「日勤のみ」で働きたい看護師にオススメの職場3選と転職注意点

「日勤のみ」で働きたい看護師にオススメ

看護師と言えば「夜勤」のイメージが強いですが、日勤のみで働くこともできます。

 

もし、結婚や妊娠などライフステージの変化によって家族のために退職しなければならない状況になったら、「日勤のみ」で働く働く道を考えてみるのが得策です。「普通」の生活リズムで仕事と家事とを行っていくことができれば、看護師を辞めなくても済む人は多いはずです。ここでは、家庭を持つ看護師が「日勤のみ」のシフトで働けるオススメの職場や転職注意点についてお伝えしていきます。

 

「日勤のみ」であれば無理なく家庭と仕事を両立できる

「日勤のみ」であれば無理なく家庭と仕事を両立できる

子供が少し大きくなり、保育園などに預けられるようになったら、子供がいない時間帯は看護師として働くことができます。

 

病院によっては院内託児所があり、通勤の際に子供を連れて来て、日勤を終えたら一緒に帰るというリズムで働くこともできます。病院によっては、日勤のみを希望する人のことを考えて優先的に院内託児所や近隣の保育園に預けられるように配慮してくれるケースもあります。

 

円満な夫婦生活にも繋がる

円満な夫婦生活にも繋がる

日勤のみの勤務帯で働けば、パートナーと同じ生活リズムを送ることができ、円満な夫婦生活を送れることにも繋がるでしょう。夜勤がある不規則な生活では、どうしてもパートナーとすれ違うことが多くなり、喧嘩などが多くなってしまうことも考えられます。

 

また、このように子供が生まれる前から日勤で働くようにしておけば、現場でも日勤の看護師としての位置づけが保たれるため、職場復帰の際にためらいをもたないで済むでしょう。

 

子供がいるときに特に役立つのが「日勤のみ」で働くという選択肢ですが、計画的に将来のことを考えて結婚を機会に「日勤のみ」のシフトへ切り替えるのは非常に得策だと言えます。

 

看護師が「日勤のみ」で働ける職場は?

看護師が「日勤のみ」で働ける職場

日勤のみのシフトで働ける看護師の職場はクリニック、老人介護施設、訪問看護ステーションが一般的です。

 

勤務時間帯はその営業時間によって異なるため、夜勤がなくても早朝や夜の勤務が必要になる場合がある点には注意しましょう。

 

また、サービスの多様性が著しいのがクリニックや介護センターの現状であり、各施設の特徴を比較をして自分の生活スタイルにあった日勤ができる職場を選ぶように心がけると良いでしょう。

 

クリニックの看護師の特徴

クリニックの看護師の特徴

クリニックで働く看護師に求められるのは「即戦力」です。なぜなら、クリニックは総合病院のような教育を実施する余裕はないため、最初からある程度の看護技術が備わっている必要があるのです。そのため、育児などで長いブランクがあり看護技術などに自信を持てない看護師の転職先にはあまり向きません。

 

また、クリニックの看護師は看護業務以外にも、備品の管理や掃除や受付まで幅広い役割が求められます。さらに、クリニックの場合は来院する患者を「ゲスト」として扱うため、総合病院よりも丁寧な接遇を心がける必要があります。

 

老人介護施設の看護師の特徴

老人介護施設の看護師の特徴

老人介護施設には、「特別養護老人ホーム」「サービス付き高齢者向け住宅」「軽費老人ホーム」「介護保険施設」など様々な種類がありますが、共通しているのは「高度な看護技術は不要」というポイントです。

 

また、パートであっても正社員であっても残業は少ない傾向にあり、子育て中のママ看護師が多く働いている現状があります。いわゆる「身の回りの世話」は介護士が中心となって行ってくれるため、看護業務に専念することができ働きやすい職場ではありますが、看護技術レベルを落としたくない人には不向きな職場です。

 

訪問看護ステーションの特徴

訪問看護ステーションの特徴

訪問看護ステーションは、利用者の自宅に基本的に1人でまわりますから、やはりある程度の臨床経験はあった方がいいです。

 

基本的には日勤のみの業務となりますが、事業所によっては夜間の「オンコール」に看護師が交代で対応しなければならないこともあります。そのため、もし家族の事情などで自宅でのオンコール対応が難しいのであれば、求人情報をしっかり確認しておくようにしましょう。訪問看護ステーションでも即戦力が求められますが、最近では新卒の看護師を積極的に受け入れている事業所もあり、教育体制が充実していることもあります。

 

夜勤シフトがある施設で働く際の注意点

夜勤シフトがある施設で働く際の注意点

夜勤シフトがある病院の外来や病棟においても日勤のみ」で働くことも可能です。

 

しかし、その際は、将来的に夜勤も担って欲しいと要求される場合もあることを念頭に置いておきましょう。また、夜勤がないことに負い目を感じてしまうようになると仕事に対する意欲が低下してしまうリスクも有るでしょう。そのため、今後はずっと「日勤のみ」で働きたいと考えるのであれば、最初から夜勤がそもそも存在していない施設を選ぶことをオススメします。

 

職場選びは看護師転職サイトの利用がオススメ

日勤のみで働く場合は、看護師の選択肢が非常に限られてしまいます。そのため、職場探しの際には「看護師転職サイト」を利用するようにしましょう。「日勤のみ」で働きたいと考える看護師は、家庭の事情も様々考慮しなければなりません。

 

転職サイトには多数の求人案件がありますから、自分の条件に当てはまった職場を多数見つけられる可能性が高くなります。看護師転職成功の鍵は「どれだけ多くの情報量を収集できたか」というポイントにもありますから、ぜひ積極的に活用してみてください。

 

まとめ:夜勤がないのはやっぱり嬉しい

「看護師の仕事は好きだけど、夜勤は嫌い」という看護師は多いです。

 

しかし、そのような人であっても看護師資格1つあれば、どこでもいつでも「日勤のみ」のシフトで働くことができます。看護師として長く楽しく働き続けるために、ライフスタイルを考慮して自分に合った働き方を選ぶのは非常に大切なことです。

 

特に家庭を持つママ看護師の皆さんは、「日勤のみ」のシフトとして、無理なく仕事と家庭を両立していくことをオススメします。

 

次へ
ポイント

看護師求人サイトは全国に50社以上存在しています。良い看護師サイトもあれば、悪徳な看護師サイトもありますので、「看護師が選んだ看護師求人サイト口コミランキング」をチェックすることと、必ず3社以上の複数登録をすることが、転職成功の秘訣です。

 

1位・看護のお仕事

看護のお仕事

地方にも都心部にも強く、また医療専門で行っている求人サイト!

みんなの口コミ

2位・マイナビ看護師

マイナビ看護師

転職のプロ!マイナビグループが運営!スピードを求める方はココ!!

みんなの口コミ

3位・ナースフル

ナースフル口コミ

転職といえばリクルート!やっぱりナースフルが一番!?

みんなの口コミ


看護師転職サイト口コミランキング
LINE看護師パンダスタンプ

■看護師求人サイト転職口コミ「看護師パンダ」コンテンツ

看護師求人サイト転職口コミ集、「看護師パンダ」にお越しいただいてありがとうございます。看護師転職の役に立つ情報を日々更新しています。

看護師転職サイト徹底比較ランキング
看護師求人サイト一覧
看護師転職人気病院
看護師のキャリアアップ資格
看護師転職体験談
看護師求人条件で探す
年代別看護師転職
看護師パンダ