30代の看護師が転職する時に知っておきたいポイント

30代の看護師が転職する

30代になると体力も知力も落ちてきます。しかし、実際には転職市場にとっては30代看護師は一番欲しい人材です。20代はエネルギーはありますが、見よう見まねで仕事を覚えている期間なので、まだ幅広い知識は身についていません。

 

それに対して、30代看護師は経験があって即戦力になることができるので、転職でも比較的有利になります。このページではそのような30代の看護師が転職する時に知っておきたいポイントをまとめています。

 

給料と労働環境のバランスについて

給料と労働環境のバランス

看護師は人手不足であることから、高熱を出しても仕事を休むことができない場合や有給を取ることが難しい場合が多く見られます。

 

特に、看護師の仕事は、人の生死に直結する業務もあることから、精神的に強く在る必要がありますし、夜勤や病棟によってはオンコール対応もあることから、肉体的にも強靭なものが求められます。

 

しかし、このような過酷な労働環境にあるにも関わらず、サービス残業を求められ、残業代も貰えないケースや産休や育休も取れないケースもあることから、求められる労働と発生する給料のバランスを欠くことがあります。

 

20代まではただがむしゃらでいてもいいが・・・

20代まではただがむしゃら

確かに、若いうちは、夜勤や残業が多くある職場で働き、高い給料をもらっておくのも良いのかもしれません。

 

しかし、年齢を重ね出産や子育てが始まると、仕事のみではなく家庭との両立が必要となってくるケースが多いのです。ワークライフバランスを欠いている職場では、仕事と家庭の両立は困難です。

 

理想のワークライフバランス実現に情報収集は必須!

理想のワークライフバランス実現

このワークライフバランスを実現するための転職のポイントとしては、プライベートで必要な時間や希望する給料、求められる労働環境、自分の看護師としての理想象などを総合して再就職の場所を検討する必要があります。

 

そして、この検討をするには、できるだけ多くの情報を集める必要があります。

 

情報収集をするのなら転職サイトの利用が一番!

情報収集をするのなら転職サイトの利用が一番

この情報を多く集める方法としては、まず、できるだけ多くの人材派遣会社に登録することです。場合によっては、コンサルタントが給料や勤務体系などを交渉してくれます。もっとも、お住まいの地域によっては、人材派遣会社が頼りにならない場合があります。

 

この場合には、ハローワークでの情報収集が有利な場合があります。特に、地方においては、ハローワークにしか出てこない求人もあります。また、費用もかからないことから、手軽に情報を収集することができます。さらに、新聞の求人広告やチラシでの情報収集も有益な場合があります。これらは、手軽に手に入りますし、地域密着型の病院や個人病院の情報は、ここでしか手に入らない場合があります。以上の情報を元に、自らの給料と労働環境のバランスにあった転職先を探してください。

 

プライベートと仕事の両立について

プライベートと仕事の両立について

30代でネックになってくるのは、結婚や育児などのプライベートとの兼ね合いです。一生独身で過ごすというのであれば関係ありませんが、家庭と両立させる場合には、よく考える必要があります。また、男性看護師は女性看護師と違い、結婚や育児で離職を余儀なくされるケースは少ないですが、女性看護師の場合はそのようなライフイベント伴う離職も含めて考える必要があります。

 

また、看護師の場合は多様な働き方ができるため、転職の際は自分の目的に合った職場を選ぶことが大切です。

 

家庭と仕事を両立させたい場合はクリニックがオススメ

家庭と仕事を両立させたい場合はクリニックがオススメ

家庭と両立させたいならば、クリニックが働きやすいです。小さめのクリニックなら、残業はほとんどありませんし、病院に比べれば激務でもありません。無理なく家庭と仕事を両立させられる可能性が高いです。

 

ただし、クリニックでも診療科の種類によっては専門性が求められることもあるので、気をつけましょう。

 

ともかくキャリアを積みたい場合は大病院がオススメ

ともかくキャリアを積みたい場合は大病院がオススメ

逆に、まだまだ現役でバリバリ働きたい場合には、大病院ならばスペシャリストとして働ける道が開けます。大病院は個人病院では扱わないような難しい症例にも立ち会えます。また、専門看護師や認定看護師などスペシャリストの資格を活かした働き方を見つけられる可能性もあります。

 

大病院は、国立も私立も特定機能病院なので、どちらでも高度な先進医療の元で経験を積むことができます。医師の研修も行われているので、教育機関といった雰囲気もあります。看護では、ICU(集中治療室)、CCU(冠疾患集中治療室)、NICU(新生児集中治療室)などの特殊な診療科も存在しています。他の施設ではできない経験を積むことが可能です。そのため、看護師はより専門的な看護の仕事に専念できる機会が多くなります。病院によって教育方針や看護方針は異なるでしょうから、自分の学び方に合う職場を選ぶことが大切です。

 

まとめ

まとめ

どの年代の看護師でも転職を考える人は多いでしょう。そして、それぞれの年代なりに考えておかなければならないポイントがあります。今回取り上げた30代の場合は、特にワークライフバランスについて見つめ直す必要があります。

 

人によって、プライベードとの両立を重視するのかキャリアを重視するのか、求めるものは異なりますが自分が求めるものを今一度明確にして、出来るだけ失敗のない転職活動を行っていきましょう。

 

次へ
ポイント

看護師求人サイトは全国に50社以上存在しています。良い看護師サイトもあれば、悪徳な看護師サイトもありますので、「看護師が選んだ看護師求人サイト口コミランキング」をチェックすることと、必ず3社以上の複数登録をすることが、転職成功の秘訣です。

 

1位・看護のお仕事

看護のお仕事

地方にも都心部にも強く、また医療専門で行っている求人サイト!

みんなの口コミ

2位・マイナビ看護師

マイナビ看護師

転職のプロ!マイナビグループが運営!スピードを求める方はココ!!

みんなの口コミ

3位・ナースフル

ナースフル口コミ

転職といえばリクルート!やっぱりナースフルが一番!?

みんなの口コミ


看護師転職サイト口コミランキング
LINE看護師パンダスタンプ

■看護師求人サイト転職口コミ「看護師パンダ」コンテンツ

看護師求人サイト転職口コミ集、「看護師パンダ」にお越しいただいてありがとうございます。看護師転職の役に立つ情報を日々更新しています。

看護師転職サイト徹底比較ランキング
看護師求人サイト一覧
看護師転職人気病院
看護師のキャリアアップ資格
看護師転職体験談
看護師求人条件で探す
年代別看護師転職
看護師パンダ