看護師で異業種・同業種に転職する場合に知っておきたいデメリット

看護師の転職で知っておきたいデメリット

まだまだ終身雇用の考えが強い日本ですが、年々転職を希望する人は増加傾向にあります。転職を考える際にはどんな方でも不安や心配がつきまとうものですよね。

 

ましてや以前と全く異なる業種を希望するとなると、想像がつきにくかったり、どのように就職活動を行えばいいのかピンとこないと感じる方も多いでしょう。看護師の方は看護系の専門学校や看護大学からそのまま病院など医療業界に飛び込んだ、他業種で働いたことがないという方がほとんどです。

 

異業種へ転職するにしても同業種へ転職するにしても、いずれにせよデメリットはあります。このページでは、転職のデメリットを異業種と同業種の二つの方面から紹介していきます。

 

看護師から異業種へ転職するデメリット

看護師から異業種へ転職するデメリット

まずは看護師から異業種への転職する際のデメリットについて確認しておきましょう。

給与面の落差に愕然とするナースが多い

給与面の落差に愕然とするナースが多い

看護師から異業種へ転職を行う際の、最も大きなデメリットとしては、まず一番に、給与面が大きいとされています。

 

「看護師の給与は仕事の内容の割に安い!」と感じている看護師は多いと思います。

 

しかし、このように思っていた方でも、実際に一般の異業種などに転職などを行った際には、給与が30歳以上でも手取りで18万円ほどという

仕事もあるため、かなりの衝撃を受ける人が、とても多いものです。

 

看護師の仕事は一般の仕事よりも給料が高いことを知らずに後悔するケースも

看護師の仕事は一般の仕事よりも給料が高いことを知らずに後悔するケースも

このように、給与面での違いが大きなデメリットとなっているのです。

自分の周りの友達も看護師だらけのケースの場合、小中学校や高校の友達と交流を図って、給与などの話などをしない限りには、看護師の給与が、一般の普通の仕事と比べると、かなり高い給与だったということになかなか気付かないことも多いでしょう。

 

そして、そのまま心の自由を求めて、転職をしてしまった結果、給与があまりにも下がってしまったため、テンションが大きく下がってしまった、看護師を辞めるのではなかった、このように後悔する方が大変に多いです。

 

シングルマザーにとっては、看護師から異業種への転職は特に危険?

シングルマザーにとっては、看護師から異業種への転職は特に危険?

看護師のシングルマザーが、一般の事務職や営業職などの仕事に転職をしてしまった場合には、給与面が大きく変わることで将来の老後のことや、子どものお金などをどうすればいいか、また家賃などをきちんと支払えるかどうか、引っ越しまで検討するようになることが、大きな転職のデメリットとなっています。

 

 

また、子どもさんを心配して、仕事を続けていても、もらえる給与だけではとても大学まで行かせてあげられないなどの理由で、また元の仕事であった、看護師さんの仕事に復帰をされる親御さんも、多くおられます。

 

看護師から異業種へ転職すると、生活レベルが下がる?

看護師から異業種へ転職すると、生活レベルが下がる?

前まではマンションなどの高級な場所に暮らしていた人でも、よほどに貯金などがない限りは、転職をした場合には、給与が半分以下よりさらに下に下がることは当然になってしまっているので、今まで当たり前に出来ていた生活が出来なくなってしまいます。

 

その結果、その職場にせっかく就職をしても、前のような生活に戻りたいと、仕事を辞めてしまうケースは、とても多いものです。

 

看護師の同業種へ転職するデメリット

看護師の同業種へ転職するデメリット

看護師の求人と言いますと、医療施設だけとは限らず、一般企業や介護施設などさまざまな場所から人材募集が行われています。

 

即戦力としての期待がプレッシャーになることも

即戦力としての期待がプレッシャーになることも

これは看護師という人材がさまざまな場面でニーズがあり、人材の必要性があることから求人応募も幅広い分野で行われています。そのため看護師が同業種の職場に転職しやすいと言われています。

 

病棟での勤務経験がある看護師は、どこの医療施設でも採用を希望しているケースが多いので転職先を見つけやすいことはメリットであると言えます。

その分、経験者として即戦力が期待されることで転職をしてからすぐに一人前のスタッフとしての働きが期待されることもあり、プレッシャーや人間関係の難しさがあることはデメリットと言えるでしょう。

 

場合によっては看護師以外の仕事も請け負うことも

場合によっては看護師以外の仕事も請け負うことも

今までの経験で身に付いたスキルを十分に活かすことが出来るとしても、やはり今まで勤務したことのない職場環境であるため、あらたに覚えなくてはならない仕事も沢山あるのが現状です。

 

さらに、勤務先によっては看護の仕事以外にも事務作業や接客応対などの実務も加わることがあり、看護師としての仕事以上にハードになることはデメリットかもしれません。

 

看護師の異業種転職と同業種転職の双方に共通するデメリット

看護師の異業種転職と同業種転職の双方に共通するデメリット

当面は仕事と合わせて自分の変化したライフスタイルに慣れることも大変であることがデメリットとも言えます。

 

しかし、ほとんどの人が自分が本当にやってみたいこと、自分が勤務したい希望を探した上で転職するので新しい勤務先ですぐに不満に思うことは少ないでしょう。

 

次へ
ポイント

「看護師転職のデメリット」はいかがでしたか?

いずれにしてもデメリットがあることは避けられないので、転職前に自分の性質や転職後に得たいものを明確にして、一番自分にふさわしい転職をしていくようにしましょう。

 

看護師求人サイトは全国に50社以上存在しています。良い看護師サイトもあれば、悪徳な看護師サイトもありますので、「看護師が選んだ看護師求人サイト口コミランキング」をチェックすることと、必ず3社以上の複数登録をすることが、転職成功の秘訣です。

 

1位・看護のお仕事

看護のお仕事

地方にも都心部にも強く、また医療専門で行っている求人サイト!

みんなの口コミ

2位・マイナビ看護師

マイナビ看護師

転職のプロ!マイナビグループが運営!スピードを求める方はココ!!

みんなの口コミ

3位・ナースフル

ナースフル口コミ

転職といえばリクルート!やっぱりナースフルが一番!?

みんなの口コミ


看護師転職サイト口コミランキング
LINE看護師パンダスタンプ

■看護師求人サイト転職口コミ「看護師パンダ」コンテンツ

看護師求人サイト転職口コミ集、「看護師パンダ」にお越しいただいてありがとうございます。看護師転職の役に立つ情報を日々更新しています。

看護師転職サイト徹底比較ランキング
看護師求人サイト一覧
看護師転職人気病院
看護師のキャリアアップ資格
看護師転職体験談
看護師求人条件で探す
年代別看護師転職
看護師パンダ