企業看護師への転職に有利!衛生管理者の資格取得について

企業看護師への転職に有利

看護師が企業で働きたいと考えた際に有用な資格となるのが衛生管理者です。衛生管理者は50人以上の従業員を抱えている場合には一人は設置しなければならないと定められており、ほとんどの企業には1人以上の衛生管理者が置かれていると考えて良いでしょう。仕事の内容の中心となるのは従業員の健康管理や職場の労働環境の改善です。

 

必ずしも看護師として企業に就職する際に衛生管理者の資格が必要なわけではありませんが、採用の際に有利になるのは確かです。

 

1.衛生管理者の役割とは

衛生管理者の役割とは

衛生管理者は産業医や産業保健師などと協力しながら、事業所における健康管理などの仕事を行っていきます。

 

また、昨今メンタルヘルスについても重要視されるに至っており、衛生管理者の資格の重要性は増してきています。職場で必ず配置が義務づけられる場合があり、このときには衛生管理者の有資格者の配置をしていることを必ず労働基準監督署に報告しなければいけません。

 

また、ただ単に配置をしているだけではなく、従業員の健康管理や健康維持に関する教育なども手がける場合があり、産業保健師と産業

看護師とで協力していくこともあります。

 

2.衛生管理者の資格には二種類ある

衛生管理者の資格には二種類

一般的にどの事業所においてもある程度の地位で管理的な立場の人が職場の衛生管理者に選任されているケースがほとんどです。衛生管理者に選任されるためには国家資格で

ある一種・二種または衛生工学衛生管理者の免許を持つ人である必要があります。

 

二種は事務作業など危険を伴わないような職場にのみ選任可能な資格で、一種・衛生工学は工場や鉱山、海底トンネル掘削現場などの危険な作業を伴う現場で必要な資格です。

 

実務経験がなければ取得はできない資格

実務経験がなければ取得はできない資格

衛生管理の仕事は人命にかかわるゆえ、衛生管理者免許の試験を受けるためには一定の経験や専門的な知識が必要です。

 

つまり、あまり実務経験のない人が安易に免許が取得できないようになっているのです。看護師の立場で3年以上実務験がある人であれば、衛生管理者の国家試験を受験することができます。

 

3.企業における衛生管理者の必要性について

企業における衛生管理者

事業所には必ず衛生管理者の配置が必要ですから、職場から有資格者は重宝されることとなります。そもそもこの配置が求められる根拠は労働安全衛生法と同規則に基づくも

のであって、法令により必ず配置しなければいけないものです。したがって、必ずその必要性を求められるわけです。

 

産業医が常駐できない現場では特に欠かせない存在

産業医が常駐できない現場では特に欠かせない

産業医を常勤で雇用できるところはそれほど多くはありません。そのような事業所においては衛生管理者が対応に当たっていきます。すなわち、産業医が常駐していない職場の健康管理をしっかりと行うためには、衛生管理者の存在が欠かせないのです。

 

また、衛生管理者は法令でも配置が義務づけられている以上、賃金などの労働条件でも優遇される傾向にあるものとなっています。

 

4.衛生管理者の資格取得方法とポイント

衛生管理者の資格取得方法

受験するための要件として労働衛生の実務経験が必要になりますが、その実務内容として看護師としての臨床経験が該当しています。

 

学歴に応じて必要な実務年数が異なりますが、大学や専門学校を卒業している場合には1年の実務経験で済むため、まずは病院に就職して現場に出たという人であれば衛生管理者の資格を取得することが可能になります。

 

転職を有利にしたいなら「第一種」を取得しよう

転職を有利にしたいなら「第一種」

労働衛生、労働整理及び関連法令に関する試験に合格すれば取得できるため、企業への転職を考えているなら短期集中で勉強して取得を目指すのは良い判断でしょう。厳密には第一種と第二種の分類があり、必要とされることが多いのは第一種の資格です。

 

衛生管理者を転職に役立てようと考えるなら第一種の受験が必要になると覚えておくことが大切です。

 

地道に勉強していくしかない

地道に勉強していくしかない

合格率はおよそ50%であり、決して簡単な試験ではありません。しかし、仕事の合間を縫って覚えることを覚えてしまえば合格できる試験であるため、地道に勉強するのが得策です。

 

現場で身につけた知識生かせる部分もあるため、看護師として働きながらでも休日を使って少しずつ勉強を進めれば誰でも合格は可能でしょう。

 

記憶力が合格の鍵を握っている?!

記憶力が合格の鍵を握っている

記憶力が豊かな20代のうちに勉強しておいた方が有利なのは確かであり、将来的に産業界で働こうという気持ちがあったら早めに勉強を始めておくのが得策です。

 

出産や育児の合間を縫って勉強するのも時間を有効活用する方法であり、復職の際に産業看護師として働く道が切り開けるでしょう。

 

まとめ:取得するに値する資格!

取得するに値する資格

看護師の中でも企業看護師は非常に人気の高い職種です。そのため、転職するにも倍率が高く、泣く泣く諦めている人も少なくありません。

 

しかし、予め衛生管理者の資格を取得しておけば自分が即戦力であることをアピールできるポイントになりません。簡単に取得できる資格ではありませんが、「絶対に企業看護師になりたい!」とい看護師の方には、ぜひ取得していただきたい資格です。

 

次へ
ポイント

看護師求人サイトは全国に50社以上存在しています。良い看護師サイトもあれば、悪徳な看護師サイトもありますので、「看護師が選んだ看護師求人サイト口コミランキング」をチェックすることと、必ず3社以上の複数登録をすることが、転職成功の秘訣です。

 

1位・看護のお仕事

看護のお仕事

地方にも都心部にも強く、また医療専門で行っている求人サイト!

みんなの口コミ

2位・マイナビ看護師

マイナビ看護師

転職のプロ!マイナビグループが運営!スピードを求める方はココ!!

みんなの口コミ

3位・ナースフル

ナースフル口コミ

転職といえばリクルート!やっぱりナースフルが一番!?

みんなの口コミ


看護師転職サイト口コミランキング
LINE看護師パンダスタンプ

■看護師求人サイト転職口コミ「看護師パンダ」コンテンツ

看護師求人サイト転職口コミ集、「看護師パンダ」にお越しいただいてありがとうございます。看護師転職の役に立つ情報を日々更新しています。

看護師転職サイト徹底比較ランキング
看護師求人サイト一覧
看護師転職人気病院
看護師のキャリアアップ資格
看護師転職体験談
看護師求人条件で探す
年代別看護師転職
看護師パンダ