看護師が復職の時に履歴書と面接で好印象を与えるために知っておきたいポイント

看護師が復職の時に履歴書

看護師として復職を志したら、就職先を探し、履歴書と職務経歴書を作成、そして病院が決まったら、それを提出して面接を受けるために対策ととらなければいけません。履歴書や面接だけでは、その面接官が自分のことをすぐにどのような人間であるかということを判断できるわけではないにしても、面接と履歴書作成の対策に手を抜いていいわけではありません。なぜなら、そこで面接官に与える印象が、今後の仕事に影響を及ぼすこともあるからです。

 

徳に、潜在看護師の方などは面接や履歴書の作成を久々に行うことになるため、それらの基本的なルールなどを忘れてしまっていることもあると思います。ここでは、面接や履歴書作成について絶対に知っておいてほしいポイントをまとめていますので、基本的なマナーやルールと併せておさえておくようにしましょう。

 

採用側に好印象を与える履歴書を書くためのポイント

採用側に好印象を与える履歴書

看護師として復職を考え、就職活動を始めたらそれと同時に履歴書や職務経歴書を作成します。履歴書の中には、自分の学歴、職歴、持っている資格を記入する欄がありますね。また自分の長所や短所、特技など自分を客観的に見てとらえて記入するところもあります。また病院を希望した動機や労働条件など希望をかくところがあるなど、とても簡単にかける物ではないのです。

 

まず自分を自己分析しなくてはかけない部分がたくさんあるからです。その上で、面接官に好印象を与えるために履歴書を工夫していかな

ければなりません。

 

履歴書添削サービスを利用するのも1つ

履歴書添削サービスを利用するのも1つ

最近ではインターネットの転職サイトでも職業紹介所でも履歴書の書き方や自己分析の仕方など講習を行ったり添削を行っているところもあります。そのために一度受講してみるとそのように記入をしたらよいかということがわかるでしょう。

 

そして実際に一度書いてみることをお勧めします。

 

自分だけのPRポイントはどこに?

自分だけのPRポイントはどこに?

看護師として働いてきた経歴をかくことは困難ではありませんが、自己PRや長所、短所というところは少し考えなくてはかける内容ではありません。先ほども述べたようにまず、自分自身をよく知らなくては記入ができないのですね。看護師として自己PR出来る部分はどこでしょうか。それはまず職歴の部分で、自分はこれまで何科で働き何年の経験があるかというところを明確に書くといいです。復職の際には即戦力になることも望まれますから、経験診療科と経験年数が重要なのです。また認定看護師や専門看護師も良い自己PRになるでしょう。

 

  • 短所欄の書き方

長所や短所を記入する場所もありますが、ここは、自分を客観的に見て正確に書く必要があります。短所は本来書きたくない部分化もしれません。しかしそれをしっかり把握したうえで、仕事上で気を付けることや対策などを考えておくことが出来るといいのです。短所となる場所もとらえ方によっては長所にもなりうるのです。そのために決して不利になるとは限りません。

 

意外と好印象をもたれやすい「短所」について

意外と好印象をもたれやすい「短所」について

ではこの時に、どのように好印象を与えることが出来る短所をかくことが出来るかということがポイントになります。例えば看護師の仕事も勉強でも何事に時間がかかって遅いということを記入したとしましょう。

 

  • 文字にした短所は面接で挽回!

文字にすると印象は良くないかもしれませんが、実際に面接の担当員から聞かれた時には、時間がかかるのは考えながらやるからであり、その分仕事のミスは少ないですというフォーローを付け加えたり、反対に、遅いと言われるので、いつも段取りや優先順位を考えながら仕事をするようにしているなどの言葉を付け加えるとよいでしょう。

 

自分の展望・希望も具体的に書いておく

自分の展望・希望も具体的に書いておく

仕事で復職することに関して希望があれば、それも記入しておくことができます。例えば子育てに関する希望、時短制度を利用したいことも記入することができますね。また今後ステップアップしていきたい意欲をかいておけばよいPRになります。

 

またスキルアップをするために研修や勉強会などに参加できるチャンスにもなるでしょう。一枚の用紙ですが、自分を表現するために重要な書類です。そのために良く考察をして書く必要があります。

 

面接の際に絶対注意しておかなければならないこと

面接の際に絶対注意しておかなけれ

看護師が復職の面接で言ってはいけないのは、以前の職場の悪口です。

 

人間関係がうまくいかなかった、仕事がきつすぎた、などの理由があったとしても、それを職場のせいにして面接官に言うのは本人の評価を下げることにしかなりません。

 

面接官が知りたいのは過去でなく未来への期待度

面接官が知りたいのは過去でなく未来への期待度

そもそも、面接官が聞きたいのは過去どうであったかというよりも、復職に対してどのような努力をしているのか、すぐに辞めてしまわないか、どんな利益をもたらしてくれるのか、といったことです。

 

それなのに、以前の職場の悪口を聞かされたら「この人は自分で解決するための努力をしていない」とマイナスの評価を与えてしまいます。

 

  • 前職がブラック病院だった場合

たとえ以前の職場がブラックで不当な扱いを受けたとしても、悪口を言うのは本人にとって自分の評価を下げてしまうことにしかなりません。もし退職理由でつっこまれたら、感情を込めずに事実だけを伝えるようにしましょう。その場合もできるだけシンプルに伝えたほうが良いです。そのことがトラウマになって今度の仕事に支障を与えないかどはうか聞かれたら、今度はどのような考えで対応していくのかも伝えられるとベターです。看護師の仕事はハードになりやすいですし、女性が多いので人間関係がこじれやすい

です。そのことで退職してブランクができてしまう人も少なくありません。

 

  • 周囲のせいにする人は成長が見込めない?!

しかし、それを職場や周りの環境のせいにして何も成長しないのでは「この人は同じような環境になったらすぐに辞めるのでは」と思われてしまう可能性が高いです。過去の自分から成長した点を挙げて、ちゃんと続けられる自信があることを伝えましょう。

 

ネットの例文をそのまま利用するのはNGです

ネットの例文をそのまま利用するのはNGです

また、履歴書や自己PR、志望動機などを見ながら質問してくる場合もあるので、書類の内容も事前に確認しておきましょう。ネットで調べた例文をそのまま適当に写して、自分で何を書いたのか覚えていないというのは一番まずいケースです。相手も人事のプロですから、看護師の転職、復職理由の動機などの例文についてはチェックしています。それをそのまま使ってしまうと「この人は自分の信念を持っていない」な」と思われてしまう可能性もあります。

 

  • 自分の動機と当てはめて応用しましょう

看護師の志望動機の例文を参考にするのは構いませんが、それをそのまま使うのはNGです。必ず自分の経験に当てはめて、自分なりの言葉に書き換えるようにしましょう。「どうしてもこの職場で看護師として働きたい」という熱い気持ちを伝えることができれば、競争率が高い職場でも勝ち残れる確率が高くなります。

 

まとめ

まとめ

看護師として働く場合には、やはり仕事のミスがない、そして決められた業務が責任を持って遂行できるという点が非常に重要です。面接官も復職を希望する看護師がどの程度仕事が出来るかというよりも、患者のことを考え、責任を持って業務をもって遂行できるかということを観察しています。

 

そのため、復職活動を始めた時は、自分が責任を持って仕事をしている姿を想定した上で、履歴書の作成や面接の対策を行っていくようにしましょう。

 

次へ
ポイント

看護師求人サイトは全国に50社以上存在しています。良い看護師サイトもあれば、悪徳な看護師サイトもありますので、「看護師が選んだ看護師求人サイト口コミランキング」をチェックすることと、必ず3社以上の複数登録をすることが、転職成功の秘訣です。

 

1位・看護のお仕事

看護のお仕事

地方にも都心部にも強く、また医療専門で行っている求人サイト!

みんなの口コミ

2位・マイナビ看護師

マイナビ看護師

転職のプロ!マイナビグループが運営!スピードを求める方はココ!!

みんなの口コミ

3位・ナースフル

ナースフル口コミ

転職といえばリクルート!やっぱりナースフルが一番!?

みんなの口コミ


看護師転職サイト口コミランキング

■看護師求人サイト転職口コミ「看護師パンダ」コンテンツ

看護師求人サイト転職口コミ集、「看護師パンダ」にお越しいただいてありがとうございます。看護師転職の役に立つ情報を日々更新しています。

看護師転職サイト徹底比較ランキング
看護師求人サイト一覧
看護師転職人気病院
看護師のキャリアアップ資格
看護師転職体験談
看護師求人条件で探す
年代別看護師転職
看護師パンダ