空港看護師の仕事内容と採用を勝ち抜く方法について

空港看護師の仕事内容と採用を勝ち抜く方法

空港施設で働くことに興味や憧れを抱く看護師は多いでしょう。

 

しかし、実際に空港施設で働く看護師の仕事内容まで把握している人は少ないのではないでしょうか。

 

ここでは看護師が働く職場の中でもかなり特殊である空港看護師の仕事内容や、狭き門を勝ち抜くための自己PRポイントについてお伝えしていきます。

 

空港で働く看護師の仕事内容

空港で働く看護師の仕事内容

空港施設で働く看護師はクリニックと検疫官の二通りがありますが、どちらの場合にも最少の人数で現場が切り盛りされているため、自分で判断して結論を出し、行動に移さなければならない場合が多いのが特徴です。

 

空港内クリニックの場合

空港内クリニックの場合

空港内クリニックでは通常の街中にあるクリニックとは違って、もともと病気を持っていて診療を受けに来るというケースはありません。

 

旅行の途中やフライトの最中に体調が優れなくなってしまったときに訪れるのが空港内クリニックの特徴です。そのため、大多数の患者については軽微な体調不良であり、医師による簡単な問診と薬の処方で解決してしまうことがほとんどです。

 

求められるスキルはバイタルチェックと採血

求められるスキルはバイタルチェックと採血

空港内クリニックの場合、検温と採血程度が看護師に求められる能力であり、基本的な看護スキルがあれば仕事自体は務まります。

 

しかし時には、もともと持病を持っていて、それが発症してしまって訪れるというケースや、極めて容態が重いもののとりあえずクリニックに来たというケースもときどきあります。このような場合には基本的に近くの病院に搬送してしまうため、高いレベルの看護が要求されることはまずありません。

 

内科全般の知識は持っておく必要がある

内科全般の知識は持っておく必要がある

空港クリニックの場合、1人や2人しか看護師がいないケースが多いため、多くの現場で分担して行われている作業を一手に担わなければなりません。

また、総合的な診療を行うクリニックである場合が多いため、内科以外の診療科での浅く広い経験が重要になります。

 

検疫官の場合

検疫官の場合

検疫官の看護師は、感染リスクの高い地域へ旅行する人に予防接種を行ったり、帰国して病気の疑いのある人の検査を行ったりするのが主な業務になります。

 

これに加えて、健康相談も行うのが検疫官の特徴です。国外で病気にかかってしまって不安に思っていたり、虫さされなどによって感染を心配したりしている人の相談を受ける仕事があります。

 

狭き門を勝ち抜くための自己PRポイント

狭き門を勝ち抜くための自己PRポイント

空港施設で看護師として働きたいと考えると狭き門になります。募集数がもともと少ないので激戦区になりがちであり、求人募集があっても採用されるのは大抵1人だけです。

 

その採用試験で合格するために重要になるポイントの一つが自己PRです。現場で必要とされている人材であることを主張できるようにしましょう。以下に空港で働く看護師の自己PRポイントについてまとめています。

 

  • 英語力
  • 看護師少人数体制での現場経験
  • 世界情勢への関心度

 

看護師としての基礎能力はもちろんのこと、空港看護師ならではの英語力やコミュニケーション能力がアピールポイントになるようです。

 

最も重要視されるのは英語力

最も重要視されるのは英語力

看護師と空港で働際に最も重要視されるのが英語力です。客観的な指標としてTOEICやTOEFLのスコアが高いと書類審査では優遇される可能性があります。しかし、スコアが高くても実際に話せない人は意外に多いものです。

 

そのため、海外留学の経験などによって、実践レベルの英会話が可能であれば、狭き門をくぐりぬけられる可能性は上がります。

 

たとえ短期留学であったとしても、海外にある程度の期間滞在したことがあると流暢に会話ができるようになるものであり、現場で英会話が必要になったときに活躍できる人材として着目してもらえるようになるでしょう。

 

医療英語ができればなおよし

医療英語ができればなおよし

看護師になってから看護留学をした経験があると医療英語も使った会話が可能であると捉えてもらえるはずです。空港を利用する人の大半は日本人であっても、外国人旅行客も多数います。

そのときに共通語として利用できる英語は大きな力になります。

 

中国語や韓国語もポイントが高い

中国語や韓国語もポイントが高い

近年増加している中国人や韓国人の旅行客への対応も必要になるため、中国語や韓国語などの英語以外の言語を操れるならしっかりとPRしておくと良いでしょう。

看護師少人数体制での現場経験

看護師少人数体制での現場経験

空港内のクリニックには看護師の数が少ないのが一般的です。病院なら分担して作業をしている内容であっても一人でほとんどをこなさなければならない場合もあります。

 

広く作業が行えるのは空港施設のクリニックで働くためには欠かせない点であり、少人数の現場での経験があればより有利になるでしょう。大病院で高度な医療に携わってきたことよりも、日常的な疾患に関わってきたクリニックでの現場経験の方が重宝されます。

 

世界情勢への関心度

世界情勢への関心度

世界各国から人が行き来する場所であるため、患者とのコミュニケーションの上では世界への興味が重要になります。

 

また、各国で蔓延している病気についての知識も現場で役立つものであり、世界にいつも目を向けていて興味関心が高いことを具体的な最近の事例をもって説明できるようにしておくとアピール力が高いでしょう。

 

まとめ:日本で一番英語力が発揮できる現場かも?!

日本で一番英語力が発揮できる

英語力という特技を持ちつつ、その特技を国内で持て余している看護師も少なくないのではないでしょうか。国内には英語力が活かせる現場は多数ありますが、その中でも、空港施設が一番、英語力を活かせる現場であることは間違いないでしょう。

 

また、空港で世界中の人達と触れ合うことで自分自身の視野も更に広がるはずです。狭き門ではありますが、挑戦してみる価値は充分にあるはずです。

 

次へ
ポイント

看護師求人サイトは全国に50社以上存在しています。良い看護師サイトもあれば、悪徳な看護師サイトもありますので、「看護師が選んだ看護師求人サイト口コミランキング」をチェックすることと、必ず3社以上の複数登録をすることが、転職成功の秘訣です。

 

1位・看護のお仕事

看護のお仕事

地方にも都心部にも強く、また医療専門で行っている求人サイト!

みんなの口コミ

2位・マイナビ看護師

マイナビ看護師

転職のプロ!マイナビグループが運営!スピードを求める方はココ!!

みんなの口コミ

3位・ナースフル

ナースフル口コミ

転職といえばリクルート!やっぱりナースフルが一番!?

みんなの口コミ


看護師転職サイト口コミランキング
LINE看護師パンダスタンプ

■看護師求人サイト転職口コミ「看護師パンダ」コンテンツ

看護師求人サイト転職口コミ集、「看護師パンダ」にお越しいただいてありがとうございます。看護師転職の役に立つ情報を日々更新しています。

看護師転職サイト徹底比較ランキング
看護師求人サイト一覧
看護師転職人気病院
看護師のキャリアアップ資格
看護師転職体験談
看護師求人条件で探す
年代別看護師転職
看護師パンダ