育児中の潜在看護師の復職にオススメの病院とは

育児中の潜在看護師の復職

育児と仕事を両立させるのはそう簡単なことではありませんた。無理をし過ぎることによって、確実にどこかにしわ寄せがくるようになるからです。

 

それは子供に寂しい思いをさせることになってしまったり、栄養のバランスを考えた食事を作ることが出来なかったりと、いろんなところにしわ寄せが来ます。出来るだけプライベートの時間も大事にしたいのであれば、看護師に復職をする時には、育児と仕事を両立しやすい制度を整えている病院に復職するようにしましょう。

 

復職支援研修を導入している病院へ復職する

潜在看護師が病院へ復職する場合、教育制度やサポート体制が整っている、復職支援制度がある病院を選んだほうが良いです。

 

病院によっては入職前に医療や看護知識に関する講義、注射や採血、バイタルチェックなどの演習などを受けることができます。教育制度が整っている職場を選ぶことができれば、ブランクからの復帰の不安を軽減することができます。

 

すべて教えてもらおうという受け身の姿勢ではいけませんが、自分から積極的に技術力を磨くように構えていれば、スムーズに仕事を思い出せるでしょう。

 

ブランクがある潜在看護師にや心強いプリセプター制度

ブランクがある潜在看護師

プリセプター制度は先輩看護師が新人看護師をマンツーマンで指導することで、これをブランクありの看護師にもつけてくれるというものです。

 

こういったサポート体制が整っているのは、総合病院や大学病院などの大規模な病院が多いです。クリニックなど個人経営の病院だと看護師の人数が少ないため、そこまでじっくり教育してもらえない可能性があります。

 

ブランクが長いほど初心に帰る必要がある

ブランクが長いほど初心に帰る

3年未満のブランクであれば、少し体を動かすだけで昔の勘が戻ってきます。3年以上5年未満になるとあやしくなり、5年以上10年未満では勘を取り戻すのにだいぶ時間がかかります。

 

10年以上ブランクがある場合には、昔の技術では古くなっている可能性もありますし、勘を取り戻すのも容易ではありません。

 

5年以上ブランクがある場合は高度な医療技術が不要な施設へ

5年以上ブランクがある場合

潜在看護師のブランクが5年以上ある場合は、いきなり急性期病棟などで働き始めると混乱する可能性が高いので、教育体制が整っている療養型病棟やリハビリテーション病棟などがある病院を探したほうが良いでしょう。

 

子育て支援制度を導入している病院へ復職する

子育て支援制度を導入している病院へ

民間病院に比べると、国立病院や公立病院は子育て支援制度が充実しています。子どもが小さいけれども働きたい、という看護師にとって、働きやすい環境を整えています。

 

子育てと両立しながら働く必要のある潜在看護師は、子育て支援制度が充実している病院へ復職することをオススメします。例えば、育児短時間勤務制度、育児休暇制度、保育施設の完備、などがそれにあたります。実際、これらを利用して仕事と育児を両立できているママさん看護師も多いのです。

 

育児短時間勤務制度について

育児短時間勤務制度

育児短時間勤務制度は、子どもが小学校に入学するまで、勤務時間を自分の都合に合わせて調整できる制度です。病院によって導入されているかは変わってきますが、子育てが落ち着くまで等の間、時間を短縮して働くことが出来るような制度です。

 

勤務時間を短縮することが出来れば、子供を保育園に迎えに行く時間にも間に合うようになりますし、子供の習い事にも付き合うことが出来るでしょう。さらには公園に付いて行って一緒に遊ぶことも出来ます。

 

育児短時間制度のほかにも、子育てのための休業、休暇制度も充実している病院もあります。また病院託児所を病院内設置していて、送り迎えしながら働けるようになっているところもあります。これらの子育て支援制度は男性でも取得可能になっているので、男性看護師の子育て環境も充実していると言えます。

 

妊娠中の勤務形態を考慮してもらうこともできる

妊娠中の勤務形態を考慮

妊娠中の勤務に際しても、時間外勤務や休日・深夜勤務をしないように請求することが可能です。

 

これは労働基準法で決められているので公立、国立病院に限った話ではありませんが、民間では明確に守られていないところもあります。

 

子育て世代の看護師が多くいる病院だと安心して働ける

子育て世代の看護師が多くいる病院だと安心

可能であれば、家庭と育児を両立する必要のある潜在看護師は、自分と同じように子育て経験があって制度を利用することに理解を示してくれる職場を選んだほうが良いでしょう。

 

過去に自分たちも子育てをして、それがどれくらい大変だったかを知っている看護師が多い職場だと、制度を利用しても後ろめたさを感じなくて済む可能性が高いです。

 

自分が優先するべきことを明確にする

自分が優先するべきことを明確

看護師の仕事はシフト制によって勤務が決まるような病院もあります。シフト制の場合は、一カ月のうちに数回という休みは決まっていたとしても、土日が休めない場合もあります。交代で土日の休みを取ることが出来るのかを確認しておいた方がいいでしょう。

 

土日の休みがなければ、家族との時間がとれなくなります。土日に出勤すれば時給がアップするとう風になっていたとしても、お金よりも家族との時間を優先したいのであれば、一度立ち止まるべきです。

 

夜勤をするのであれば二交替制の病院を選ぶこと

夜勤をするのであれば二交替制の病院

交代制の場合は、生活のリズムを作りにくくなりますので、体への負担は大きくなります。特に三交代の場合には、体が付いて行かなくなる場合がありますので、慣れるまでは相当しんどいはずです。

 

体力に自信がない人の場合は、無理をしてもいけませんので、三交代の勤務は選ばないようにして、リズムを作りやすい勤務を選びましょう。

 

まとめ

まとめ

育児と仕事を両立させていく必要がある潜在看護師には、できれば研修制度と育児支援制度の両方が整備されている病院へ復職することをオススメします。

 

そのような病院を自分で探すのが難しい場合は、看護協会が主催しているeナースセンターや看護師転職サイトを利用していくようにしましょう。それらには沢山の求人情報が掲載されていますので、必ずあなたに合った病院を見つけることができるはずです。

 

次へ
ポイント

看護師求人サイトは全国に50社以上存在しています。良い看護師サイトもあれば、悪徳な看護師サイトもありますので、「看護師が選んだ看護師求人サイト口コミランキング」をチェックすることと、必ず3社以上の複数登録をすることが、転職成功の秘訣です。

 

1位・看護のお仕事

看護のお仕事

地方にも都心部にも強く、また医療専門で行っている求人サイト!

みんなの口コミ

2位・マイナビ看護師

マイナビ看護師

転職のプロ!マイナビグループが運営!スピードを求める方はココ!!

みんなの口コミ

3位・ナースフル

ナースフル口コミ

転職といえばリクルート!やっぱりナースフルが一番!?

みんなの口コミ


看護師転職サイト口コミランキング
LINE看護師パンダスタンプ

■看護師求人サイト転職口コミ「看護師パンダ」コンテンツ

看護師求人サイト転職口コミ集、「看護師パンダ」にお越しいただいてありがとうございます。看護師転職の役に立つ情報を日々更新しています。

看護師転職サイト徹底比較ランキング
看護師求人サイト一覧
看護師転職人気病院
看護師のキャリアアップ資格
看護師転職体験談
看護師求人条件で探す
年代別看護師転職
看護師パンダ