潜在看護師が復帰のタイミングについておさえておきたい4つのこと

潜在看護師が復帰のタイミング

家庭の事情などによって看護師の職を辞している、潜在看護師は近年需要が増えつつあります。ブランクがあるとはいえ、これまで培ってきたノウハウを持っていますし、職場との相性が良ければ比較的早い段階で戦力になるというのがその理由です。潜在看護師が再就職を考えている場合には、復帰タイミングを考えて就職活動をしたほうが良いでしょう。

 

何故ならこの復帰タイミングを見極めることで、潜在看護師がスムーズに職場復帰することが出来るからです。それでは具体的に潜在看護師と呼ばれている人達はいつ職場に復帰するのが良いのでしょうか。

 

どの時期に復帰しても潜在看護師は歓迎される

復帰しても潜在看護師は歓迎

まず一番良いのは就職しようと思っている病院やクリニックが人手が深刻に足りなくなっている時期に復帰することです。とは言っても全国的に看護師が不足している世の中ですので、基本的にはどこの病院やクリニックであったとしても、復帰したいという潜在看護師がいれば歓迎してくれるものです。

 

しかし、もちろん中には人気の高い病院もあり、場合によっては最近まで現役でやっていた看護師が就職に有利なこともあります。

 

前回と同じ理由で辞めることにはならないように!

前回と同じ理由で辞める

潜在看護師は何らかの理由で以前の病院やクリニック等を辞めているわけですから、その理由が完全に解消出来ないのであれば復帰するべきではありません。

 

例えば小さい子の子育てをするという理由で以前の病院を辞めたという人の場合、子供が小さいうちはあまり復帰しない方が良いと言えるでしょう。何故なら多少無理して復帰したところで、また同じような理由で辞めてしまうことにもなりかねないからです。

 

復帰にあたってはサポート環境を固めておくこと

復帰にあたってはサポート環境を固めておく

なのでもしもどうしても看護師として再び働きたいと思うのであれば、子供がある程度大きくなって手が離れてからにした方が良いと言えるでしょう。

または祖父母や保育所のスタッフ等、他に子供の面倒を見てくれそうな人を探してから復帰した方が良いでしょう。

 

1人で突っ走らないこと

1人で突っ走らないこと

それから家族を持っている潜在看護師の場合、自分の一存でもって復帰を勝手に決めてしまうのはお勧めできません。

看護師として働くと非常に忙しくなりますので、看護師に復帰したいのであれば大切な家族ときちんと相談をすることが大切です。場合によっては自分が看護師として復帰して働くことで、他の家族に多大な迷惑をかけてしまうことにもなります。

 

だからこそ、家族の意見は無視できないのです。このように看護師として復帰するタイミングの見極めというのはなかなか難しいものがありますが、自分と家族と職場の全てが納得できるよう、頑張って見極めていきたいものですよね。

 

潜在看護師の復帰に最適なタイミングは「4月」

潜在看護師の復帰に最適なタイミング

潜在看護師が復帰するのに最適なタイミングとしては、4月が一番いいタイミングと言えるでしょう。

 

なぜ潜在看護師にとって4月が一番いいタイミングになるのかというと、4月には新規で採用された看護師がたくさん働き始める時期でもあります。

 

丁寧な教育を受けることができる

丁寧な教育を受けることができる

この時期を狙って働き始めることによって、一緒に教育を受けることが出来るようになるのです。

 

新人がたくさん入ってくる時期には、研修期間があったり、勉強会が開かれたりするようになりますので、潜在看護師も新人として教育を受けていくことが出来るのです。この時期以外で復帰をした場合、丁寧な教育を受けることが出来なくなる可能性があります。

 

みんな仕事に追われてそれどころではない状況が続いていれば、仕事を教えてもらおうにも丁寧に教えてもらうことが出来なくなるでしょう。

 

自信がないのなら尚のこと4月に復帰することがオススメ

自信がないのなら尚のこと4月に復帰

よく理解できていない状況で仕事をしていけば、重大なミスをおかしてしまうことになってもいけません。何年も医療現場から離れていた場合には、新しい機器も導入されているようになりますし、働く部署が違えば使う機会も働き方も変わってくるようになります。

 

そのような状況で細かく指導を受けることが出来ないのであれば、また辞めたいと思うようになってもいけませんので、復帰タイミングはしっかりと学ぶことが出来る時期を選んだ方がいいでしょう。

 

潜在看護師の就職活動は1~2月から始めるのがベスト

潜在看護師の就職活動は1~2月から始める

医療機関の多くは、4月に新規の採用を行うことが多いです。

 

そのため、この時期から活動を始めておくと潜在看護師の募集も数多くあるため、選択肢が増えるというメリットがあります。

 

また、近年では潜在看護師が積極的に再就職できるような環境づくりを目指している医療機関も多くありますので、この時期から活動をはじめ、早い段階で採用が決まった場合には、本格的に就業する4月以前に研修などのサポートを受けられる場合があります。

 

選択肢は広いが競争率が高くなることは念頭においておくこと

選択肢は広いが競争率が高くなる

ただし、この時期には多くの看護師が就職活動を始めますので、競争率も高くなります。

 

そのため、職場を選ぶ範囲が広いというメリットはありますが、競争率も高くなることは覚えておかなければなりません。

 

転職サイトは潜在看護師の就活の強い味方

転職サイトは潜在看護師の就活の強い味方

潜在看護師就職活動をするときには、これまでの実績をわかりやすく記載して、新しい職場でどのように自分の経験を活かすことができるかをアピールするとよいでしょう。

 

 

また、再就職する場合には、自分に合った職場かどうかを見極めるのに慎重になりがちです。採用率を上げる活動の方法や自分に合った職場探しなど、再就職で悩んだときには転職サイトの担当者に相談してみるとよいでしょう。転職サイトでは、潜在看護師がそのスキルを活かしながら、無理なく働くことのできる好条件の職場を見つけてどんどん紹介してくれます。

 

具体的な履歴書の書き方や面接の受け答えなどのアドバイスももらえますし、雇用主との日程調整や勤務条件の交渉なども無料で代行してもらえますので、積極的に利用しましょう。看護師などの有資格者の場合には、専門のサイトもあり、ブランクのある潜在看護師の悩みに的確にこたえてくれます。

 

まとめ

まとめ

潜在看護師と一概に言っても、そのブランクの期間は人それぞれですよ。ブランクが短く、臨床に戻ることにあまり抵抗感がないのであれば復帰のタイミングについてはあまり深く考える必用はないでしょう。

 

しかし、もし臨床に戻ることに対し自信がないのであれば、やはり1~2月に就職活動を始め、4月に復帰することが自分にとっても採用側の病院にとっても望ましいと言えます。潜在看護師が復職する時には、まず自分がやりたいこととできることをしっかりと見極めていくようにしましょう。

 

次へ
ポイント

看護師求人サイトは全国に50社以上存在しています。良い看護師サイトもあれば、悪徳な看護師サイトもありますので、「看護師が選んだ看護師求人サイト口コミランキング」をチェックすることと、必ず3社以上の複数登録をすることが、転職成功の秘訣です。

 

1位・看護のお仕事

看護のお仕事

地方にも都心部にも強く、また医療専門で行っている求人サイト!

みんなの口コミ

2位・マイナビ看護師

マイナビ看護師

転職のプロ!マイナビグループが運営!スピードを求める方はココ!!

みんなの口コミ

3位・ナースフル

ナースフル口コミ

転職といえばリクルート!やっぱりナースフルが一番!?

みんなの口コミ


看護師転職サイト口コミランキング
LINE看護師パンダスタンプ

■看護師求人サイト転職口コミ「看護師パンダ」コンテンツ

看護師求人サイト転職口コミ集、「看護師パンダ」にお越しいただいてありがとうございます。看護師転職の役に立つ情報を日々更新しています。

看護師転職サイト徹底比較ランキング
看護師求人サイト一覧
看護師転職人気病院
看護師のキャリアアップ資格
看護師転職体験談
看護師求人条件で探す
年代別看護師転職
看護師パンダ