看護師の海外留学。有給インターシップ制度と医療英語取得について

海外留学で看護師がキャリアアップ

看護師の中には、一旦職場を離れて海外留学をする人が数多く見られます。その理由としては、看護師は一旦職場を離れたとしても、またすぐに戻ってくることができるからではないでしょうか。

 

人生は一度きりですし、看護師である特権を活かして、留学に挑戦するのは非常に素晴らしいことです。

 

もちろん、ワーキングホリデーのように留学を通して休暇をとるのも1つですが、せっかくなら今後のキャリアに活かせるような海外留学をしてみるのも良いのではないでしょうか。

 

有給インターシップ制度を利用した海外留学

有給インターンシップの特徴は看護師または看護助手として海外の病院で働く経験を積めることです。

 

プログラムの種類にも様々なものがあり、力量と目的、行きたい国に応じた選択をすることができます。もともとそれほど語学力がない場合には語学学校で研修を受けてから現場に出るという仕組みのプログラムを利用できるでしょう。

 

看護学校に通って現地の看護について勉強をしながら、現場でも実際に働いて実務経験も積めるという形のプログラムを提供している場合もあります。

 

その国で働く証明書と資格が必要

その国で働く証明書と資格が必要

有給で働けるのは現地での生活費用に困らないために重要な点であり、プログラムへの参加費用だけ工面できればインターンシップの給料で十分に生活できるようになっているのが一般的です。

 

ただし、大半の国では現場で働くために資格や証明書の取得をする必要があります。日本での現場経験があるとはいえ、国によって必要とされている知識やスキルにも違いがあり、看護師としての権限の広さも異なります。

 

永住権取得のチャンスにも繋がる!

永住権取得のチャンスにも繋がる!

実際に働いてみて、この国で看護師として活躍していきたいと考えたらすぐにでも踏み出すことができるのです。

 

ただし、国によって就労ビザが取得できるかどうかや、永住権を獲得できるかどうかには違いがあるので注意しておきましょう。概して看護師不足の国が多いことから、永住権の取得もできる国は少なくありません。

 

医療英語取得のための海外留学

医療英語取得のための海外留学

国際化が進む中、日本の病院で働いている看護師でも医療英会話を学ぶ必要性を痛感している人も少なくないのではないでしょうか。

 

実際、医療英会話を短期集中で学ぶために海外留学をする人も少なくありません。アメリカやイギリス、カナダなどの国では、そのような人達に向けた医療英会話を学ぶ制度が充実しており、毎年多くの日本人看護師が留学をしています。

 

また、英語圏の学校に留学することで得られる英語力は現場で活用するのに適したもので実践的であることから、ただ独学で学ぶよりも使いやすい英語力を身につけることができるでしょう。

 

短期間で効率的に医療英語を学ぶことができる

短期間で効率的に医療英語を学ぶ

アメリカやカナダを中心としていくつかの国の語学学校や行われているキャリプログラムであり、看護師だけでなく医師や臨床検査技師、学生なども参加することが可能です。

 

病気や治療、看護などに関わる表現を学ぶためのカリキュラムが組まれているのが特徴であり、現場で実際に使用できる表現を習得することに特化しています。

 

学校によって授業期間は異なりますが、4週間から16週間程度のプログラムとなっているのが一般的であり、短期間の留学で飛躍的に現場で使える英語を身につけたいという看護師に適しています。

 

医療英会話を極めたければ看護学校へ留学を

医療英会話を極めたければ看護学校

現場に近い場所で看護留学を行いたいと考えたら、海外の看護学校に留学するという方法もあります。

 

語学留学とは異なり、専門の能力を身につけてその国で看護師として働けるようになるための資格を習得することを目的とするものです。世界的にも看護師は不足している傾向があるため、オーストラリアやニュージーランド、カナダなどの各地で留学プログラムが作られています。

 

資格を取得することによってその国で看護師として働くというキャリアパスを描くこともでき、国内の病院で英語力のある人材として重宝される道を選ぶことも可能です。

 

また、空港などで働く道も選べるようになるほどの実用性が高い医療英語のレベルに達することができるのが看護学校への留学として注目されています。

 

まとめ

まとめ

目の前の仕事をしていて良いのかという疑問を持ったときに、学を考えてキャリアアップを目指してみるのは看護師にとって大きな飛躍をもたらす可能性がある選択肢です。

 

留学をするのは大きなハードルと考えてしまいがちですが、看護師の場合にはいくつもの留学の選択肢を選ぶことができます。

 

キャリアアップの方法まとめ

キャリアアップの方法まとめ

一方、スキルアップのために看護留学をするという選択肢も看護師にはあります。海外で実務経験をするには現地での資格が必要になるのが一般的ですが、日本である程度の勤務経験があると現地の人よりも少ない講義や実習を受けるだけで資格が得られる国が増えてきました。

 

現地の看護学校や大学に数週間から半年程度通うだけで資格が取得可能であり、そのままインターンを受けられる留学プログラムも提供されています。

 

別の病院で新しい技術を学ぶのはキャリアアップの方法として有用ですが、その現場が海外の病院であることで飛躍的なレベルアップを望めるでしょう。スキルの習得と同時に現場で必要な英語によるコミュニケーション能力を育み、医療のあり方の国家間での違いについても実体験を持って知ることができます。

 

すぐに実務に生かせる能力が身につくだけでなく、将来的に目上の立場に立ったときには医療のあり方について考えるための糧にすることができます。

 

次へ
ポイント

看護師求人サイトは全国に50社以上存在しています。良い看護師サイトもあれば、悪徳な看護師サイトもありますので、「看護師が選んだ看護師求人サイト口コミランキング」をチェックすることと、必ず3社以上の複数登録をすることが、転職成功の秘訣です。

 

1位・看護のお仕事

看護のお仕事

地方にも都心部にも強く、また医療専門で行っている求人サイト!

みんなの口コミ

2位・マイナビ看護師

マイナビ看護師

転職のプロ!マイナビグループが運営!スピードを求める方はココ!!

みんなの口コミ

3位・ナースフル

ナースフル口コミ

転職といえばリクルート!やっぱりナースフルが一番!?

みんなの口コミ


看護師転職サイト口コミランキング
LINE看護師パンダスタンプ

■看護師求人サイト転職口コミ「看護師パンダ」コンテンツ

看護師求人サイト転職口コミ集、「看護師パンダ」にお越しいただいてありがとうございます。看護師転職の役に立つ情報を日々更新しています。

看護師転職サイト徹底比較ランキング
看護師求人サイト一覧
看護師転職人気病院
看護師のキャリアアップ資格
看護師転職体験談
看護師求人条件で探す
年代別看護師転職
看護師パンダ