看護師の再就職が難しい3つ、未経験の科、ブランク明け、体調不良後の転職について

看護師の再就職が難しい

看護師は、転職や再就職が比較的容易な職種ではあります。しかし、未経験の科への再就職であったり、体調不良による退職後の再就職であったり、長期間のブランクを経た後の再就職であったりする場合は、それなりに困難もあります。ここでは、その3つのケースの再就職について知っておきたいポイントを紹介させていただきます。

 

看護師はどこも人手不足で売り手市場であることは変わりませんが、先に挙げたようなハンデがある場合は再就職にあたって気を付けておかなければならないこともあるのです。

 

未経験の科への再就職の注意点

未経験の科への再就職

看護師が未経験の科に再就職をするのは、あまりブランクがなければそこまで難しいことではありません。

 

問題となるのは本人の気持ちの部分であり、やはり経験のある科とない科ではある方が安心ですしない方はわからないことが多いのではないかと不安になってしまうものです。実際にブランクがあいていれば、経験のある科であってもわからないことだらけということになってしまうことは少なくありません。

 

持っている知識が邪魔になる場合もある

持っている知識が邪魔になる場合もある

中途採用者が未経験の科へ再就職する場合、なまじ経験があることが逆に足枷となってしまうこともあり、本人のと知識と実際に現場で必要になる知識が全く異なることからやっていけないのではないかと心配になってしまうことがあります。

 

キャリアアップをするという強い意識があれば乗り越えられる

キャリアアップをするという強い意識があれば乗り越えられる

未経験の再就職をするときの一番の問題は本人の気持ちの問題という部分が大きく、その点を解消することができれば看護師の再就職というのはそれほど難しくはありません。

 

しかし、気持ちの問題というのは非常に大きなものですから特別な理由がないのであれば、わざわざ不慣れなところを選ぶという必要もないでしょう。あえて未経験の科に就職をしてキャリアアップをしたいというのであれば、それはひとつの考え方として悪いものではありませんし挑戦してみるだけの価値があります。その一方でわざわざ不慣れな場所を選ぶ必要もないので、出来る限り経験のある場所を選ぼうとするのも妥当な判断だといえます。

 

どこにいっても覚えることは沢山ある

どこにいっても覚えることは沢山ある

どのような選択をするにしても看護師としてブランクがあいていれば、不安はついてまわるものですから悩んだ時にはよく考えてから行動に移すようにすると良いでしょう。

 

最終的には経験のある場所を選んでも、経験のない場所を選んでもまた覚えなければならないことはたくさんありますからあまり気にしすぎる必要もないのです。

 

体調不良による退職後の再就職の注意点

体調不良による退職後の再就職

看護師という仕事は体力的にも精神的にもハードですから、どちらかに何らかの不調をきたすことによって休職や退職をせざるえない看護師も多くいます。

 

そして、実際辞めてみると、思った以上に早く体が回復することもあります。その後、再就職するにあたっては、どのようなことを留意しておかなければならないのでしょうか。

 

直後に復帰するのは危険だが出来るだけブランクは短い方がいい

ブランクは短い方がいい

体調不良が治ったと思っても、直後に再就職するのは危険ですので、しばらくは様子を見るようにしなくてはなりません。

 

ここで油断してしまうと、また同じことを繰り返すことにもなりかねません。そして看護師として再就職を目指すときには、出来るだけブランクは短期間の方が再就職しやすくなります。

 

再就職までのブランクが短い方がいい理由

再就職までのブランクが短い方がいい

再就職までのブランクが短い方がいいのは自分としてもいいですし、雇う側からしてみてもブランクが短い看護師を雇いたいと思うようになるからです。休んでいた期間が長ければ、改めて研修を受けさせなくてはならなくなりますが、短期間しか間が空いていない人は研修の必要がないと判断をされる場合もあります。

 

面接を受けにいった場合でも雇ってもらいやすくなりますので、早く再就職先を見つけることが出来るでしょう。

 

大切なのは同じことを繰り返さないこと

大切なのは同じことを繰り返さない

再就職をした後にも、出来るだけ身体を痛めることがないようにあまり無理をしないようにしましょう。休める間にはしっかりと体を休めるようにしたり、身体に負担がかからないような動きを心がけなくてはなりません。

 

一度、退職したことで自分の健康管理にはどのようなポイントに気を配るべきなのかがよく分かっているはずです。前回の反省を元に、再就職後は自分らしく健康に働き続けられるようにしましょう。

 

長期間のブランクを経た後の再就職の注意点

長期間のブランクとは、だいたい10年以上を指します。どんなに記憶力が良い人でも、技術力が高い人でも、10年も看護師の仕事から離れていればほとんど忘れてしまいます。

 

この場合の再就職は、はっきり言うとかなり厳しいです。ブランクが1から5年程度であれば、採用を決める際に離職前の勤務年数を考慮されます。しかし、10年以上になると経験年数はほとんど考慮されなくなってしまいます。10年以上離職していた場合には、再就職に向けて事前に準備と努力をすることがポイントになります。

 

復職支援セミナーを活用すること!

復職支援セミナーを活用する

病院や各都道府県のナースセンターが主催している復職支援セミナーなどに参加して、基礎知識や現在の医療の現状を把握しておくと良いです。

 

看護資格を持っていて、再就職を希望している人なら誰でも参加可能です。お金がかかる場合もありますが、テキスト代や資料代だけで、講義自体は無料になっていることが多いです。このようなセミナーに積極的に参加しておくと面接の時にアピールすることができます。

 

復職支援セミナーで現場の勘を取り戻す

ブランクが長いと看護師としての仕事ができるかという不安はありますが、ナースセンターの復職支援や職場の復職支援を活用すれば、感覚を取り戻してから復帰できる可能性があります。

 

長期間からの復帰は簡単ではありませんが、看護師としての専門資格を眠らせたままにしておくのはもったいないです。現在では看護師不足が問題になっているので、積極的に活用し再就職を成功させましょう。

 

自分の体力に見合った病院に再就職する

自分の体力に見合った病院に再就職する

長期間離職していたということは、体力的にもだいぶ衰えている可能性があります。なので、昔のような感覚で働こうと思っても、体力がついていかない可能性もあります。以前と全く同じように働きたいと思っている人でも、自分の体力に見合った職場にしたほうが良いでしょう。

 

最初から正職員看護師として働くのが不安であれば、アルバイトやパート看護師として働くという方法もあります。正職員よりも待遇の面では劣りますが、自分の好きな時間、曜日を指定して働けるので、肩慣らしとしてぴったりです。

 

派遣看護師としての再就職も視野に入れる

派遣看護師としての再就職も視野に入れる

ブランクが長い看護師は派遣看護師として働くという方法もあります。

 

この場合は派遣会社の職員となって働くことになり、職場次々に変わるのが特長です。パートのように勤務時間に融通をつけてもらいやすいというメリットもあります。パートや派遣として働いて、能力次第で途中から正職員として働く制度もあります。最初は短い時間働いてみて、力が戻ってきたら本格的に働くのもありでしょう。

 

まとめ

まとめ

未経験の科へ再就職する場合はキャリアアップへの強い意識が必要であり、体調不良後の再就職では今後同じことを繰り返さない工夫が必要です。

 

また、ブランクが10年以上ある場合の再就職では、事前準備に加えて体力面にも考慮していくことが求められます。いずれにしても、個々のケースの注意点さえおさえておけば、何とか再就職や復職をすることは可能です。看護師人生に未練を残さないためにも、ぜひ自分に必要なポイントをおさえ再就職を成功させてください。

 

次へ
ポイント

看護師求人サイトは全国に50社以上存在しています。良い看護師サイトもあれば、悪徳な看護師サイトもありますので、「看護師が選んだ看護師求人サイト口コミランキング」をチェックすることと、必ず3社以上の複数登録をすることが、転職成功の秘訣です。

 

1位・看護のお仕事

看護のお仕事

地方にも都心部にも強く、また医療専門で行っている求人サイト!

みんなの口コミ

2位・マイナビ看護師

マイナビ看護師

転職のプロ!マイナビグループが運営!スピードを求める方はココ!!

みんなの口コミ

3位・ナースフル

ナースフル口コミ

転職といえばリクルート!やっぱりナースフルが一番!?

みんなの口コミ


看護師転職サイト口コミランキング
LINE看護師パンダスタンプ

■看護師求人サイト転職口コミ「看護師パンダ」コンテンツ

看護師求人サイト転職口コミ集、「看護師パンダ」にお越しいただいてありがとうございます。看護師転職の役に立つ情報を日々更新しています。

看護師転職サイト徹底比較ランキング
看護師求人サイト一覧
看護師転職人気病院
看護師のキャリアアップ資格
看護師転職体験談
看護師求人条件で探す
年代別看護師転職
看護師パンダ