潜在看護師からパートで病院に復職する職場の選び方から面接まで

潜在看護師からパートで病院に復職する

潜在看護師がブランクを開けて仕事に復帰するという時には非常に勇気がいります。これまで臨床から離れていたので、自分がいない間にどのように医療は変わっているのかまた看護の質も高くなってきているだろうことが想像できるので、それについていくことが出来るかどうかが不安の対象になります。

 

そして潜在看護師の中には、家庭や子育ての都合もあるので、はじめは正職員としてではなくパートタイムの勤務で復帰をしたいという人も少なくありません。パートタイムの仕事は時短勤務をすることができますし、病院での仕事も常勤と協力して働くことが出来るので、復帰しやすい勤務の仕方なのです。また、この勤務での様子を見ていずれは常勤看護師を考えているという人も少なくありません。

 

それでは、潜在看護師からパートとして復職するにあたり、復職先選びから面接に至るまでどのようなポイントに注意していくべきなのか見ていきましょう。

 

潜在看護師がパート復帰する時の職場の選び方

職場の選び方

潜在看護師からパートとして看護師に復帰する場合、復帰先の選び方ですがまず一番手っ取り早い方法としては以前勤めていた職場に出戻りするというものです。

 

正規雇用の場合、以前と同じ立場で復帰できるとは限りませんが、パートとしてであれば雇ってもらえる余地は高いので特に問題がないようであれば以前勤めていた職場に復帰をすると良いでしょう。

 

潜在看護師が出戻りするメリット

潜在看護師が出戻りするメリット

出戻りする利点としては一から全てを覚え直す必要がなく、以前の経験をそのまま活かすことができるというものがあります。次に人間関係も働いている人が大きく変わっていなければ、すんなりと職場に馴染むことができますから復帰をしやすいものです。

 

潜在看護師の場合、ブランクがあることに対して不安を感じる人が多いものですが過去に勤めていたことがある職場であればブランクを取り戻すまでの時間も短くて済みますから、喧嘩別れをするようなやめ方をしたというのでなければ以前勤めていた職場で空きがないか相談をしてみると良いでしょう。

 

出戻らない場合は研修制度が整っている病院へ

出戻らない場合は研修制度が整っている病院へ

以前勤めていた職場に空きがなかった、あるいは喧嘩別れをするような形で辞めたので戻りづらいという時には他の職場を探すことになりますが、そのような場合には潜在看護師向けの研修や復職セミナーといったものがある職場を選ぶと働きやすくなります。研修制度が充実していればブランクを十分に埋めてから働いていくことができるので、潜在看護師の大きな不安材料である空白期間が仕事に影響を与えないかという部分を解消することができます。

 

パートに対しても手厚い研修制度を取ってくれる職場というのは、それだけ看護師のことをよく考えてくれている職場である場合が多いのでそのような面でも復帰先としては適当な職場と言えるでしょう。

 

2.潜在看護師がパート復帰する時の履歴書の書き方

パート復帰する時の履歴書の書き方

潜在看護師が復帰を考えた場合、就職先を探すと同時にまず履歴書を作成しなくてはいけません。この履歴書には、これまでの学歴、そして職歴を記載します。

 

職歴の場合は職務経歴書として提出を求められることもあるので、病院名と診療科を記載するだけでも構いません。また資格の欄には、看護師免許をかくことはもちろん車の免許やそのほ

かの免許全てを記載するといいでしょう。

 

事前に自己分析をしておくこと

事前に自己分析をしておくこと

自分の長所や短所を記入する欄もあります。自分を客観的に見て記入することは難しいことですが、就職先にアピールするために、自己分析をしてしっかり記入する必要があります。

 

また短所となるところも記入をしましょう。その他特技もあれば書くといいです。

 

自由記載欄に書く内容

自由記載欄に書く内容

自由記載出来る場所には、病院を希望した理由や勤務の条件、希望をかくことができます。すべてをかききることは難しいですが、ある程度自分の譲れないと思う条件は相手に伝えるために記入した方がいいです。潜在看護師の中には、これは書かない方がいいのではないか、これをかくと不利になるのではないかと思う人がいます。

 

しかし、潜在看護師の希望と病院のミスマッチを防ぐためには、具体的な記入も大切になります。

 

自分で書いた内容は全て把握しておくこと

自分で書いた内容は全て把握しておくこと

提出書類で一次選考が行われ、二次選考で面接を行うことが多いですが、基本的にこの履歴書をもとに質問を受けたり、確認をされることが少なくありません。

 

そのために自分でもしっかりかいた内容を覚えておき、面接で相手に伝えられるようにしておくことが大切です。

 

潜在看護師がパート復帰する時の面接のポイント

潜在看護師がパートとして復帰するということは、非常勤の看護師となることです。

 

非常勤という人材がどういった役割を期待されているのかを把握しておけば、面接もぐっと通りやすくなります。

 

パートの看護師に求められる役割

パートの看護師に求められる役割

病院は、医師と看護師とその他スタッフによるチーム体制で仕事をしています。シフトを上手く組み合わせて、多数の患者や仕事量をこなしていけるように維持しています。

 

しかし、医療の現場なので緊急の患者が入ったり、医師や看護師がかかりきりになるほどではないが、専門の知識と経験を備えた人材に助けて欲しいときに潜在看護師上がりのパートがいてくれた方が、人員に余裕が生まれます。

 

ですので、主力の補助要因として活躍してくれる人材が求められるのです。

 

協調性と社交性をアピールする

協調性と社交性をアピールする

潜在看護師が面接を受けるときにまず大事にしたいのが、協調性と社交性、実務経験です。病院側は今すぐヘルプとして入ってくれるような人間が欲しいので潜在看護師を募集しています。つまり、人間を一から教育している余裕がないということです。そのため、初日からでも仕事の役に立てるだけの知識と能力がないと、パートではあまり採用されません。

 

実務経験が少ない、もしくはブランクが長いと厳しいですが、現役時代にどういった仕事をしていたかをアピールできれば充分挽回できます。リーダーの職になくても、急な患者への対応に追われたときにどうしたのか、どういった点で役に立てるのかを積極的に発言していきましょう。

 

まとめ

まとめ

潜在看護師が復帰をするときの最大の障壁というのが、空白期間を埋めることができるかという本人の不安が大きいものですから、その不安を取り除いてくれる環境にある職場を復帰先として選ぶことが重要となります。不安を取り除いてくれる環境の職場となれば、以前まで勤めていた職場であったり研修制度が充実している職場だったりするので、まずはこのあたりから求人を探して看護師として復帰をする職場を選んでみるのが最適です。

 

病院でパートとして復職すれば将来の幅も広がりますので、今後キャリアアップを検討している方は特に、まず病院のパート看護師として復職することをオススメします。

 

ポイント

看護師求人サイトは全国に50社以上存在しています。良い看護師サイトもあれば、悪徳な看護師サイトもありますので、「看護師が選んだ看護師求人サイト口コミランキング」をチェックすることと、必ず3社以上の複数登録をすることが、転職成功の秘訣です。

 

1位・看護のお仕事

看護のお仕事

地方にも都心部にも強く、また医療専門で行っている求人サイト!

みんなの口コミ

2位・マイナビ看護師

マイナビ看護師

転職のプロ!マイナビグループが運営!スピードを求める方はココ!!

みんなの口コミ

3位・ナースフル

ナースフル口コミ

転職といえばリクルート!やっぱりナースフルが一番!?

みんなの口コミ


看護師転職サイト口コミランキング
LINE看護師パンダスタンプ

■看護師求人サイト転職口コミ「看護師パンダ」コンテンツ

看護師求人サイト転職口コミ集、「看護師パンダ」にお越しいただいてありがとうございます。看護師転職の役に立つ情報を日々更新しています。

看護師転職サイト徹底比較ランキング
看護師求人サイト一覧
看護師転職人気病院
看護師のキャリアアップ資格
看護師転職体験談
看護師求人条件で探す
年代別看護師転職
看護師パンダ