潜在看護師のブランク年数に応じた復職先について

潜在看護師のブランク年数

潜在看護師が復職するときに、気になるのがブランク期間が採用に影響するかどうかという点です。潜在看護師には多かれ少なかれ、休業期間が存在します。その期間は看護師業務から離れているため、どうしても仕事をしていた時のような技術や知識は失われてしまい、以前と同じ職場に復帰したとしても、勘を取り戻すのに時間がかかってしまいます。それに加えて、休業期間中に新たな治療方法や薬品が導入されていたり、医療に関する制度が変化していることなどもありますので、新たに覚えなければならないこともたくさんあります。

 

そのため、ブランク年数は短ければ短いほど、すぐに現場に馴染むことができます。しかし、復職先によって潜在看護師の許容範囲のブランク年数が異なるのも確かなのです。

 

急性期の病院へ復職する場合は3年未満のブランクがベスト

潜在看護師で復職先を急性期病棟に選びたい場合、急性期での経験があってブランクが3年未満であれば、復帰はOKです。

 

復職支援や教育体制が整っている病院を選んだほうが良いですが、3年未満であれば知識も技術もすぐに戻ってきます。

 

ブランクが3年以上5年未満の場合は病院の特性による

病院の特性による

急性期での経験がなくてブランク5年未満、急性期病棟での経験があってブランク期間が3年以上5年未満の場合は、療養型やリハビリテーション病棟と急性期病棟が併設されている病院を選んだほうが良いです。

 

いきなり復帰するのは難しいので、まずは療養型病棟やリハビリテーション病棟で看護師としての勘を取り戻してから異動したほうがスムーズです。

 

ブランクが5年以上10年未満の場合は外来勤務からスタートを

ブランクが5年以上10年未満の場合は外来勤務

ブランクが5年以上10年未満の場合は、経験があってもなくても病棟勤務は難しくなります。急性期に入りたいと思っても、まずは外来勤務からスタートしたほうが良いです。

 

外来は看護師知識は技術も病棟の仕事より限られているので、ブランクが長い人でも復帰しやすいです。また、日勤のみの勤務がほとんどなので、育児などとの兼ね合いもしたい人でも働きやすいでしょう。そこから急性期の病棟勤務に移れば、比較的早く仕事ができるようになります。急がば回れで、さらに療養型病棟や回復期リハビリテーション病棟で経験を積んでから異動しても良いでしょう。

 

ブランクが10年以上の場合は病院への復帰は難しい

10年以上空きができてしまった場合には、病院への復帰自体が難しくなります。

 

なので、まずは医療行為が少なくて済む職場を探したほうが良いです。まず介護施設で仕事を始めて、そこから段階的に外来や療養型病棟、回復期リハビリテーション病棟、といった感じで進めていくと良いです。

 

  • 自分の力量を見極めること

時間はかかりますが、潜在看護師ということを忘れないようにしましょう。自分の力量以上の仕事を選択してしまうと、自分に負担がかかるだけではなく、患者さんや職場への迷惑になってしまいます。

 

復職前にはセミナーや研修に参加しておくことがオススメ

復職前にはセミナーや研修

潜在看護師が医療行為への不安を取り除くには、各都道府県のナースセンターや各地の病院で行っている復職セミナーや研修に参加するのが効果的です。

 

講義をきいて知識を取り戻すだけではなく、演習や実習で医療行為の技術力も復習することができます。

 

復職先は研修制度が整っているところへ

ブランクが10年以上の場合は病院

また、復帰する職場では、プリセプターをつけてくれたり、潜在看護師から復帰した人向けの研修制度が設けられているところを選ぶと安心です。

 

研修では入職前に採血、静脈注射、気管吸引などを教えてもらえますし、プリセプターがいればマンツーマンで指導してもらえます。

 

療養型の病院へ復職する場合は5年未満のブランクがベスト

療養型の病院へ復職する場合

療養型病棟は、急性期病棟に比べると容態が安定した患者さんが入っているので、ブランクが長くても比較的復職しやすいです。

 

具体的に何年までならOKかというと、ブランクが5年未満の潜在看護師です。急性期に比べて急に体調が変化する患者さんや、運び込まれる急患も少ないです。看護師が直接急な対応を求められることは少ないので、潜在看護師の復帰先としても適しています。

 

10年以上ブランクがある場合は医療行為が少ない病院へ

医療行為が少ない病院へ

前に急性期病棟で働いていた人であれば、療養型は比較的仕事が楽に感じられるかもしれません。その場合であれば、5年以上10年未満でも仕事ができる可能性はあります。10年以上経ってしまうと、体力も衰えていますし、看護師としての腕も鈍っています。

 

ほとんど昔の勘を失ってしまっている状態なので、最初は介護施設など医療行為が少ない職場を選んだほうが良いでしょう。

 

クリニックの場合は特に基準はなし

クリニックの場合基準はなし

潜在看護師にとって、ブランクが比較的長くても勤務しやすい就職先の一つにクリニックがあります。クリニックは、専門的な治療を行うところであり、必要な技術や知識も病棟よりも少なくなっていますので、復帰が比較的しやすくなっています。

 

以前に全く異なる医療機関に勤務していた潜在看護師であっても、必要な技術と知識を思い出したうえで、真剣に復帰に向けて努力するのであれば、比較的仕事を覚えやすい環境といえます。

 

まとめ

まとめ

ブランクの年数によって、潜在看護師が勤務しやすいところとそうでないところがあるということわお分かりいただけたかと思います。人によっては10年以上勤務していないということもありますが、常に目まぐるしく内容が変化している大学病院や規模の大きい総合病院、急性期病棟等に勤務する場合には、かなりの努力が必要になります。

 

もちろん、看護師の資格は更新の必要もなく、一生涯自分の資格として使うことができますので、いずれにせよどこでも応募することはできます。しかし、雇用主にとってはすぐに仕事で役立つかということが重要になりますので、採用されやすい職場を中心に就職活動をしたほうが良いでしょう。

 

次へ
ポイント

看護師求人サイトは全国に50社以上存在しています。良い看護師サイトもあれば、悪徳な看護師サイトもありますので、「看護師が選んだ看護師求人サイト口コミランキング」をチェックすることと、必ず3社以上の複数登録をすることが、転職成功の秘訣です。

 

1位・看護のお仕事

看護のお仕事

地方にも都心部にも強く、また医療専門で行っている求人サイト!

みんなの口コミ

2位・マイナビ看護師

マイナビ看護師

転職のプロ!マイナビグループが運営!スピードを求める方はココ!!

みんなの口コミ

3位・ナースフル

ナースフル口コミ

転職といえばリクルート!やっぱりナースフルが一番!?

みんなの口コミ


看護師転職サイト口コミランキング
LINE看護師パンダスタンプ

■看護師求人サイト転職口コミ「看護師パンダ」コンテンツ

看護師求人サイト転職口コミ集、「看護師パンダ」にお越しいただいてありがとうございます。看護師転職の役に立つ情報を日々更新しています。

看護師転職サイト徹底比較ランキング
看護師求人サイト一覧
看護師転職人気病院
看護師のキャリアアップ資格
看護師転職体験談
看護師求人条件で探す
年代別看護師転職
看護師パンダ