度仕事をセーブしつつ家庭のほうに重きを置きたいというナースにとっても、アルバイトという働き方は良いものです。

 

ナースとして経験を積み、ブランクを作らないでおきつつも現在の仕事をキープして続けられるというメリットがあるのです。

 

病院側の条件と希望が合致しているか確かめることが大切

病院側の条件と希望が合致しているか確かめることが大切

実際にアルバイトの仕事に応募する際は、面接時などによく話し合い、自分の望んでいる条件と合致しているのかを確かめておきましょう。なかには、アルバイトでありながら昇進があったり、残業の必要があったり、セミナーなどに参加必須の病院もあります。

 

また、待遇面でも昇給はあるのか、交通費はいくらまで支給か、残業代が出るのか、資格手当があるのかどうかなどよく確かめたうえで納得する転職先をえらべるようにしましょう。

 

看護師の日勤常勤・夜勤専従のメリット・デメリット

日勤常勤・夜勤専従のメリット・デメリット

女性が多い看護師の仕事では、結婚や出産などの大きなライフイベントごとに働き方を変える必要がでてきます。家庭をもっている看護師が仕事を続けていく上で一番の悩みが家事や育児などの家庭生活と仕事とのバランスです。仕事と両立ができないために転職する看護師も多いです。

 

最近は、結婚や出産を理由に離職する看護師を減らすために、病院側でも家事や育児をしながらでも看護師の仕事を続けられるシステムを考えています。

 

家庭と仕事のバランスを考えて日勤常勤で働く

家庭と仕事のバランスを考えて日勤常勤で働く

その一つとしては、日勤常勤という働き方です。家庭をもっている看護師にとって、夜勤勤務はかなり負担になります。特にまだ未就学児を育てている場合は、託児所や預けられる家族がいないと夜勤勤務を続けるのは難しいです。そのため、病棟勤務から夜勤勤務のないクリニックや診療所などに転職していく人も多いです。

 

  • 看護師が日勤常勤で働くメリット・デメリット

日勤常勤は、夜勤勤務がなく朝から夕方までの日勤のみで働ける労働内容になっています。日勤常勤のメリットは、今まで培ったキャリアを途絶えさせることなく、病棟で働き続けることができる点です。常勤雇用のため、パートやアルバイトの看護師とは違い、賞与や昇給などの収入面が充実しています。

 

一度、病棟から離れてクリニックや診療所、老人ホームや幼稚園に勤務する場合、看護スキルがどうしても低下してしまう恐れがあります。そのため、看護スキルを上げたいと考える人にとっては、病棟で働き続けながら、家庭生活も両立しやすい日勤常勤はとても人気があります。看護職に特化した転職サイトでも日勤常勤の募集は人気があり、競争率が高いです。

 

一方で、日勤常勤のデメリットには、夜勤手当などの諸手当がもらえず、収入が下がってしまうというものがあります。収入を維持したいのなら、次に紹介する夜勤専従で働くのが良いでしょう。

 

家庭と仕事のバランスを考えて夜勤専従で働く

家庭と仕事のバランスを考えて夜勤専従で働く

上記で説明したように、収入を下げたくない人におすすめなのが夜勤専従という働き方です。夜勤専従は、日勤常勤とは真逆の働き方で、日勤がなく夜勤だけを専門にする看護師の働き方です。夜勤専従は、月に入る日数が少ないうえに夜勤手当がもらえるため、高収入が見込めます。夜勤専従として働く場合は、常勤の看護師に夜勤手当よりも高めに手当がもらえる傾向にあります。

 

  • 看護師がもらえる夜勤手当の相場について

夜勤手当の平均相場は、2交代制の場合は1万前後が一般的ですが、夜勤専従として1回の夜勤勤務でもらえる金額は3万前後が主流になっています。夜勤専従は、昼間の時間帯は自由に過ごすことができるため、その時間に家事や育児を行う看護師もいます。以前は、夜勤専従の大半が、非常勤での募集でしたが、最近は正社員で夜勤専従の人材を募集している病院も増えています。

 

看護師求人夜勤がない職場への転職で知りたいポイント

看護師求人夜勤がない職場への転職

看護師の転職理由として多いのが、夜勤が多すぎるので夜勤なしの職場で働きたいというものです。夜勤があると収入は増えますが、時間が不規則になるので身体にもかなり負担がかかってしまいます。

 

子育てをしながらとか、介護をしながらだと、夜勤が多いと面倒をみれないので、家族にも迷惑がかかってしまいます。

 

夜勤なしの仕事を探すならクリニックがおすすめ

夜勤なしの仕事を探すならクリニックがおすすめ

家族と一緒に過ごす時間も少なくなるので、転職先は夜勤なしの求人を探す人もいます。夜勤なしの看護師の仕事というと、入院設備がない病院や外来のみの仕事が多いです。

 

病院よりもクリニックの方が夜勤なしの仕事は多いので、クリニックの求人を探すといいでしょう。夜勤がない仕事は人気が高いので早めに探しておくのが良いでしょう。

 

看護師転職は余裕を持って探すことが大切

看護師転職は余裕を持って探すことが大切

看護師の転職は、ある程度余裕をもっておこなうことが大事です。急に決めてしまうと、前の病院での引き継ぎもうまくおこなえないので、前の病院に迷惑がかかってしまいます。

 

看護師はどこの施設でも人手不足なので、求人は多いですが、夜勤なしなどの人気の求人はすぐに決まってしまうので、働きながら求人を探すのはとても難しいです。

 

細かい情報は看護師求人サイトを利用して集めよう

細かい情報は看護師求人サイトを利用して集めよう

地元での求人を探すなら、ハローワークで探すといいですが、ハローワークで求人を探す場合は、表面的な情報しか収集できないので注意が必要です。

 

サービス残業はあるのかとか、手当ては本当につくのかなどの細かい情報は教えてくれません。細かい情報を知りたい場合は、看護師求人サイトに登録して探すといいでしょう。夜勤なしなどの希望条件を告げるだけで、条件にあった転職先を見付けてくれます。看護師求人サイトなら、仕事をしながらでも、転職先を見付けやすいのも特徴です。面接日などの交渉もコンサルタントがしてくれるので、自分の都合にあわせて面接日を決めてくれます。

 

複数のサイトに登録して希望の求人を見つけよう

複数のサイトに登録して希望の求人を見つけよう

看護師の求人サイトは沢山あるので、どこに登録したらいいかわからないという人も多いです。求人サイトによって特徴があるので、自分にあった所を選ぶといいでしょう。求人サイトは、1社だけに決めず、いろんなサイトに登録しておくと、希望通りの求人が見付けやすいです。

 

求人サイトの中には、転職が成功すると転職支援金がもらえる所もあるのでとても助かります。全国の看護師の求人を扱う求人サイトもあるので、地方で看護師の仕事をしたい人には便利です。非公開求人が豊富な求人サイトに登録すれば、好待遇の求人が見付けやすいです。転職になれていない人は、履歴書の書き方や面接に仕方も、コンサルタントがアドバイスしてくれる求人サイトを利用するといいでしょう。

 

次へ
ポイント

看護師求人サイトは全国に50社以上存在しています。良い看護師サイトもあれば、悪徳な看護師サイトもありますので、「看護師が選んだ看護師求人サイト口コミランキング」をチェックすることと、必ず3社以上の複数登録をすることが、転職成功の秘訣です。

 

1位・看護のお仕事

看護のお仕事

地方にも都心部にも強く、また医療専門で行っている求人サイト!

みんなの口コミ

2位・マイナビ看護師

マイナビ看護師

転職のプロ!マイナビグループが運営!スピードを求める方はココ!!

みんなの口コミ

3位・ナースフル

ナースフル口コミ

転職といえばリクルート!やっぱりナースフルが一番!?

みんなの口コミ


看護師転職サイト口コミランキング
LINE看護師パンダスタンプ

■看護師求人サイト転職口コミ「看護師パンダ」コンテンツ

看護師求人サイト転職口コミ集、「看護師パンダ」にお越しいただいてありがとうございます。看護師転職の役に立つ情報を日々更新しています。

看護師転職サイト徹底比較ランキング
看護師求人サイト一覧
看護師転職人気病院
看護師のキャリアアップ資格
看護師転職体験談
看護師求人条件で探す
年代別看護師転職
看護師パンダ