看護師がミスから立ち直る、単純だが行ってほしい方法

ミスから立ち直る、単純だが行ってほしい方法

仕事中に起こってしまったミスで落ち込んでしまってもすぐにでも立ち直らなければならないのが看護師です。もしいつまでも落ち込んだ気持ちを引きずってしまいがちなら、振り返ってミスが起こった原因を探ってみるようにしましょう。ミスによって落ち込んだ気持ちから立ち直るためのアプローチとして、その一切の事実を忘れようと努力する人もいます。

 

しかし、ミスを忘れようと思えば思うほど記憶に定着してしまいやすいのが人の特徴であり、ミスを忘れようとしているうちはなかなか立ち直ることができません。

 

それでは看護師が自分のおかしてしまったミスから立ち直るためには、どのような行動を起こしていくべきなのか見ていきましょう。

 

1.ミスで落ち込んだら信頼できる人に話す

ミスで落ち込んだら信頼できる人に話す

人は完璧な仕事をできるわけではありません。

 

仕事中にミスをしたらなんとかして立ち直らなければ次の仕事に支障が生じてしまいがちあり、そのときに役立つのが信頼できる人にその内容を打ち明けることです。

 

話す相手は慎重に選ぶこと

話す相手は慎重に選ぶこと

仕事中に何を考えていてどのような判断で何をしたのかということを克明に話をするには相手に対する信頼性が欠かせません。看護師の仕事は人命に関わる場合もあるため、内容によっては相手から非難を受ける場合もあるでしょう。

 

しかし、看護師の事情をよく理解していて、自分自身にも理解の深い信頼できる人が相手であればその非難を受ける心配もありません。同じように看護師として働いている人で信頼できる人がいればそれに越したことはないでしょう。

 

相談相手は看護師にこだわる必要はない

相談相手は看護師にこだわる必要はない

相談する相手は看護師であることに必ずしもこだわる必要はなく、家族や親友のように悩みがあったら打ち明けられる人なら誰でも構いません。

 

仕事の内容をきちんと理解していてアドバイスをくれるような人である必要は必ずしもないからです。

ただ話をしっかりと聞いて真摯に受けとめてくれる相手であれば問題ありません。

 

話しながら客観的に状況を整理する

話しながら客観的に状況を整理

信頼できる人に話すことの最大の目的は、仕事中に考えたことと行ったことを克明に思い出して整理することです。相手に内容が伝わるように順序立ててミスが起こった流れを説明しなければならないため、必然的に細かな部分まで熟考する必要が生じます。

 

もし理解し難い点があれば、相手から質問をしてもらえるでしょう。そのやり取りを通して気づいていなかった点が浮き彫りにされてきて、何が原因で失敗に至ってしまったのかが理解できます。そして、そうならないためにはどうしたら良いのかという対策も浮かび上がってくるでしょう。

 

真摯に話を聞いて理解しようとしてくれる信頼できる人に話をすれば完璧な状況整理が実現できます。これが信頼できる人に話すことの本質なのです。

 

振り返りながら次の対策を考える

振り返りながら次の対策を考える

看護師の仕事は完璧であることが望まれるのは確かであり、僅かに配慮が欠けてしまっただけで患者の容態が悪化してしまったり、医師が誤診をしたりすることにつながってしまいます。

 

看護師にとって重要なのはたとえそれで落ち込んだとしても立ち直りを早くすることでしょう。頭の中で状況整理が完了すれば、それは終わったこととして捉えて前に進む気持ちが生まれてきます。同じ失敗を繰り返さないための具体的な方法も携えて仕事に戻っていくことができるでしょう。

 

仕事中のミスから立ち直りながら、次の仕事に生かせる考え方を生み出すのに役立つのが信頼できる人に話すという方法なのです。

 

2.ミスで落ち込む期限をしっかり決める

ミスで落ち込む期限をしっかり決める

ミスをしてしまったら、長期間に及びダラダラと引きずってしまうのは厳禁です。

 

落ち込む期限を決めて気持ちを切り替えられるようにするのが立ち直るために必要な視点になります。

 

気持ちを切り替える強さも大切

気持ちを切り替える強さも大切

ミスをした後に、どの程度の期間は落ち込んでいていいかと考えると難しいのも事実です。看護師の仕事は次々にやってくるため、理想的にはその日のうちには解決してしまわなければなりません。

 

しかし、そんなに簡単に立ち直れるのなら苦労しないのも事実でしょう。慣れないうちは長めに設定して週明けまでとし、慣れてきたら翌日の仕事開始までと決めるのが良い方法です。

 

さらに慣れてきたら一日のスケジュールの中で大きく仕事内容が変わるポイントまでとすると仕事に支障がなくなっていきます。期限を決めておくと本当に辛かったときにはその時点を境にして気持ちが切り替えやすくなりますが、それほど辛くなかったときにはなぜ落ち込んでいたんだろうと疑問に思

えるようにすらなるでしょう。この考え方に慣れてくると仕事中のミスから立ち直るのに期限を設定することすら時間の無駄と考えるようになってきます。

 

次の仕事を始めるまでにさっと気持ちが切り替えられるようになって、多少のことでは動じい看護師として周囲からも注目されるようになるのです。

 

立ち直るタイミングは自分で決められる

立ち直るタイミングは自分で決められる

ミスが重大になる可能性があるとはいえ、人はミスをするものであるという気持ちも持つことは大切です。

 

看護師だからミスをしてはならないと考えるのではなく、ミスをしたら落ち込むことにして、元に戻るタイミングを決めておきましょう。

 

3.ミスに至った原因と今後の対策を明確にする

ミスに至った原因と今後の対策

看護師としてミスを悔やむ気持ちは大切ですが、それよりも重要なのはミスを繰り返さないことであると認識することが大切です。

 

ミスは誰もがするものであると受け入れてしまい、繰り返さないための対策を立てるという前向きな姿勢を作るようにすると気持ちの切り替えができるようになるのです。重要になるのは状況整理であるとまずは心がけましょう。どのような情報が与えられていて、何を考えて何をしたのがミスとなったのかを整理することがスタート地点です。

 

自分には直接関係がなかったとしても他人事にしない

他人事にしない

ミスの原因を振り返ると、看護師としての自分には落ち度がなかった可能性すら浮かび上がってくるでしょう。しかし、たとえ自分に落ち度がなかったとしても、同じ医療現場にいる以上は看護師としてどのような方法でミスを防げるかを考えておくのが重要です。

 

また、明らかに自分に落ち度があった場合には、何を行っておけば同じミスを繰り返さないで済むかを考えましょう。

 

経験豊富なベテラン看護師を頼る

今後の対応策が思い当たらない場合には人に相談することも大切です。経験豊富なベテラン看護師に相談すれば、普段から当たり前のように予防策を行っている場合もあります。

 

また、文献を探して同じようなミスについての報告があるかどうかを探ってみるのも良い方法です。原因と対策が明らかになれば、同じミスは二度としないという気持ちが前面に出るようになり、気分も一新して仕事に臨めるようになります。

 

落ち込んだ気持ちを速やかに払拭しながら、これからの仕事に役立てていく方法として実践してみましょう。

 

まとめ

まとめ

仕事の中で大小のミスをしてしまうのは人だから当然のことですが、立ち直れずにいると仕事に対するモチベーションが失われていってしまいます。看護師は仕事でミスをすると患者が重篤な状況に陥る場合もあるため、些細なミスが命取りになるのも事実です。

 

それがたとえ一大事にならなかったとしても、もう少しひどいミスをしたり、他の人のカバーがなかったりしたら取り返しの付かない状況になっていたという場合もあるでしょう。

 

そういったときに落ち込むのは当然であり、落ち込まないようにしようと考えるのが無理だと決めてかかることも重要です。そして、ミスをした後に大切なのはこれ以上同じことを繰り返さないことです。そのためにもここに挙げたことを参考にして一歩一歩ミスから立ち直っていきましょう。

 

 

次へ
ポイント

看護師求人サイトは全国に50社以上存在しています。良い看護師サイトもあれば、悪徳な看護師サイトもありますので、「看護師が選んだ看護師求人サイト口コミランキング」をチェックすることと、必ず3社以上の複数登録をすることが、転職成功の秘訣です。

 

1位・看護のお仕事

看護のお仕事

地方にも都心部にも強く、また医療専門で行っている求人サイト!

みんなの口コミ

2位・マイナビ看護師

マイナビ看護師

転職のプロ!マイナビグループが運営!スピードを求める方はココ!!

みんなの口コミ

3位・ナースフル

ナースフル口コミ

転職といえばリクルート!やっぱりナースフルが一番!?

みんなの口コミ


看護師転職サイト口コミランキング
LINE看護師パンダスタンプ

■看護師求人サイト転職口コミ「看護師パンダ」コンテンツ

看護師求人サイト転職口コミ集、「看護師パンダ」にお越しいただいてありがとうございます。看護師転職の役に立つ情報を日々更新しています。

看護師転職サイト徹底比較ランキング
看護師求人サイト一覧
看護師転職人気病院
看護師のキャリアアップ資格
看護師転職体験談
看護師求人条件で探す
年代別看護師転職
看護師パンダ