子育て中の潜在看護師復職前のブランクの埋め方と復帰する勤務形態について

潜在看護師復職前のブランクの埋め方

看護師と言う仕事は、とても素晴らしい仕事です。医療の現場には必要不可欠な存在です。現在でも、多くの人が看護師になるべく日々、一生懸命に勉強しています。

 

看護師の多くは女性ですが、中には男性の看護師もいます。ですが、女性の看護師ですと、出産や育児で一時的に現場を離れざるを得ない状況になったりします。落ち着いた頃に復職を考えていても中々、子育てが中心となると時間も限られてきてしまいます。そのような子育て中の潜在看護師は、復職前にどのようなことについて考えておけばスムーズに復職を果たすことができるのでしょうか。

 

どのような勤務形態で復帰するのか

どのような勤務形態で復帰

看護師の勤務形態は病院によって少しずつ異なります。しかし基本的には、日勤と夜勤の二つです。日勤に関しては8時半ごろから始まり、17時半ぐらいまでの勤務が一般的です。夜勤に関しては病院により二交替制、三交替制があります。二交替制の場合は、間に2時間の休憩をはさみ16時~翌日9時、三交替制の場合は、16時~1時の準夜勤務と0時半~9時までの深夜勤務です。

 

これ以外にも病院独自で早出勤務、朝6時~15時まで、遅出勤務1時~21時勤務というような勤務形態をとっているところもあります。このように、様々な勤務形態が用意されている看護師ですが、大切なのは自分に合った勤務形態を選択していくことです。

 

復職後の理想のライフスタイルに合わせて決定する

理想のライフスタイルに合わせて決定

看護師が復職する場合には、この勤務形態をあらかじめ知って病院を探す必要があります。

 

例えば、自分には子どもがいなくて、まだバリバリ働ける、今後スキルアップも図っていきたいという場合は、夜勤などもどんどんこなしていくことの出来る職場に復職できるといいです。

 

また院内、院外の研修制度も充実していると、自分のスキルアップにつながるので、復帰する職場には最適です。

 

子育てと両立したい人は日勤のみの病院がオススメ

子育てと両立したい人

反対に自分は子育ても家庭もあるので、両立したいという場合には、看護師として働きながら、家庭にも影響のない範囲で仕事をこなさなくてはいけません。

 

そのために夜勤などはない日勤のみの病院を選択するべきでしょう。しかしながら病院としては早出や遅出勤務がある時には、それは出来るのかどうかが気になるところです。

 

自分はどの勤務までなら働くことが出来るのかということを明確にしておく必要があります。

 

院内託児所があれば土日出勤も夜勤も可能になる

院内託児所があれば土日出勤も夜勤も可能

また勤務というのは時間のことだけに限りません。勤務時間と同様、勤務する曜日も重要です。家庭のある看護師ならば、土日は働けないという人もいるのではないでしょうか。

 

しかし病院に週末もあいているような託児所を兼ね備えていれば、その問題もクリアできるかもしれません。家庭だけのサポートでは週末働くことは難しいですが、外部のサポートを利用できると働くことが出来るという看護師も少なくないのです。

 

これは夜勤も同様です。院内の託児所が夜勤にも対応したものであると、子育て中看護師も働くことが出来るかもしれません。そのために復職する場合に大切なことは、病院の勤務がどのようなものであるかをよく知ること、また病院に託児所があり、その託児時間はどうなっているのかというようなことをあらかじめ調べておきましょう。また急に子どもが病気になった時に、病児保育もあり預かってくれるかどうかも把握しておくことが大切です。

 

看護師としてのブランクをどのように埋めるのか

ブランクをどのように埋めるのか

出産を機に一度退職して今まで専業主婦でいた人など、看護師として復職したいけれども、いまいち勇気が出ないという人はたくさんいます。

 

しばらく仕事を休んでいたことにより、どうやって仕事をしていたのかを忘れてしまったり、常に進化し続ける医療についていけないのではないかという不安を抱えているはずです。ここでは、そのようなブランクによる不安をどのように埋めていくのか考えてみましょう。

 

最低でも基本的なことはおさえておく

最低でも基本的なことはおさえておく

看護師としての技術や知識を忘れてしまった状態で復職しても、実際に仕事を始めた時に苦労するのは目にみえています。

 

休んでいる間に進化したことや、高度な専門知識が不足しているだけなら仕方がないといえますが、看護師としての基本的な部分が不足していては話になりません。最低限はできるようにしておきたいものです。

 

ナースセンターの復職支援を活用する

ナースセンターの復職支援を活用する

まずは復職したいと考えている人を対象に、定期的に復職支援を行っているところがあります。求職しながら受けられるため、利用しやすいといえるでしょう。

 

また、各都道府県のナースセンターでも研修が行われています。この研修では新しく取り入れられた医療の知識や技術などを無料で学ぶことができます。

 

看護系アプリを利用して効率よく予習・復習を

看護系アプリを利用して効率よく予習

また近年ではスマートフォンのアプリでも、看護師にとって役立つ情報が得られるものがたくさんあります。

 

新しく本を購入して勉強するよりも、気軽に勉強することができ、忙しい人でも空き時間にサッと勉強することができるでしょう。

 

復職先はブランク歓迎の病院にする

ブランク歓迎の病院にする

そして仕事を探す時の注意点として、ブランクを歓迎している求人を探すことをおすすめします。

 

 

このような求人は復帰をサポートする体制が整っていたり、研修を取り入れている病院もあります。このような制度は復帰にあたって、不安をやわらげることができます。

 

まとめ

まとめ

潜在看護師が復職するにあたっては、まず自分のライフスタイルに合った病院を探し、その上でどのようにブランクを埋めていくのかを事前に考えておかなければなりません。

 

看護学生の頃や新人看護師の頃はよく、「事前準備が全て!」と言われていたかもしれませんが、それは潜在看護師の復職についても当てはまることです。ぜひ事前準備をおこたらず、スムーズな復職を果たしていきましょう。

 

 

次へ
ポイント

看護師求人サイトは全国に50社以上存在しています。良い看護師サイトもあれば、悪徳な看護師サイトもありますので、「看護師が選んだ看護師求人サイト口コミランキング」をチェックすることと、必ず3社以上の複数登録をすることが、転職成功の秘訣です。

 

1位・看護のお仕事

看護のお仕事

地方にも都心部にも強く、また医療専門で行っている求人サイト!

みんなの口コミ

2位・マイナビ看護師

マイナビ看護師

転職のプロ!マイナビグループが運営!スピードを求める方はココ!!

みんなの口コミ

3位・ナースフル

ナースフル口コミ

転職といえばリクルート!やっぱりナースフルが一番!?

みんなの口コミ


看護師転職サイト口コミランキング
LINE看護師パンダスタンプ

■看護師求人サイト転職口コミ「看護師パンダ」コンテンツ

看護師求人サイト転職口コミ集、「看護師パンダ」にお越しいただいてありがとうございます。看護師転職の役に立つ情報を日々更新しています。

看護師転職サイト徹底比較ランキング
看護師求人サイト一覧
看護師転職人気病院
看護師のキャリアアップ資格
看護師転職体験談
看護師求人条件で探す
年代別看護師転職
看護師パンダ