正社員として働く看護師のメリット3つ!勤務形態に悩む人必見です

正社員として働く看護師のメリット3つ

 

 看護師は、自分が望むライフスタイルによって勤務形態を自由に選ぶことができる職種です。「派遣」「パート」「契約」「正社員」など、それぞれにメリット・デメリットがありますが、このページでは多くの看護師が一度は経験する「正社員ならではのメリット」に焦点を当てていきます。

 

様々ある勤務形態の中でも、正社員の場合は色んな意味で「安定」が得られる働き方であることがよく分かるはずです。

 

手厚い福利厚生が受けられる

手厚い福利厚生が受けられる

通常、正社員で看護師として働く場合には手厚い福利厚生を受けることができます。

 

手厚い福利厚生が受けられるのには、以下のような3つの背景があるのです。

 

  • 看護師の重要性が尊重されているだから
  • 看護師は出来るだけ長く働いてほしい存在だから
  • 女性が多い職場だから

 

ブラック企業などについて叫ばれる現代社会において、看護師のように手厚い福利厚生が受けられる機会は少ないのかもしれません。

 

看護師の重要性が尊重されている

看護師の重要性が尊重されている

看護師の仕事は患者や高齢者の生活そのものに大きな影響を与えます。その責任の重さが重圧になってしまうこともあるでしょう。

 

そして、、看護師1人1人がその重圧に負けずに質の高い看護が実施できる職場環境を整えるのが、経営者の役割なのです。

 

仕事に集中できる環境作りをサポート

仕事に集中できる環境作りをサポート

病院側が各種手当を充実させたり、休日を取る保証を与えたり、利用できるサービスを豊富にしたりすることで、看護師は仕事に集中しやすくなります。

 

例えば、安く利用できる寮などを用意することで、長時間勤務や夜勤の負担を軽減できるように配慮されているのです。

看護師に出来るだけ長く働いてほしいと思っている

看護師に出来るだけ長く働いてほしいと思っている

医療や介護の需要が高まっている影響を受けて、全国的に人材不足が起こっています。

 

そのため、少しでも良い待遇で迎え入れる体制を作り上げて、一人でも多くの人材を確保しようという動きが強混ているのが現状です。つまり、看護師にとっては望ましい状況が生まれていると言えるでしょう。

 

女性が多い職場だから

女性が多い職場だから

女性は出産や育児のために働きたくても働き続けられない状況になりがちになります。

 

しかし、たとえそのような状況にあっても、現場に復帰して欲しいという望みが雇用者側にはあり、それが福利厚生の手厚さに反映されているのです。

 

子育てしやすい環境は必須

子育てしやすい環境は必須

産休や育休が取りやすくなっているのは基本であり、その際に手当も支給するのが一般的になっています。復職を容易にするために病院では院内に託児施設を用意していることも多くなりました。

 

そうでない場合でも近隣の保育園に優先して子供を預けられるように提携をしていることが一般的になってきているのが現状です。

 

リストラの心配がない

リストラの心配がない

不況の影響を受けて営利目的の企業の多くではリストラが行われる状況が続いていましたが、そのような状況にあっても看護師はむしろ不足によって様々な施設から人材が渇望されています。

 

これは、正社員看護師として仕事をするメリットとして一考の価値がある点です。

 

看護師は不況のあおりを受けない

看護師は不況のあおりを受けない

世界的な経済状況は企業活動に大きな影響を与えるものであり、景気が低迷してしまうと多くの企業では収入が減少するのが一般的です。これは一般人による消費が減少するためであり、その損失を補うために企業では支出を減らさなければなりません。

 

その結果として高価な人件費を削減する方向性が注目され、リストラが行われることになります。一人解雇するだけで年間の支出が数百万円のオーダーで減少するため、企業にとってメリットの大きい決断なのです。しかし、看護師が必要とされる現場として典型的な医療や介護の業界は世の中の景気の影響をほとんど受けないのが特徴です。

 

どんな状況でも病人の数は一定?

景気がいかに悪くても病気になってしまえば医者に診てもらうことになり、高齢になって身の回りの世話を受ける必要が生まれたら介護を受けるようになります。

 

その現場で活躍する看護師は常に需要があるため、景気が低迷したとしても現場で働き続けることができるのです。

 

リストラどころか転職にも困らない

リストラどころか転職にも困らない

人材が溢れていればより優秀な人材を求めてリストラを行う状況が生まれる可能性はあります。しかし、高齢化や生活習慣病の流行の影響を受けて医療や介護の業界は社会的需要が高まる一方となっているのが現状です。

 

そのため、看護師の人材不足はどの地域においても問題視されている状況が続いてきており、リストラの心配もなければ、就職や転職にも困らない状況ができています。

 

看護師の需要は今後も高まるばかり

看護師の需要は今後も高まるばかり

団塊の世代と呼ばれる高度経済成長期に活躍した人たちが高齢者に仲間入りする時期に入ってきているため、看護師の需要はさらに加速度的に上昇することが予想されます。

 

そのため、必要とされて職場を離れないで欲しいと言われるることはあっても、仕事を辞めるように働きかけられてしまう心配はありません。

 

家族を養える経済力がある

家族を養える経済力がある

看護師としての働き方には様々なものがありますが、もし一人で働き手になって家族を養わなければならない状況になったとしても、正社員看護師であればでしっかりとした収入を得ることができます。

年収700〜800万を目指すのはそれほど難しくない

年収700〜800万を目指すのはそれほど難しくない

本当に家族を養わなければならない状況になり、育ち盛りの子供を数人抱えていたとしても、それに見合う年収を目指すことも可能です。

 

キャリアアップを行っていくことで昇進すれば年収で700万円から800万円程度まで増やすことはそれほど難しくはありません。

 

CRCや美容クリニックで年収1000万も夢じゃない

CRCや美容クリニックで年収1000万も夢じゃない

仕事の種類を選べば年収1000万円を目指すことも可能です。例えば、CRC(治験コーディネーター)として活躍していけば年収は飛躍的に上昇する傾向があり、年収1000万円の壁を突破することも可能です。

 

また、美容クリニックは顧客獲得の努力を続けることで、同様の年収を手に入れられる職場として知られています。

高収入を手に入れらるのは人一倍の努力が必要

人一倍の努力が必要

看護師として高収入を目指すにはそれなりの努力が必要です。寝る間も惜しんで仕事をしたり、仕事のために必要になる勉強をしたり、人脈を広げて将来に備えたりすることが大切になるからです。

まとめ:安定を手にいれたいなら正社員!

安定を手にいれたいなら正社員

正社員看護師として働けば、「手厚い福利厚生」「リストラの心配をする必要がない安定した立場」「家族を養える経済力」が手に入るわけですから、働く上で「安定」を最重要視するのであれば、やはり正社員として働くのが一番良いと言えるでしょう。

 

また、正社員として働くのは責任も負担も大きいですが、その代りパートや派遣では得られない「やりがい」も感じることができます。現在、看護師としての「働き方」を検討されている方は、今一度自分が仕事に求めるものを明確にして、選択していくようにしましょう。

 

次へ
ポイント

看護師求人サイトは全国に50社以上存在しています。良い看護師サイトもあれば、悪徳な看護師サイトもありますので、「看護師が選んだ看護師求人サイト口コミランキング」をチェックすることと、必ず3社以上の複数登録をすることが、転職成功の秘訣です。

 

1位・看護のお仕事

看護のお仕事

地方にも都心部にも強く、また医療専門で行っている求人サイト!

みんなの口コミ

2位・マイナビ看護師

マイナビ看護師

転職のプロ!マイナビグループが運営!スピードを求める方はココ!!

みんなの口コミ

3位・ナースフル

ナースフル口コミ

転職といえばリクルート!やっぱりナースフルが一番!?

みんなの口コミ


看護師転職サイト口コミランキング
LINE看護師パンダスタンプ

■看護師求人サイト転職口コミ「看護師パンダ」コンテンツ

看護師求人サイト転職口コミ集、「看護師パンダ」にお越しいただいてありがとうございます。看護師転職の役に立つ情報を日々更新しています。

看護師転職サイト徹底比較ランキング
看護師求人サイト一覧
看護師転職人気病院
看護師のキャリアアップ資格
看護師転職体験談
看護師求人条件で探す
年代別看護師転職
看護師パンダ