結婚後の看護師が復職に失敗しないための事前準備と家庭との両立

結婚後の看護師が復職に失敗

結婚は、女性における人生の大きなライフイベントの1つです。そのため、そこで結婚を機に看護師としての働き方を考え直す人が少なくありません。結婚は配偶者と二人で生活を新たに始めることです。そのためにこれまで自分一人で生活をしてきたのとは大きく異なります。

 

自分の意志でシフトや休日を決めてきたかもしれませんが、今度は配偶者と合わせたり、相談する必要だってありますね。女性の社会進出は今やあたり前になっていますが、男性の中には、結婚をしたら、家庭に入って家を守って欲しいと考える人だっているかもしれません。そのようにして看護師をいったん止めて家庭に入る人だっているでしょう。

 

しかし、家庭の事情で経済的に働く必要が出てくると気だってありますよ。また結婚をした時に転居するために仕事を辞めたけれど、また転居先で仕事をしたいという人もいるはずです。結婚後に再就職する理由は様々ですが、いずれにせよ結婚後の看護師が再就職を行うにあたっては、事前に考慮しておかなければならなポイントがあります。

 

結婚してからブランクが長い場合は事前準備が必要

結婚してからブランクが長い場合は事前準備

結婚してから、しばらくブランクを経て再就職に至る看護師は沢山います。

 

その場合、肝心の看護技術に関しても、毎日業務として従事している人と、休業していた人では差が現れやすいですし、新たに導入されるようになった医療機器や薬品などに関しても、就職してから勉強するようでは周囲に迷惑をかけかねません。

 

復職支援制度を利用する

復職支援制度を利用する

結婚後など、ブランク期間をあけて看護師として復帰する希望がある人に対しては、復職支援制度などを用意している医療機関が増えてきています。

 

規模の大きい医療機関では、こういった制度を取り入れて、優秀な看護師をどんどん雇用したいと考えていますので、自分のブランク中の技術や知識を取り戻すためにも、こういった制度のある医療機関や転職支援を行っている施設などが開催しているセミナーなどに出向いてみるとよいでしょう。

 

即戦力になるための努力をアピールする

即戦力になるための努力をアピールする

就職活動を行う時でも、面接でブランクに関してはほぼ確実に質問をされます。結婚前は優秀な看護師として勤務していた人であっても、結婚後にいざ仕事を始めるとなると、採血や注射、衛生管理など、様々な業務の内容やコツを忘れていることが多いです。

 

そのため、面接でブランクについて聞かれたときには、即戦力として従事できるかどうか、そのために努力していることなどを具体的に答えられるようにしたほうがよいでしょう。

 

具体的な復職準備については転職サイトに相談を

具体的な復職準備については転職サイトに相談を

ブランク期間は短いほうが復帰しやすくなりますが、やむを得ず長期的に休業していた場合などは、勉強しなければならないこともたくさんあります。そのため、まずは転職サイトの担当者などに相談して、具体的に復帰するための準備について教えてもらうというのもよいでしょう。

 

転職サイトでは、休業期間のある看護師の転職のサポートも多く行っていますので、必要な知識や受けたほうがよい研修などの案内をしてもらえます。

 

病院選びは妊娠・出産を視野に入れておく

結婚後にしばらく子供を作る予定がないという人は、就職に関しても躊躇することが無く、自分からどんなところでも選びやすいかもしれません。しかし、子どもはできたタイミングで産むという看護師もいるはずです。

 

いずれにしても、結婚後に復職した看護師は、妊娠・出産を視野に入れて病院探しをする必要があります。

 

いつ妊娠してもいいような心構えでいる

いつ妊娠してもいいような心構え

どこの病院でも看護教育というのを入職時から行います。そのために再就職の場合でもきっとそれを受けるはずです。

 

ある程度教育を受け、即戦力として働いて妊娠という形をとるのが理想的ですが、妊娠はタイミングよく訪れるわけではありません。時には、結婚してすぐに妊娠という場合もあるかもしれません。

 

しかし一旦結婚後に復職をする場合には、出産のタイミングや、育休の取り方など視野に入れて考えておいた方がいいでしょう。

 

デメリットになりそうなことも素直に伝えておいた方がいい

デメリットになりそうなことも素直

病院としては中途採用者に期待するものの1つとして即戦力をあげることが多いです。そのために、復職をするとすぐに責任あるポジションになってしまうこともあるのです。

 

もしも出産を視野に入れておくならば、その旨を伝えておくと、お互いに気持ちよく働くことが出来るのではないでしょうか。

 

また、自分自身も新しい環境の中でストレスが多いですが、始めから妊娠・出産を視野に入れておくと、今後の働き方を見据えて、その病院の勤務に入っていくことが出来るはずです。

 

家庭との両立を考える

家庭との両立を考える

結婚をするということは自分が家庭を持つということうです。これまで独身で自由気ままに働いて来た時とは異なり、配偶者ともに生活をします。二人を家を守るために、掃除をしたり、洗濯をしたり、また料理を作ることも大切な役割です。

 

もちろん最近では家事の出来る男性も増えましたし、出来る方がすればよいという考えの男性で積極的に参加してくれることもあるでしょう。

 

しかし、結婚退職後の看護師の復職にあたっては、家事との両立をあらかじめ考えておかなければなりません。

 

 

夜勤がある病院に再就職した場合

夜勤がある病院に再就職した場合

看護師の仕事というのは、病棟勤務で常勤になると夜勤をしなくてはいけないということもあります。夜勤をするということは手当がアップするので、給料が増えることが期待できますね。

 

また、結婚をしてから、出産までに出来るだけ今後の貯蓄をためておくということもできるのです。そのために子どもが出来るまで夜勤をしたいと希望して病棟勤務になる人もいるはずです。反対にきちんと家庭のこともしたいからと、夜勤のない仕事を選ぶ人もいるでしょう。

 

希望のライフスタイルができる病院探しを行う

希望のライフスタイルができる病院探し

朝出勤して、夕方には帰宅する、そして配偶者と生活のスタイルを同じにして歩んでいくという人もいるはずですね。どちらの働き方にも正解はありません。また看護師の働き方としてはどちらも可能です。ただ復職について考える時には、どちらにするかによって、病院の選び方が大きく異なるでしょう。

 

もしも看護師としてバリバリ働きたい、そして常勤で夜勤もこなしたいという場合は、大きな病院の病棟も視野に入れることができます。

 

また夜勤はできれば避けたい、そして残業も出来るだけ避けたいという看護師の場合には、クリニックや総合病院でも夜勤のない外来棟が向いているかもしれません。

 

まとめ

まとめ

結婚退職後に再び就職する場合は、妊娠・出産・家庭との両立などを考慮し、長期的なスパンの人生設計をたてた上で病院探しを行うことが大切です。

 

また、ブランクが長い場合には、事前にそのブランクを補うための準備も必要です。看護師は、女性特有のライフステージに合わせて働き方を変えることができる非常に恵まれた職種です。

 

ぜひこの特権を利用して、新たな看護師人生をスタートさせるようにしましょう。

 

次へ
ポイント

看護師求人サイトは全国に50社以上存在しています。良い看護師サイトもあれば、悪徳な看護師サイトもありますので、「看護師が選んだ看護師求人サイト口コミランキング」をチェックすることと、必ず3社以上の複数登録をすることが、転職成功の秘訣です。

 

1位・看護のお仕事

看護のお仕事

地方にも都心部にも強く、また医療専門で行っている求人サイト!

みんなの口コミ

2位・マイナビ看護師

マイナビ看護師

転職のプロ!マイナビグループが運営!スピードを求める方はココ!!

みんなの口コミ

3位・ナースフル

ナースフル口コミ

転職といえばリクルート!やっぱりナースフルが一番!?

みんなの口コミ


看護師転職サイト口コミランキング
LINE看護師パンダスタンプ

■看護師求人サイト転職口コミ「看護師パンダ」コンテンツ

看護師求人サイト転職口コミ集、「看護師パンダ」にお越しいただいてありがとうございます。看護師転職の役に立つ情報を日々更新しています。

看護師転職サイト徹底比較ランキング
看護師求人サイト一覧
看護師転職人気病院
看護師のキャリアアップ資格
看護師転職体験談
看護師求人条件で探す
年代別看護師転職
看護師パンダ