40代ブランクあり看護師復職の個人病院や派遣・パート勤務の復職の注意点

40代ブランクあり看護師の復職

40代で再就職をするというのは、難しいことなのでしょうか。一般常識で考えればそれは確かに難しいのかもしれません。

 

しかし看護師という専門職においては、それはあてはまらないようです。医療の現場は常に人材不足、特に病院などにおいては患者のケアに直接かかわる看護師が不足していると言われていますから、病院も看護師を採用したがっているという現実があるのです。

 

そのため、たとえ40代のブランクがある潜在看護師であっても復職は不可能ではありません。しかし、20代や30代の看護師ほど転職がスムーズではないということも知っておかなければなりません。

 

1.40代の看護師が個人病院へ復職する時のポイント

40代の看護師が個人病院へ復職する時

40代でブランクあり看護師が個人病院に勤務するのは、決して簡単なことではありません。特にブランクが10年以上あいてしまったような人だと、ほとんど未経験者と同じような扱いになります。

 

年齢に見合った給料がもらえない、若い看護師との人間関係がうまく築けない、というケースもあります。ただし、個人病院でもバリバリ働くようなところを避ければ、働ける可能性は十分あります。

 

なぜなら、個人病院でも比較的大きめなところであれば、看護師の負担が分散されるので較的簡単な仕事から始められることもあるからです。

 

ここまでの人生経験を看護に活かす心持ちで

人生経験を看護に活かす心持ちで

40代にもなれば確かに体力は落ちますが、若い看護師にはない人生経験を積んでいるという強みがあります。例えば、患者さんのクレーム対応がうまくなっていることもあります。若い看護師は相手の感情に気圧されがちになってしまうものですが、年上になると相手の感情に振り回されにくくなります。もちろんこれには個人差がありますが、年齢を重ねたことで冷静に対応できるスキルが身についていることも多いです。

 

また、患者さんに共感しつつもその場をなだめられるスキルが磨かれていることもあります。

 

接客業務が多い個人病院では重宝される可能性すらある

接客業務が多い個人病院では重宝される可能性

個人の病院は総合病院や大学病院に比べると、接客業務が多くなります。患者さんというよりもお客さんを相手にするような感覚で働くことを求められることもあります。そういうときに今までの人生経験をいかして、うまくクレーム対応ができれば病院にとってはかなりありがたい存在になります。

 

看護知識やスキルが衰えていたとしても、患者さん適切なコミュニケーションができる人材は貴重です。

 

2.40代の看護師が総合病院へ復職する時のポイント

40代の看護師が総合病院へ復職する時のポイント

40代と言えば、ブランク前には臨床指導を行ってきたとか、学生指導を行ってきたという看護師も少なくないでしょう。

 

また、それ以降は出産をしたり育児をしたりして現場を離れた人もいるかもしれません。

 

しかし出産や育児は、もしも復帰したならば、産婦人科や小児科でその経験を生かすことが出来るのです。また以前に所属していた科だったら知識があるので、再就職に有利ということもありますね。それらを考えると様々な診療科が揃っている総合病院を復職先として狙うのもアリでしょう。

 

総合病院であれば復職先の幅広がる

総合病院であれば復職先の幅広がる

個人病院だと特化した科しかない場合があります。そのため全く知識がないところに再就職をするのはかなりリスクが高いものです。

 

しかし総合病院であれば、自分で科を選ぶこともできるかもしれません。

 

総合病院に復職するのであれば研修制度を利用すること

総合病院に復職するのであれば研修制度を利用

医療の技術は日々前進しています。また看護においても以前は常識とされていたのもが、見直されて今は別の方法が常識とされることもあります。

 

それらの情報を得るためには、自分で勉強をすることが大切ですが、大きな病院だと、教育システムが出来ていたりするので、再就職の場合も安心です。またプリセプター制度ではいじめはフォローしてくれる担当者がいるとすぐに病棟になじむことが出来るでしょう。

 

3.40代の看護師が派遣やパート勤務として復職する時のポイント

40代の看護師が派遣やパート勤務

40代の看護師におすすめの働き方として、派遣看護師があります。メリットは、自分や家族の予定を優先させて仕事ができるところです。

 

午前のみ、全日、など時間を限定できる場合もあります。子供が学校に行っている時間帯だけ働きたい、などとプライベートを優先できます。

 

社会保険とのかねあい

社会保険とのかねあい

社会保険に加入するためには、一定の勤務時間働く必要があります。もしその勤務時間に満たないと、自分で国民保険に加入する必要が出てきます。職場で社会保険に加入させてもらえれば保険料が半額になりますが、自分で国民保険に加入する場には全額自己負担になります。

 

このようなデメリットはありますが、ブランク明けで仕事に不安がある、10年以上ブランクができてしまった、という人はパート看護師だと復帰しやすいです。

 

派遣看護師は体力的・精神的な負担が少ない

派遣看護師は体力的・精神的な負担が少ない

比較的責任感が軽く、楽な気持ちで取り組めるというメリットもあります。

 

40代になると体力的な衰えも出てくるので、時間を選んで働けるような職場にしたほうが良いでしょう。

 

 

 

まとめ

まとめ

看護師としてブランクがあるからといっても、転生や復職に絶対的に不利というわけではありません。

 

探してみれば、年齢を活かして働ける職場があるでしょう。また、各都道府県のナースセンターが行っている復職支援制度を利用すれば、研修やセミナーに参加することができるので、そちらも利用してみることをオススメします。

 

40代だからといってあきらめることなく、ぜひ看護師転職サイトなどを利用しながら自分に合った職場を見つけてみましょう。

 

次へ
ポイント

看護師求人サイトは全国に50社以上存在しています。良い看護師サイトもあれば、悪徳な看護師サイトもありますので、「看護師が選んだ看護師求人サイト口コミランキング」をチェックすることと、必ず3社以上の複数登録をすることが、転職成功の秘訣です。

 

1位・看護のお仕事

看護のお仕事

地方にも都心部にも強く、また医療専門で行っている求人サイト!

みんなの口コミ

2位・マイナビ看護師

マイナビ看護師

転職のプロ!マイナビグループが運営!スピードを求める方はココ!!

みんなの口コミ

3位・ナースフル

ナースフル口コミ

転職といえばリクルート!やっぱりナースフルが一番!?

みんなの口コミ


看護師転職サイト口コミランキング
LINE看護師パンダスタンプ

■看護師求人サイト転職口コミ「看護師パンダ」コンテンツ

看護師求人サイト転職口コミ集、「看護師パンダ」にお越しいただいてありがとうございます。看護師転職の役に立つ情報を日々更新しています。

看護師転職サイト徹底比較ランキング
看護師求人サイト一覧
看護師転職人気病院
看護師のキャリアアップ資格
看護師転職体験談
看護師求人条件で探す
年代別看護師転職
看護師パンダ