これは可能?他業種3つへの看護師転職で知っておきたいポイント

他業種3つへの看護師転職

このページでは、他業種3つへの看護師転職で知っておきたいポイントについて紹介します。看護師とは採用が異なる総合職、事務・オフィスワーク職、サービス業の3つの他業種への転職について確認していきましょう。看護師とは異なる業務であるためにで気を付けておきたいポイントがあります。ポイントを押さえた上で転職活動に臨みましょう。

 

総合職(企画や営業)への看護師転職で知りたいポイント

看護師が総合職へ転職する場合、気をつけなければならないことがあります。ここでは、看護師の総合職への転職で知っておきたいポイントを2つ紹介します。

 

なぜ転職をしたいのか、転職をしたら楽になるという安易な考えではないかといったことを再度確認すること、総合職の採用は看護師の採用とは異なるため、事前に面接の対策しておくこと、以上の2点について詳しくみていきましょう。

 

転職の目的をしっかりと定めておく

転職の目的をしっかりと定めておく

看護師として仕事を探していた時は病院の様子や看護師としての仕事内容を中心にチェックしますが、転職すると今まで予想していなかったことを任されることがあります。給料や職場の位置だけで決めてしまうと、仕事内容が想像していたよりもハードだったり、職場内でのコミュニケーションがうまくできなかったりという理由ですぐにやめてしまう人がとても多いのです。そして何度も何度も転職を繰り返すようになってしまいます。

 

  • 転職の目的をしっかりと定めておく

自分は夜勤を経験したし、面倒くさい患者さんやできの悪い同僚とも接してきたし、別の仕事でもなんとかなるだろうと転職を甘く考えてしまうのはとても危険です。今までの仕事の厳しさと、これからの仕事の大変さは比べるものではないからです。

 

確かに、看護師時代の経験は生かされることはあるでしょう。しかし、だからと言って他の仕事の方が楽だということではありませんし、そのような気持ちは勤務態度や業務成績に大きく響いてきます。一度看護師を辞めてから元の仕事に戻るのも簡単ではありません。ですので、転職する際はしっかりとした目的を持って転職活動に挑みましょう。

 

事前に面接の対策をしておく

事前に面接の対策をしておく

看護師は比較的楽に面接を通過するといわれています。病院の看護職の採用面接を受けに来る人は看護学校を出て看護師の資格を持っている人ですので、目的や志望動機などでは他の志願者とあまり変わりません。そのせいか、一般の就職面接でも同様にあまり練習せずに臨んでしまう方が多いようです。

 

  • 話したいことや伝えたいことを整理すれば大丈夫!

しかし、今回相手にするライバルは様々な経歴、能力、目的を持った人たちで、彼らと就職先を争わなければなりません。どんな人と競うかわからないので、面接の対策を怠らないようにしましょう。とはいえ、難しく考えなくてもよいです。自分が話したいこと・伝えたいことをしっかりと整理しておき、志望動機や目的・目標をしっかりと自分の言葉で説明できれば問題ありません。言いたいことが言えずに面接が終わってしまってから後悔しても遅いですからね。

 

ポイント

まとめとして、総合職への転職をするには、気持ちをしっかり切り替えて臨む必要があります。

まだ、はっきりとどういう仕事がしたいか決まっていないのであれば、看護師を辞める前にしっかりと考えてみたり、家族や友人、同僚に相談したり、他の仕事をしている知り合いの意見を聞くなどをしてしっかりと目的を持ちましょう。

 

事務・オフィスワーク職への看護師転職のメリット・デメリット

看護師転職のメリット・デメリット

看護師の仕事は立ち仕事が多く、職場によっては夜勤もあり、患者さんと接する緊張感が続くため、体力的に長く続けるのが難しいと感じている方が多くみられます。

 

そのため、いずれは座ってできる事務職などに転職したいと考えている方も比較的多いものです。

 

看護師から事務職に転職することのメリット・デメリット

看護師から事務職に転職すること

転職を考える際には、以下のようなメリット・デメリットの両方を考慮して選択する必要があるでしょう。事務職への転職を考える看護師の方はぜひご一読ください。メリット・デメリットの双方を確認した上で、事務職への転職活動に役立ててください。

 

  • 体力的な負担を減らすことができる

看護師から事務職に転職することのメリットとしては、体力的な負担を大幅に減らすことができること、医療を提供することに対する緊張感が緩和されること、夜勤などの不規則勤務をなくし、ほぼ一定ペースで働くことができること、などがあげられます。

 

  • 給与が下がってしまう可能性がある

その一方で、デメリットも考慮する必要があります。

看護師は資格職ですので、一般の事務職と比較すると給与水準は高めの傾向にあります。パートやアルバイトなどの時給で比較しても、事務職と看護師では給与の差があることを実感する可能性があります。

 

  • 看護師としてのブランクができてしまう

また、看護師から事務職に転職して、看護の現場を離れることで、ブランクができてしまうこともあげられます。再び看護職に復帰したいと考えたときには、勘を取り戻すまでに時間がかかることが予想されます。ブランクができてしまうと復職しづらいのは、こういった理由があるためです。

 

事務と看護の中間を選ぶことができる

事務と看護の中間を選ぶことができる

看護の仕事を完全に止めてしまうのではなく、事務と看護の中間のような仕事を選ぶ道もあります。

 

例えば、「養護教諭養成施設」で単位を取得したり、保健師の資格を取得したりして、養護教諭を目指す方法もあります。看護の現場とは異なり、自分のペースで仕事を進めることができますし、これまでの仕事で得た知識を活かすこともできます。

 

  • 医療機関のような忙しさのない企業内健康管理室

また、規模の大きな会社では、企業内健康管理室などで看護師を募集していることがあります。企業内健康管理室は、学校の保健室と同じように、基本的には健康な方の健康管理や急病への対応がメインとなりますので、医療機関のような忙しさはなくなると考えられます。

 

大規模なテーマパークなどでも看護師を募集していることがあり、こうした職場も自分のペースで勤務することができるのではないでしょうか。

 

 

  • 精神的な負担が大きく減る介護施設やカウンセラー 

その他、介護施設などでは看護師の募集が比較的多くあり、検温や体調管理がメインの職場の場合には、精神的な負担は大きく減ると考えられます。人間ドックのような健康診断がメインの医療機関や、献血ルームなどに転職するのも、負担を和らげる効果が高いのではないでしょうか。

 

また、カウンセラーのような相談業務で、看護師資格の必要な仕事に応募するのもよいかもしれません。

 

看護師のサービス業への転職で知っておきたい4つのポイント

看護師のサービス業への転職で知って

女性だらけの職場・夜勤もあり不規則でハードな職場である看護師業界そのものに嫌気が差し、異業種への転職としてサービス業を目指す人もいます。白衣の天使である看護師はいつも患者さんにニコニコ接していて、サービス業への転職も上手くいくように見えます。患者さんの気持ちを配慮してお世話してという姿勢をアピールすれば業種は違っても入ることはできるでしょう。

 

ただ、どんなときでもニコニコと笑顔でいなければならないという看護師の仕事がいやで辞めてきたのであれば、職種は違ってもいつも笑顔で接しなければならないサービス業はやめておいた方が無難でしょう。

 

資格を活かして働くならMRやケアマネージャーなどがおすすめ

資格を活かして働くならMRやケアマネージャーなどがおすすめ

販売員や接客業・飲食店など、どれも看護師免許を活かしてのお仕事というのは難しいです。

 

せっかく学校で学び、国家試験を受けて勝ち取った資格を活かしながら他業種で働きたいというのであればMRやケアマネージャー・医療関連機器の開発や営業など医療関連業種を目指すのもよいでしょう。手に入れた豊富な臨床知識が役に立ちます。

 

一般企業でOLとして再スタートした看護師も多い

一般企業でOLとして再スタートした看護師も多い

国家試験を受けて看護師資格を手に入れたように、やる気と熱意があればいくらでも道は開けます。

 

職業訓練校などを活用して、事務職系資格を取得し、一般企業でOLとしての再スタートを切っている方たちも数多くいるのです。

 

異業種への転職で看護師のメリット・デメリットがわかる場合もある

異業種への転職で看護師のメリット・デメリットがわかる場合もある

看護師たちは看護学校を卒業してすぐに医療業界に入ります。そのため他の世界を知ることはありません。異業種に転職することで看護師業務の良いところ・悪いところも見えてくるでしょう。

 

サービス業でも女性だけの職場でなくても人間関係の悩みはどこででもあるものです。夜勤もあるハードな仕事のところもあります。看護師のお仕事の給与の高さも知ることになるでしょう。

 

アルバイトやパートでサービス業を経験するのも一つの選択肢

アルバイトやパートでサービス業を経験するのも一つの選択肢

サービス業を含め、異業種に転職したいというのであればハローワークに行ってみるのもよいでしょう。妊娠・出産などで長時間のハードな勤務が難しくなったときなど、アルバイトやパートでサービス業など経験してみて、子育てが落ち着いたらまた戻っていくというのもよいでしょう。異業種で得ることのできた経験は看護の現場で十分に活かすことができるでしょう。

 

次へ
ポイント

看護師求人サイトは全国に50社以上存在しています。良い看護師サイトもあれば、悪徳な看護師サイトもありますので、「看護師が選んだ看護師求人サイト口コミランキング」をチェックすることと、必ず3社以上の複数登録をすることが、転職成功の秘訣です。

 

1位・看護のお仕事

看護のお仕事

地方にも都心部にも強く、また医療専門で行っている求人サイト!

みんなの口コミ

2位・マイナビ看護師

マイナビ看護師

転職のプロ!マイナビグループが運営!スピードを求める方はココ!!

みんなの口コミ

3位・ナースフル

ナースフル口コミ

転職といえばリクルート!やっぱりナースフルが一番!?

みんなの口コミ


看護師転職サイト口コミランキング
LINE看護師パンダスタンプ

■看護師求人サイト転職口コミ「看護師パンダ」コンテンツ

看護師求人サイト転職口コミ集、「看護師パンダ」にお越しいただいてありがとうございます。看護師転職の役に立つ情報を日々更新しています。

看護師転職サイト徹底比較ランキング
看護師求人サイト一覧
看護師転職人気病院
看護師のキャリアアップ資格
看護師転職体験談
看護師求人条件で探す
年代別看護師転職
看護師パンダ