現役ママ看護師が実感!特別養護老人ホームで働くメリット・デメリットとは

現役ママ看護師が実感!特別養護老人ホーム

今まで病院でバリバリ働いていたけれど、子供が生まれたことを機に「夜勤ができない」「遅くまで残業できない」など色々な理由で働けなくなってしまい「特養で働いてみようかな?」と考えるママ看護師の方は多いのではないでしょうか。

 

その背景にはおそらく、「特養は日勤だけだし、楽なんじゃないか?」という思い込みもあるでしょう。

 

しかし、仕事というのはメリットばかりではありません。必ずデメリットもあります。今回は、特養で働くママ看護師向けにメリット・デメリットを紹介したいと思います。

 

ママ看護師が特別養護老人ホームで働くメリット

特養はほとんど日勤のみの求人が多いです。これは、看護師が特養を選ぶ理由の中で一番大きく占めている部分でしょう。日勤だけということで、私生活でのメリハリも付き、身体も無理なく働くことができます。

 

子供の保育園のお迎えだって日勤だけだったら対応できます。小さい子供さんがいるとまず夜に家を空けることが難しいことが多いので、日勤だけで働ける魅力は大きいものでしょう。子供と時間を過ごすことが大いにできるのが特養(日勤だけの仕事)の魅力ですよね。

 

そして、日勤シフトであること以外にも、ママ看護師が特養で働くメリットは沢山存在します。

 

体力面の負担が少ない

体力面の負担が少ない

特養は、介護職員がメインの職場になるので、看護師が入浴介助や排泄介助などに入ることはほとんどありません。身体介助は身体も負担ですし重労働ですがそれらの業務がないので身体的に楽です。これも特養ならではと言えるでしょう。

 

場合によっては看護師が介護業務を行うこともある

看護師が介護業務を行う

特養の看護師が介護業務を担う場面もまったく0ではありません。場合によっては実施することもあるのでそこは注意をしておきましょう。

 

 

また、食事介助も基本は介護職員が実施しますが、食事介助が難しい利用者さんの介助は看護師が実施することもあります。シーツ交換や、環境整備(利用者の居室清掃)なども介護職員が実施しますので看護師は実施しません。  

 

ゆとりある環境の中で働くことができる

ゆとりある環境の中で働くことができる

特養は、病院のように「何時に検査だしをして、何時までに〇〇をする。」といった時間でバタバタ動くことはほとんどありません。バイタルサインも病院のようにすべての利用者を検温に回るということもありませんし、処置も介護職員ができるものもあるのでそこまで多くはありません。

 

せいぜい褥瘡の処置であったり裂傷などの深い傷や包帯のまき直しなど介護職員ではできない処置は看護職員で実施します。うまく時間配分をすればゆとりをもって業務にあたれます。これも、特養の業務が身体的に楽な理由の1つになるでしょう。

 

ママ看護師ならではの優しさを発揮できる現場である

ママ看護師ならではの優しさを発揮できる現場である

病院のように治療が終了したら退院していくような短いスパンでのお付き合いではなく、何年もしくは何十年ものお付き合いをすることになります。その中で色々なことがあったりするので利用者本人・家族との信頼関係は濃厚になっていきます。 もちろん自分が何もしないで信頼関係を築くことはできないですので、日々かかわりを大切にし、より深い関係を持てることよって、何かあった時に親身に聞き、対応することができます。

 

そして最期の時(看取り)にもこの信頼関係ができていることでお互いいい状態でいられることができるのです。ママ看護師はやはり子供を育てているという点から、優しさをもっている人が多いです。その優しさを十分発揮できる場所であるといえるでしょう。  

 

一緒に働くスタッフにママ看護師が多い

一緒に働くスタッフにママ看護師が多い

一般の病院の場合、「子供がいようといまいと関係ない。」という厳しい環境の中で仕事をされていたと思いますが、特養の看護師さんはママ看護師が以外に多く、もちろん子育てをある程度卒業したママ看護師も多数いることが多いため、子供さんが小さく熱などをよく出してしまっても「この時期は大変だからね。」「無理しないでね。」と理解してくれる看護師が多いのです。

 

普段から丁寧な対応を心掛けておけばみんな協力してくれる

普段から丁寧な対応を心掛けておけばみんな協力してくれる

私自身も子供がまだ小さかった時、よく保育園から「熱が出てしまったのでお迎えに来てください。」と連絡が入ることが何度もありましたが、「しょうがないわよ。早くお迎えに行ってあげて。」と快く送り出してくれたことが多かったです。

 

ただ、私もそれに甘えてばかりではいけないと思い、近所の友達にお願いしたりして何とかその時期を脱しました。何も対策を考えずに甘えてばかりはよくないですが、しっかりとした対応をしていれば、理解してくれる看護師は多いので無理なく働くことができます。

 

日勤シフトだけにも関わらず給料が高い

日勤シフトだけにも関わらず給料が高い

施設にもよるかもしれませんが、特養の看護師は正社員でだいたい年収で450万以上はもらえます。役職がつけば500万越えすることもあります。もちろん日勤だけでこれだけのお給料がもらえるのは結構ポイント高いと思います。

 

業務内容からしても、かなりいい条件でこのお給料をもらえるのであれば、子供さんにお金がかかるのでかなり割に合った仕事なのではないでしょうか。  

 

ママ看護師が特別養護老人ホームで働くデメリット

ママ看護師が特別養護老人ホーム

上記ではメリットを6つ挙げましたが、少しでも特養の魅力が伝わったでしょうか。

 

しかし、冒頭でもお話ししましたが、仕事にはメリットばかりではなく必ずデメリットもあります。この項ではデメリットの部分をお話ししたいと思います。  

 

勉強が大変

勉強が大変

特養はご存知のように医者が常駐していません。ましてやすぐに採血やレントゲンなどの検査ができるわけでもありません。いかに自分の今までの経験を生かして利用者の状態の判断をしていかなくてはなりません。

 

そのため、あまり知識がなかったり外科しかわからない、内科しかわからないだと少し苦労するでしょう。

 

子供の面倒を見ながら勉強をしなければならない・・・

子供の面倒を見ながら勉強をしなければならない・・・

様々なジャンルの経験をしていない方は自身で勉強をしていかなければならないと思います。そうなると、お子さんがいる中で勉強をしていかなくてはならないため、時間を見つけて夜勉強するなどしないといけない状態になります。  

 

特養での看護(医療)業務は、病院と違い、最先端医療ではありません。そのため、新しい医療に対しては自身で情報を取ったり、勉強していかないと遅れます。まして、ママ看護師は仕事だけでなく家事・育児もやらなくてはいけない中そこまで目が届くかと言ったら相当努力しないと厳しいものがあると思います。

 

日曜日、祝日、年末年始などの出勤がある

日曜日、祝日、年末年始などの出勤がある

特養のシフトが日勤だけなのはいいのですが、施設は病院同様、24時間運営していますので日曜・祝日、大型連休なども普通に出勤しなくてはなりません。

 

子供がいるのである程度の配慮はしてくれるとは思いますが、すべて出勤しないというのは難しいでしょう。そのため、休日に関しては、どのくらい出勤できるのかをしっかり上司と相談をしていく必要があります。  

 

夜勤がない代わりにオンコール対応が必要な場合もある

夜勤がない代わりにオンコール対応が必要な場合もある

特養の看護師は、夜間出勤はしませんがオンコール対応がある施設もあります。夜間に電話がかかってくるので指示出しをしたりします。

 

そうなると、熟睡できなかったり、電話の音で子供を起こしてしまったする可能性があります。オンコールをすることでお給料としては発生しますが、体力や気になって精神的に疲れてしまう可能性があります。  

 

看護師としての腕が落ちる

看護師としての腕が落ちる

看護業務も採血や注射などほとんど実施しないため、腕が落ちる可能性があります。まして、産休や育休などでいったん現場から離れてしまうことでも多少なりとも腕が落ちることもありますが、特養ではなおさらあり得ます。

 

また、処置も清潔・不潔操作がいまいち病院と比べてしまうとレベルが下がるため入職当初は「これはまずいな。」という気持ちでいるのですが、慣れというものは恐ろしく「特養はホームだしこんなもんだろう。」という気持ちに変化しやすいのです。

 

そうなると病院でせっかく学んできたものも衰えてくる可能性があります。そうならないためにも、許せる範囲はどこまでなのかをしっかり看護職員同士で話し合い、決めていく必要性があります。

 

まとめ

まとめ

いかがでした。たデメリットの部分では、自分自身だけでなく、家族にも影響がある部分もあることが分かったのではないでしょうか。ママ看護師が、特養への転職を考える際には、メリットの部分と照らし合わせてみるとどちらがご自身のライフスタイルに合っているのか、天秤にかけてみてください。

 

ママさんになってもナースして働きたいと思う気持ちは本当に素晴らしいことですし、ママ看護師ならではの気持ちの優しさ、強さは十分発揮できるのが特養です。 私も子供が3人いますが早9年特養の看護師として勤務しています。もちろんメリット・デメリットがある中で働いていますが、メリットの部分が大きいのでここまで長く続けていけることができているのでしょう。ママ看護師でも働ける場所は必ずあります。特養に少しでも興味を持ってくださったら是非自分に合う特養を探してみてはいかがでしょうか。

 

次へ
ポイント

看護師求人サイトは全国に50社以上存在しています。良い看護師サイトもあれば、悪徳な看護師サイトもありますので、「看護師が選んだ看護師求人サイト口コミランキング」をチェックすることと、必ず3社以上の複数登録をすることが、転職成功の秘訣です。

 

1位・看護のお仕事

看護のお仕事

地方にも都心部にも強く、また医療専門で行っている求人サイト!

みんなの口コミ

2位・マイナビ看護師

マイナビ看護師

転職のプロ!マイナビグループが運営!スピードを求める方はココ!!

みんなの口コミ

3位・ナースフル

ナースフル口コミ

転職といえばリクルート!やっぱりナースフルが一番!?

みんなの口コミ


看護師転職サイト口コミランキング
LINE看護師パンダスタンプ

■看護師求人サイト転職口コミ「看護師パンダ」コンテンツ

看護師求人サイト転職口コミ集、「看護師パンダ」にお越しいただいてありがとうございます。看護師転職の役に立つ情報を日々更新しています。

看護師転職サイト徹底比較ランキング
看護師求人サイト一覧
看護師転職人気病院
看護師のキャリアアップ資格
看護師転職体験談
看護師求人条件で探す
年代別看護師転職
看護師パンダ