女性看護師にオススメの産婦人科・小児科で得られる「生活の知恵」

産婦人科・小児科で得られる「生活の知恵」

女性が看護師として働く上で、プライベートに役立つ知恵を一番得られる現場が「産婦人科」と「小児科」なのではないでしょうか。

 

なぜなら、女性の多くが妊娠・出産・子育てを経験するため、それらの現場で使われる知識は、そのまま「生活の知恵」に繋がるからです。

 

そのため、女性看護師の方が現在、転職先選びに迷われているのであれば、ぜひ産婦人科や小児科を選ぶことをオススメします。以下に紹介するような知恵を得ることができるため、結果的に「一石二鳥」となるはずです。

 

産婦人科の看護師だからこそ得られる知恵

看護師だからこそ得られる知恵

産婦人科で看護師として働いているとプライベートでも役立つ知恵がたくさん入ってきます。

 

特に女性看護師にとっては自分がプライベートで悩んだときに役立ったという経験や知識が多いのが特徴であり、女性看護師だから人気が高い診療科となっている理由でもあります。

 

女性特有の疾患への対処法

女性特有の疾患への対処法

多くの女性が悩むこととして慢性的な貧血や冷え症、生理不順、更年期障害といったものが代表的です。

 

産婦人科の看護師として働いていると、そういった女性特有の疾患に対する知識や対処法が自然に身につきます。

 

例えば、生理不順や更年期障害に対して女性ホルモン療法を行えば良いという医学的な理解を得られることに加えて、食事療法として大豆を利用して女性ホルモンを補っていくという工夫の仕方も知ることができます。こういったプライベートの生活の中で役立つ知恵を獲得できるのが産婦人科なのです。

 

不妊対策や先天性の障害のリスクを減らすための方法

不妊対策や先天性の障害のリスクを減らすための方法

特に若い女性看護師にとって役立ったということが多いのが妊娠や出産における知識です。

 

例えば、産婦人科だと不妊治療に携わることが多く、障害児や未熟児が生まれてきてしまう場面に遭遇したりすることもあります。

 

その一方で、不妊対策や先天性の障害のリスクを減らすための方法も知ることが可能です。自分が妊娠して出産を迎えたいというときに役立つ知恵として習得しておくことができます。こういった形で生きた知恵として役立つものに溢れているのが産婦人科です。

 

小児科の看護師だからこそ得られる知恵

小児科の看護師だからこそ得られる知恵

看護師として小児科で働いていると現場での経験や知識を仕事以外でも生かしていくことができます。

 

プライベートで役立つ知恵を多数獲得できるのが小児科であり、これか

ら子供が欲しいと考えている看護師にとってうってつけの職場となるでしょう。看護師として小児の相手をすることができる唯一の現場であり、プライベートで自分の子供を育てることになった場合にはその現場での経験は直接育児に生かすことができます。

 

小児疾患への対処方法

小児疾患への対処方法

プライベートでも現場でも役立つのが小児の病気に関する理解です。小児に市販薬を飲ませるときに量をどうするべきかといった知識や、小児に多い病気の初期症状に

ついての理解が子供の健康管理に役立ちます。

 

そういった知識の習得もまた看護師として小児を相手にするメリットなのです。

 

子供との円滑なコミュニケーション方法

子供との円滑なコミュニケーション方法

現場では看護師は子供との円滑なコミュニケーションを取ることが必要であり、こちらが意図していることをいかにしてうまく聞き出すかを常に考えて実践していく必要があります。子供の年齢や性格に応じて適切な聞き方があるということを現場経験で体得できるでしょう。

 

まだ幼い子供にはただ平易な言葉を使うだけでなく、「うん」か「うんうん」というイエス・ノーで答えられる問いかけを利用しなければならないという智慧が身につきます。

 

連続して質問をしていると飽きてしまって答えてくれなくなりやすいため、二つか三つの質問に絞り込んで聞いた後、また別の話をしてから元に戻ってくるという工夫が役に立つこともだんだんとわかってくるでしょう。

 

子育てを始めてみると必ずこの時期の子供とのコミュニケーションが重要になるため、現場経験を直接活用して子供との円満な関係を築くことができるのです。

 

反抗期の子供の心を開かせる技術

反抗期の子供の心を開かせる技術

小児科では自我が芽生えてきて思春期に入った子供も患者としてやってきます。看護師として仕事をしていると反抗期になった子供から、本当に考えていることは何か

を聞き出す術を身につけることができるのです。

 

反抗期に入ると相手が困ることを言おうと考えたり、自分に都合の良いように話をしようと考えたりする場合が多くなります。

 

嘘をつくこともしばしばありますが、それを相手の気分を害することなく正直に話させる智慧が身につくのです。

 

自分の内緒話をしてその代わりに教えてもらうというのは基本的な方法でありながら、効果を発揮することが多いのを実体験をもって理解できるでしょう。こういった子育てに役立つ知恵が身につくのです。

 

まとめ

まとめ

実際、産婦人科や小児科は看護師の中でも非常に人気が高いのが現状です。

 

そのため、もしこれらの科で働きたいと考える場合には、転職サイトを利用するようにしましょう。

 

転職サイトには、多数の産婦人科・小児科の求人案件が記載されていますので、転職先の候補を複数得ることができます。ただし、転職サイトの中には悪質なものも存在するため、サイト選びの際には当サイトに掲載してある「口コミ」も参考にしてみてくださいね。

 

ポイント

看護師求人サイトは全国に50社以上存在しています。良い看護師サイトもあれば、悪徳な看護師サイトもありますので、「看護師が選んだ看護師求人サイト口コミランキング」をチェックすることと、必ず3社以上の複数登録をすることが、転職成功の秘訣です。

 

1位・看護のお仕事

看護のお仕事

地方にも都心部にも強く、また医療専門で行っている求人サイト!

みんなの口コミ

2位・マイナビ看護師

マイナビ看護師

転職のプロ!マイナビグループが運営!スピードを求める方はココ!!

みんなの口コミ

3位・ナースフル

ナースフル口コミ

転職といえばリクルート!やっぱりナースフルが一番!?

みんなの口コミ


看護師転職サイト口コミランキング
LINE看護師パンダスタンプ

■看護師求人サイト転職口コミ「看護師パンダ」コンテンツ

看護師求人サイト転職口コミ集、「看護師パンダ」にお越しいただいてありがとうございます。看護師転職の役に立つ情報を日々更新しています。

看護師転職サイト徹底比較ランキング
看護師求人サイト一覧
看護師転職人気病院
看護師のキャリアアップ資格
看護師転職体験談
看護師求人条件で探す
年代別看護師転職
看護師パンダ