潜在看護師が復職するための勉強方法と心持ちについて

潜在看護師が復職するための勉強方法

看護師の資格を持っているけれども、現在は専業主婦をしていたり、全く違う業種の仕事をしている人のことを潜在看護師といいます。

 

日本中のほとんどの病院が人手不足の問題を抱えていると思われますが、この潜在看護師は日本に50万人以上いると言われています。潜在看護師の中には、復帰を考えているけれども、様々な不安を抱えて今ひとつ再就職に踏み出せないという人がたくさんいます。

 

ここではそんな潜在看護師が復職する時に気を付けておきたいポイントをまとめています。

 

潜在看護師の勉強方法について

潜在看護師の勉強方法

潜在看護師がようやく復帰できる頃には、退職してから数年がたってしまっているのです。

 

医療の知識や技術は日々進化しているので、看護師の仕事を長く続けていたとしても、長期間ブランクがあくと、それまでの経験は通用しなくなってしまうこともあります。

 

ブランクが5年にもなると新人同様?

ブランクが5年にもなると新人同様?

ブランクが3年あくと医療の知識は半減し、5年たつ頃には新人同様となってしまってもおかしくはありません。それでは、ブランクのある潜在看護師が復帰するためには、どのように勉強をして現場の勘を取り戻す必要があるのでしょうか。

 

  • 復職支援制度を利用する

潜在看護師が少しでも早く元の実力を取り戻すには、復職支援制度を利用すると良いです。各都道府県のナースセンター主催のものや、病院や自治体が行っているものもあります。復職希望者であれば誰でも参加可能なので、情報をチェックしておくと良いでしょう。情報は中央ナースセンターが公開しているサイトから閲覧することができます。

 

他にも復帰先ではなるべく復職支援の体制が整っているところを選んだほうが良いです。

 

  • 学生時代のノートを見返す

他にも勉強方法としては、学生の時に使用していたノートや参考書を読み返すということがあげられます。医療技術が進化しているといっても、基本的な部分はそう変わってはないはずです。基本的なことだけでも思い出しておけば、復職した時には必ず役にたつでしょう。

 

  • アプリを利用してすきま時間を有効活用!

そして近年ではパソコンやスマートフォンのアプリが普及し、看護師に特化したアプリもいくつかあります。アプリは少しの空き時間でも勉強することが可能なので、自分の使いやすそうなものをダウンロードしてみるのもよいでしょう。

 

潜在看護師を歓迎してくれる病院に転職することが一番大事

歓迎してくれる病院に転職することが一番大事

求人を探す時には、ブランクがある人でも歓迎してくれる求人を選ぶとよいでしょう。ブランクがあっても歓迎してくれる病院は、教育係をつけてくれたり、慣れるまでは日勤のみの仕事にしてくれたりと、様々なサポート体制ができあがっています。

 

このような病院に再就職することで、ブランクがあっても、少しずつ仕事をこなしていけるようになるでしょう。

 

潜在看護師の心持ちについて

潜在看護師の心持ちについて

潜在看護師が職場である病院やクリニックに復帰する場合には、色々と気を付けなければならないデリケートな問題が沢山あります。それは上記でも述べましたが潜在看護師は久々に職場に復帰する身でありますので、医療行為について忘れてしまっていることがあるという点です。

 

どんな仕事であれ、いくら経験豊富な人であったとしても、その仕事に就いていなかった期間があまりにも長いのであれば、やり方を忘れてしまうものであり、潜在看護師とてその例外ではありません。

 

プライドを捨てて素直に教えを乞う

プライドを捨てて素直に教えを乞う

ということはつまり、時には潜在看護師はプライドを捨てて年下である看護師にやり方を聞く必要が出て来るのです。看護師というのは現在社会的にとても地位の高い仕事であると言われており、なので看護師には非常にプライドが高い人が多いのです。

 

そのため潜在看護師によっては、いくら先輩とはいっても年下の看護師にぺこぺこして頭を下げてやり方を教えてもらうなんてプライドが許さないと思う人もいるものですが、そのようなプライドはその場に及んでは全くの無用です。

 

プライドを守ることよりも大切なことがあるはず

プライドを守ることよりも大切なことがあるはず

自分のプライドを守ることよりも、どうして看護師として復帰したいと思ったのか、このことを考えるようにしましょう。

 

潜在看護師が看護師としてまた働きたいと思うようになった理由というのは、人によって様々でしょう。ある人はお金の為にまた働くことを決意し、ある人は社会貢献がしたくなって働くことを決意するでしょう。

 

しかしどのような理由で復帰してきたとはいえ、一番大切な根底の動機として、患者の命を救いたいという気持ちがあるものです。

 

  • 重大なアクシデントを起こしかねない

もしも患者の命を守ることよりも自分のプライドを守ることを優先した結果忘れた医療行為を年下の看護師に聞かずに勝手な自己判断で行ってしまった場合、場合によっては取り返しのつかないことにもなってしまいます。医療行為というのは基本的には絶対にミスが許されないものなので、自分勝手な判断でもって進めていってはいけないのです。

 

偉そうな態度をとるのはもってのほか

それから自分よりも年が下の看護師だからといって、復帰早々に威張るのは止めましょう。

 

人によっては自分の地位が脅かされるかもしれないという恐怖から、年齢が下の看護師に対して陰湿ないじめのようなことをする潜在看護師もいるものです。

  • 30代を過ぎた潜在看護師は要注意

特に気をつけたいのは、ブランクができて年齢が高くなったような看護師です。ブランクがあっても20代であれば、ほとんど新人看護師と変わらない感覚で働けますが、30代を過ぎてくると自分よりも年下の看護師に指示されることに苛立ちを覚えてしまうケースもあります。

 

確かに年齢的には年下から指示されるのは抵抗を感じるかもしれませんが、そこは我慢が必要です。そもそも、看護師の世界は仕事ができてなんぼの世界です。いかに年齢が高くても、ブランク明けで技術力や知識力が落ちている場合には偉そうなことは言えません。なので、復帰先では年下から指示されても、そこの方針に従うようにしましょう。

まとめ

まとめ

潜在看護師はブランクが長くなれば長くなるほど、復帰に二の足を踏んでしまうものですよね。

 

しかし、案ずるより産むがやすしとはよく言ったものです。上記の二点についてポイントをおさええておけば、潜在看護師の方でも意外とスムーズに復職できるものです。せっかく苦労して取得した看護師免許です。ぜひこの際に、本格的に復職を検討してみてはいかがでしょうか。

 

次へ
ポイント

看護師求人サイトは全国に50社以上存在しています。良い看護師サイトもあれば、悪徳な看護師サイトもありますので、「看護師が選んだ看護師求人サイト口コミランキング」をチェックすることと、必ず3社以上の複数登録をすることが、転職成功の秘訣です。

 

1位・看護のお仕事

看護のお仕事

地方にも都心部にも強く、また医療専門で行っている求人サイト!

みんなの口コミ

2位・マイナビ看護師

マイナビ看護師

転職のプロ!マイナビグループが運営!スピードを求める方はココ!!

みんなの口コミ

3位・ナースフル

ナースフル口コミ

転職といえばリクルート!やっぱりナースフルが一番!?

みんなの口コミ


看護師転職サイト口コミランキング
LINE看護師パンダスタンプ

■看護師求人サイト転職口コミ「看護師パンダ」コンテンツ

看護師求人サイト転職口コミ集、「看護師パンダ」にお越しいただいてありがとうございます。看護師転職の役に立つ情報を日々更新しています。

看護師転職サイト徹底比較ランキング
看護師求人サイト一覧
看護師転職人気病院
看護師のキャリアアップ資格
看護師転職体験談
看護師求人条件で探す
年代別看護師転職
看護師パンダ