新人看護師が先輩に好かれるための5つのポイント

新人看護師が先輩に好かれるため

看護師の仕事は生死を預かる大変責任のある仕事なので、仕事を覚えるにあたり他の職種よりは厳しいところがあると思います。

 

またそれに伴い、新しく入ってきた人をやや受け入れ難い雰囲気があるかもしれません。

 

一方で新人看護師は、初めての社会人生活の人もいるので、社会や職場での人間関係や常識も分からず、学生のノリが抜けてない場合もあります。

 

ですが、この仕事はそんなに甘くはありません。生死を預かる責任のある仕事を学んでいくためには、教えていただく先輩に可愛がってもらう、もしくは最低でも嫌われないようにすることが、今後の仕事をしていくにあたって重要になってくると思います。

 

ここでは、今までの自分の経験や周りで見てきた内容から、先輩に好かれる新人看護師の条件を紹介していこうと思います。

 

1. 派手な身なりは控える

派手な身なりは控える

どの職場でも同じだと思いますが、やはり第一印象が大切だと思います。

 

看護師は出勤すると白衣に着替えるので、服装などは気にしなくてもいいように思いますが、新人のうちは仕事に行く時と休日の身なりは少し区別したほうがいいかもしれません。  

 

目立つ格好はあまりよく思われない

目立つ格好はあまりよく思われない

服装だけではなく、髪色やネイル、メイク、ピアスや香水などにも気を付けたほうがいいです。

 

看護師の先輩の中には化粧っけもなく、髪を1本に結んでいかにも真面目そうな人も少なくありません。身なりで人を判断するわけではないですが、あまり目立つと「あの子仕事やる気あるのかしら」という先輩の声が聞こえてくる時もあります。  

 

ポイント

 

数年経って仕事が一人前にこなせるようになると、身なりのことは特に言われなくなります。

 

 

 

2. 物事を教わる時は必ずメモを取る

物事を教わる時は必ずメモを取る

これは看護師の基本として、きっと昔から言われていることかもしれませんが、先輩から物事を教わる時はもちろん、とにかく仕事をしている間は、何かとメモを取ることが大事です。

 

メモを持っていない時点で「やる気のない新人」というレッテルを貼られて、次第に先輩があまり教えてくれなくなると思います。  

 

メモを落とすことは許されない

メモはすぐに切り取れるタイプではなく、切り取りにくいものを選んだ方がいいです。新人の時は様々な場面でメモを開くので、すぐに切り取れるタイプだとメモを落としたことに気づかないこともあります。

 

看護師の仕事では患者さんの個人情報や生死に関わる内容についても触れるので、メモを落とすことは絶対に許されません。

 

「メモを落となんてことありえないでしょ」と思うかもしれませんが、実際に患者さんの病室の前に個人名や病気のことが書いてあるメモを落として先輩に見つかり、怒られている新人を何度も見ています。  

3. 注意された時は言い訳をしない

注意された時は言い訳をしない

当たり前のように思いますが、何かミスをして先輩から注意を受けた時に、最初に言い訳をしてしまう新人が意外と多いです。  

弁明する前にまずは反省の弁を述べる

弁明する前にまずは反省の弁を述べる

新人看護師は、自分がどういった流れでミスを起こす事に至ったかを伝えたいのだと思いますが、それは反省の弁を述べた後に話した方がいいです。 先輩からすると、理由はどうあれ、新人が何らかのミスをしたことによって、患者さんに迷惑がかかったなど、事の重大さを分かってもらいたいのだと思います。

 

まずは注意されたことに対して反省の弁を述べ、その時にどうすれば良かったかを相談する形で先輩に事の流れを話せば、角が立たずに、先輩が話しを聞いてくれると思います。  

 

まず、先に言い訳が立ってしまうと「人の話を聞かない」「自分の意見ばかり通そうとする」と思われてしまいます。

 

4. 自己判断をせずに先輩に確認をとる

自己判断をせずに先輩に確認

これも当たり前のことのように思いますが、先輩にとって、新人が理解していない、または分かっていないのに自己判断で勝手にやってしまうことをとても嫌います。

 

それは、この仕事が生死に関わる重要な仕事だからだと思います。 そして、新人がどこまで理解しているかは、ずっと密着して見ているわけでないので、先輩には分からないこともあります。 

 

分からないこと、自信がないことはしつこく確認する方がいい

しつこく確認する方がいい

新人としては「この前も聞いたのに、また聞いたら怒られるかな」などの理由から先輩に確認せずに曖昧な知識で看護行為をしてしまうことがあります。ですが、分からないもしくは自信がないなら、しつこいくらいでも先輩に確認したほうがいいです。  

 

一番いいのは、いつでも何でも聞ける環境を作ることだと思います。日頃から先輩達とは積極的にコミュニケーションを取り、話しやすい人間関係を作ることが大切です。

 

5. 仕事に自ら積極的に参加する

仕事に自ら積極的に参加

新人の時は、新しい業務や処置を覚える際に、初めは先輩の手技や対応を見学させてもらうところから始まります。

 

経験したことのない処置がある時などには、自分から「見学させてください」と手を挙げるくらいのほうが、当然ですが先輩には可愛がられます。  

現場で実際に経験することが何より大切

現場で実際に経験することが何より

看護の仕事は知識も大事ですが、対象は患者さんなので、現場で実際に経験することが何より大切であり、さらには経験を重ねることで看護の技術が磨かれていきます。 よく、新人のうちは分からなくて当然、失敗しても仕方ないと言われます。以前先輩から言われた言葉ですが「新人のうちはできなくても許されるけど、新人じゃなくなったら、失敗は許されないし、聞けないんだよ」と言われたことがあります。  

 

周りを見ていても、新人のうちに色んなことを経験した人の方が、後々看護師として成長していると思います。

 

まとめ

まとめ

看護師の世界は仕事が厳しく、女性が多い職場なので独特の難しさもあります。ですが、先輩に可愛がられる新人というのは、どの世界でも一緒かもしれません。

 

素直で仕事に積極性があり、新人のうちはあまりプライベート色を出さずに、仕事を一生懸命学ぼうとする姿勢。さらには、みんなと打ち解けるコミュニケーション能力も、看護師として患者さんと接するには大切な要素だと思います。

 

先輩に可愛がってもらえると、様々なことを教わることができたり、自分が辛い時に励ましてくれたりと、何かと自分が看護師として成長するための援助をしてくれます。

 

先輩に好かれて、より良い人間関係を築き、新人看護師として沢山のことを吸収して成長していけるための何かの参考になればと思います。

 

次へ
ポイント

看護師求人サイトは全国に50社以上存在しています。良い看護師サイトもあれば、悪徳な看護師サイトもありますので、「看護師が選んだ看護師求人サイト口コミランキング」をチェックすることと、必ず3社以上の複数登録をすることが、転職成功の秘訣です。

 

1位・看護のお仕事

看護のお仕事

地方にも都心部にも強く、また医療専門で行っている求人サイト!

みんなの口コミ

2位・マイナビ看護師

マイナビ看護師

転職のプロ!マイナビグループが運営!スピードを求める方はココ!!

みんなの口コミ

3位・ナースフル

ナースフル口コミ

転職といえばリクルート!やっぱりナースフルが一番!?

みんなの口コミ


看護師転職サイト口コミランキング
LINE看護師パンダスタンプ

■看護師求人サイト転職口コミ「看護師パンダ」コンテンツ

看護師求人サイト転職口コミ集、「看護師パンダ」にお越しいただいてありがとうございます。看護師転職の役に立つ情報を日々更新しています。

看護師転職サイト徹底比較ランキング
看護師求人サイト一覧
看護師転職人気病院
看護師のキャリアアップ資格
看護師転職体験談
看護師求人条件で探す
年代別看護師転職
看護師パンダ