看護師が出戻り転職する理由と注意点

看護師が出戻り転職する理由

一度退職をしてみたものも、「やっぱり前の病院の方がよかったかも」と転職を後悔する看護師は少なくありません。その場合、前職を「円満退職」している場合に限り、

「出戻り転職をする」という選択肢があります。実は、出戻り転職は病院側としても看護師としてもメリットが多々あるのです。

 

ただし、それなりに注意点もあることも覚えておかなければなりません。ここでは、看護師が出戻り転職をするにいたる理由や実際のメリット・デメリットについて詳しく見ていきます。

 

 

看護師の出戻り転職とは

看護師の出戻り転職とは

看護師の出戻り転職とは、いったん転職した看護師が何らかの理由により、再び転職前の職場に戻ってくることをいいます。

 

一度辞めた職場に戻るのはハードルが高いように思えますが、実際は元の職場側にもメリットがあり、歓迎されやすいこともあるため、看護師の職場では割とよくあることなのです。中には一度退職してから3ヶ月以内で戻ってくるようなケースもあります。

 

出戻り転職は病院側も大歓迎

出戻り転職は病院側も大歓迎

出戻ってこられる職場側としては、採用のコストや手間がかかりませんし、人柄もわかっていますから、安心して採用できます。これは常に人材不足の医療の現場では貴重なことです。また既に仕事がわかっていますから、採用時に通常必要な説明や教育がほとんどなくて済みますし、即戦力として仕事をしてもらえます。

 

さらにいったん転職して、ほかの職場を見た上で戻ってきた看護師がいるということは、ほかの看護師に今の職場の良さを考えさせる機会ともなるので、ほかの看護師のよそへの転職を抑制することにもなるのです。

 

看護師が出戻り転職をする理由

看護師が出戻り転職をする理由

出戻り転職をする看護師の理由の多くは「一度、転職してはみたけれど前の職場の方が良かった」というケースです。勤務条件の向上やスキルアップを求めてほかの職場に移ってみたものの、実際に勤務が始まってみたら思ったような条件で勤務できなかったとか、思っていた仕事ができなかったというのはよくあることです。

 

また転職してみて初めて前の職場の良かった点に気づけるということもあります。環境の良さやスタッフの意識の高さ、看護の質の高さなど、ほかの医療機関と客観的に比べて、初めて当たり前ではなかったのだと気づけることがあります。

 

試用期間の給与が転職前と比較してかなり下がってしまった

給与が転職前と比較してかなり下がってしまった

条件が思ったほど良くなかったから戻ろうと思ってしまう理由としてありがちなのが、賞与や給与の金額です。転職してみたら、急に転職先の賞与が減額になってしまうということがあります。

 

また試用期間の給与が転職前と比べてかなり下がってしまうということもあります。

 

出戻り以外の一般の転職においても、このように「思っていた給与形態とは違った」というミスマッチに遭遇してしまうことがあります。このような事態を避けるためには、転職の際に看護師転職サイトを利用し、事前に「正確」な情報を仕入れておくようにしましょう。

 

子育てが一段落した

子育てが一段落した

結婚や妊娠、出産、子育てのために、条件の合うほかの医療機関で勤務していた看護師が、子どもの成長や、前のように働ける環境が整ったことにより、再度元の職場に戻ってくるというケースもあります。

 

特に、子育てのために夜勤をセーブしていたママ看護師に、それは多い傾向にあります。

 

前職の人間関係が変化した

前職の人間関係が変化した

転職の理由となっていた人間関係などが改善されたというケースもあります。

 

例えば勤務条件や仕事内容が気に入っていたにもかかわらず、上司やほかの特定の看護師

との関係が問題となり転職した場合、その特定の人が異動になったり、退職したことによって、出戻り転職を決意する看護師もいるのです。

 

出戻り転職をするメリット

出戻り転職をするメリット

やはり出戻り転職のメリットの一つは職場側も自分も、お互いをわかっているので、採用されやすいということです。職場としても人となりがわかっていて、即戦力として使

える人材は歓迎してくれることが多いのです。さらに大きなメリットといえるもう一つの点は、仕事のスタートがスムーズだということでしょう。

 

勝手がわかった状態で働ける

勝手がわかった状態で働ける

新しい職場に転職する場合には、それまでたくさんの経験を積んでいても、その職場ならではの仕事内容、進め方、勤務ルールなどを新しく覚えなければなりません。

 

その点、出戻り転職の場合は既にその職場を知っていて、勝手がわかっていますから、上記のすべてに時間がいらないか、少ない時間ですみます。

 

高いモチベーションで仕事がしやすくなる

高いモチベーションで仕事がしやすくなる

その職場の良さを客観的に知っていることも、出戻り転職のメリットの1つです。そしてほかの職場を経験した上で、前の職場を選んで戻ってきていますから前より高いモチベーションで仕事がしやすくなるといえます。

 

場合によっては、以前は嫌だと思っていたことが、実は良かったのだと思えることさえあります。

 

以前より多角的な視野で仕事ができる

以前より多角的な視野で仕事

出戻り転職をしてきた看護師は多少大変なことがあっても、この職場で仕事をしていこうと決意しています。

 

ですから、その職場を良くするために積極的に意見を言ったりして、職場の向上に関わろうという意識を持てるようになります。

 

また、ほかの職場での経験によって、前より多角的な視野で仕事ができるようになるというメリットもあります。

 

看護師が出戻り転職をするデメリット

看護師が出戻り転職をするデメリット

たとえ円満に退職したとしても、辞めた事で誰かがその分の仕事をしなければならないなど、少なからず迷惑をかけているのが普通です。

 

その場合、戻ってきたときにそれを良く思わない人もいるかも知れません。

 

そのため、辞めた直後に出戻り転職をする場合には前の同僚たちに嫌な思いをさせないような節度ある振る舞いが求められます。

 

以前と「同じ条件」で働けるとは限らない

以前と「同じ条件」で働けるとは限らない

出戻り転職においては「全てが前と同じ」が通用するとは限らないことも考えておきましょう。前にいた科に戻れるとは限りませんし、元と同じ条件で転職できるかどうかもわかりません。

 

特に給与や賞与に関しては、前より低くなってしまうこともあります。必ずきちんと確認し、納得して決めるようにしましょう。

 

同期・後輩が自分の上司になることも

同期・後輩が自分の上司

自分がいない間に、以前の同僚達が昇進していることも十分ありえます。結果として同期や後輩、部下が上司として一緒に働くことになるかもしれません。

 

そのような場合、自分も相手もやり辛さを感じるかもしれません。

 

まとめ:出戻りは転職は慎重に

出戻りは転職は慎重に

出戻り転職を決める前には、メリット・デメリットを両方考慮し、慎重に検討していく必要があります。なぜなら、出戻り転職後は再度辞職し辛いですし、もし辞職した場合、次の転職に影響が出ることもあるからです。

 

また、場合によっては、仕事の進め方や勤務ルール、さまざまな方針、思いがけず一から覚えなければならないこともあるかもしれません。そのため、戻る場合には、自分は仕事をわかっていると思い込まずに、始めは周りに確認しながら進めていく謙虚な姿勢が必要です。

 

次へ
ポイント

看護師求人サイトは全国に50社以上存在しています。良い看護師サイトもあれば、悪徳な看護師サイトもありますので、「看護師が選んだ看護師求人サイト口コミランキング」をチェックすることと、必ず3社以上の複数登録をすることが、転職成功の秘訣です。

 

1位・看護のお仕事

看護のお仕事

地方にも都心部にも強く、また医療専門で行っている求人サイト!

みんなの口コミ

2位・マイナビ看護師

マイナビ看護師

転職のプロ!マイナビグループが運営!スピードを求める方はココ!!

みんなの口コミ

3位・ナースフル

ナースフル口コミ

転職といえばリクルート!やっぱりナースフルが一番!?

みんなの口コミ


看護師転職サイト口コミランキング
LINE看護師パンダスタンプ

■看護師求人サイト転職口コミ「看護師パンダ」コンテンツ

看護師求人サイト転職口コミ集、「看護師パンダ」にお越しいただいてありがとうございます。看護師転職の役に立つ情報を日々更新しています。

看護師転職サイト徹底比較ランキング
看護師求人サイト一覧
看護師転職人気病院
看護師のキャリアアップ資格
看護師転職体験談
看護師求人条件で探す
年代別看護師転職
看護師パンダ