潜在看護師が自分に合った復職先を見つけるたの復職先探しと確認ポイント

潜在看護師が自分に合った復職先

潜在看護師が安心して働くには、職場環境が重要となります。職場に復帰すること自体は、慢性的な人手不足に陥っている業界なのでそれほど難しいものではありませんが、それだけに再就職をしていきなり最前線に立たされてしまうということもないわけではありません。

 

雇う側としてもブランクがあってわからないことも多いことを承知のうえで、人手不足を理由に特別な教育もないまま実戦に送り出すということもあるため、このような環境で働くことになるのではと不安に思っている潜在看護師の人も多いものです。自分に合っている仕事かどうかの見極めは、簡単なことではありません。というのも、その職場の仕事が合っているかどうかは働いてみない限りわからないからです。実際に働いてみたら合わなかった、意外と合っていた、などのギャップが生じるのが普通です。

 

大切なのは、いかにそのギャップを少なくするかです。ここでは、潜在看護師の方が自分に合った安心して働ける職場を見つけるために大切なポイントをまとめています。

 

復職先探しはインターネットを利用する

復職先探しはインターネットを利用する

実際にその職場が復帰した看護師に対してどのような扱いをするのかというのは、働いてみないとわからない部分がありますが今の時代はインターネットを利用することによって、多くの情報を事前に入手することができるので職場探しに大いに役立ってくれます。

 

看護師転職サイトを有効活用しよう!

看護師転職サイトを有効活用しよう!

インターネットでまず活用したいのは、求人サイトです。ここには膨大な量の看護師としての求人が掲載されていますから、仕事を探すのに役に立ちます。また、潜在看護師向けの求人というのも簡単に絞り込んで検索をすることができますから、希望をする条件の仕事を見つけやすいという利点があります。

 

  • 潜在看護師に合った職場を絞り込む

潜在看護師向けの求人としては、研修制度が充実しているというものがありブランクのある看護師に時間をかけて教育をしてくれる職場というのは、復帰をすることに対して不安を持っている人にとって非常に心強いものとなります。単純に給与や勤務時間の条件の絞り込みをかけるにも便利ですから、今の時代の潜在看護師の就職活動には求人サイトの利用というのは欠かすことができません。

 

  • 潜在看護師だった人の口コミをチェック!

次にインターネットで活用をしたいものとして、実際に現場で働いているあるいは働いた人の実体験などの口コミというのも貴重な情報となります。潜在看護師を歓迎していると募集をかけていても、実際の職場は研修も適当にすぐに実戦に送り出すようなところがあることもありますし、その逆に特別潜在看護師を重視しているようなところでなくても、丁寧な研修があってブランクがある人でも働きやすい職場ということもありますから、口コミなども職場探しに役立ててみると良いでしょう。

 

自分に合った職場探しは情報収集から始まる

自分に合った職場探しは情報収集から始まる

インターネット上には膨大な量の有益な情報がたくさんありますので、有効活用をすれば安心して働くことができる場所を見つけるのに大いに役立ってくれます。

 

情報量が多いだけに、取捨選択をするのは大変ですが働きやすい職場を見つけるには大事なことなので上手く使っていきましょう。

 

潜在看護師が確認すべきポイント

潜在看護師が確認すべきポイント

ブランクのある潜在看護師にとって、すぐに看護師として仕事ができる職場であるかどうかということは重要なポイントになります。特に、ブランクが長い潜在看護師の場合、その期間中に様々な医療制度や治療方法、薬品が導入された可能性が高く、職場に復帰しても自分が持っている知識や技術がほとんど活用できない可能性があります。

 

また、休業中に看護業務に従事していないため、自分でも気づかないうちに本来持っていた知識や技術を忘れていることもあり、実際に働くようになってからためらうという人も少なくありません。このようなデメリットを補うために、職場探しの段階で必ず確認しておかなければならないことがあります。

 

自分の知識・技術に不安はないか

自分の知識・技術に不安はないか

こうした不安を抱える潜在看護師が安心して働けるようになるためには、自分の技能が今でも健在かどうかを確認しておく必要があります。近年では、潜在看護師を対象として、復帰を支援する業者も多数できており、一部の病院やこういった支援センターが主催して、復職支援セミナーを開催しています。

 

  • 看護知識や技術の不安な部分は研修で補う

年間を通して様々な内容の講習が受けられますので、通えるものは通って、自分が知識や技術をどれくらい覚えているかを確認しておきましょう。実際に就職活動を始めた時でも、研修でブランクを埋めようと努力している潜在看護師は、何もしていない人よりも高く評価されやすいです。

 

自分は看護師としてどこを目指していくのか

自分は看護師としてどこを目指していくのか

ある程度自分の現在の能力を把握できたら、安心して働ける職場を探す必要があります。そして、まずは自分が何をやりたいのかを見極めることが大切です。特別やりたいことはないという人もいるかもしれませんが、そういう人でも、どんな職場ならば働きやすいか、どんな看護師になりたいのか、などイメージを膨らませるだけで働きたい場所が見つかる可能性もあります。

 

  • 短期でキャリアアップしたい場合

多少大変でも短期のスキルアップを目指したいという人は、復職した人のサポートを行っている病院などに勤務するとよいでしょう。看護師としてきちんと働けるために必要な知識を学びながら、様々な看護業務に携わることができます。さすがに10年以上もブランクがあると最初から第一線で働くのは難しいですが、離職期間が1年未満程度であれば、問題なく働ける可能性が高いです。

 

  • 無理のない範囲で働きたい場合

一方、無理のない範囲で復帰をしていきたいと考えるのであれば、専門分野に特化したクリニックなどがおすすめです。診療科目が限られているため、看護業務として行い内容の種類が少なく、すぐに慣れて作業ができるようになります。心にゆとりを持って働きたいのであれば、介護施設や保育園看護師などは難しい看護スキルを求められることが少ないので、働きやすいです。介護施設に関しては入居者の介護レベルや経営者は誰なのか、によっても異なるので選ぶ時には注意が必要ですが、比較的ゆとりを持って働けるところが多いです。

 

  • 病院以外にも目を向けてみるのも1つ

また、病院以外の訪問看護や老人ホーム、保育園などの勤務先を探すのも一つの方法です。看護業務に特化した職場ではなくなりますが、様々な経験を積むことができますし、医療機関関係者以外の交流を深めることもできます。

 

1人で悩まず、転職サイトのコンサルタントに相談を

1人で悩まず、転職サイトのコンサルタントに相談を

就職先で迷ったら、転職サイトの担当者とも相談してみましょう。様々な潜在看護師の復帰を支援していますので、その経験を活かして、自分が希望している内容に近い職場を案内してもらえます。

 

転職サイトでは復帰に向けたセミナーの案内や、就職活動に関するアドバイスも受けられます。

 

まとめ

まとめ

潜在看護師にとっては、ブランクが採用にとってマイナス要素になります。ブランクがあると看護知識、技術を忘れてしまいますし、何年も潜在看護師として過ごしてきた人であれば、昔と今の看護を取り巻く状況に大きなギャップを感じることもあるでしょう。

 

しかし、もし職場復帰を望んでいるのであれば、いつまでの潜在看護師のままでいるのは大変もったいないことです。1つ1つ手順を踏んでいけば、必ず現場復帰への壁を乗り越えていくことができます。そして、看護師転職サイトのコンサルタントを味方につけ、看護師としての第2の人生をスタートさせていきましょう。

 

次へ
ポイント

看護師求人サイトは全国に50社以上存在しています。良い看護師サイトもあれば、悪徳な看護師サイトもありますので、「看護師が選んだ看護師求人サイト口コミランキング」をチェックすることと、必ず3社以上の複数登録をすることが、転職成功の秘訣です。

 

1位・看護のお仕事

看護のお仕事

地方にも都心部にも強く、また医療専門で行っている求人サイト!

みんなの口コミ

2位・マイナビ看護師

マイナビ看護師

転職のプロ!マイナビグループが運営!スピードを求める方はココ!!

みんなの口コミ

3位・ナースフル

ナースフル口コミ

転職といえばリクルート!やっぱりナースフルが一番!?

みんなの口コミ


看護師転職サイト口コミランキング
LINE看護師パンダスタンプ

■看護師求人サイト転職口コミ「看護師パンダ」コンテンツ

看護師求人サイト転職口コミ集、「看護師パンダ」にお越しいただいてありがとうございます。看護師転職の役に立つ情報を日々更新しています。

看護師転職サイト徹底比較ランキング
看護師求人サイト一覧
看護師転職人気病院
看護師のキャリアアップ資格
看護師転職体験談
看護師求人条件で探す
年代別看護師転職
看護師パンダ