あなた(看護師)は何科向き?「内科」「外科」「小児科」の特徴

あなた(看護師)は何科向き

「自分は何科向きの看護師なのか」ということを考えたことがない人はいないでしょう。

 

なぜなら、看護師の職場は診療科別に雰囲気が全く異なり、出来るだけ自分が向いているところで働いた方が、長く続けられる要因にもなるからです。

 

そのため、自分が何科向きであるのかを知ることは、転職をする上で非常に重要なポイントとなるのです。

 

そこでこのページでは、看護師の代表的な職場である「内科」「外科」「小児科」に向いている看護師の特徴について解説していきます。

 

1.「内科系」が向いている看護師の特徴

「内科系」が向いている看護師の特徴

内科勤務を希望している看護師も多いのですが、内科勤務に向いている看護師はちょっとした状況の変化を感じ取ることができる、コミュニケーション能力に優れている方だと考えられます。

 

内科と一口にいっても総合病院の場合は、消火器や循環器、神経内科といったようにさらに細かく診療科が分かれています。

 

もしも複数の診療科を扱っているような総合病院にて勤務する場合は、それぞれの診療科で扱っている病気やその治療法に関する知識や技術も身に着けておくのが望ましいです。

 

患者のちょっとした異変にもすぐに気が付ける

患者のちょっとした異変にもすぐに気が付ける

患者の多くが体の不調や異変を感じた時は、自分で自分の症状を判断することが難しいため、まずは内科を受診して不調や異変の原因を診てもらうケースが多いのです。

 

患者との会話を通じて、患者のちょっとした異変にもすぐに気が付き、その病状を察知できるスキルがあることが望ましいです。

 

コツコツとルーチン業務をこなせる人

コツコツとルーチン業務をこなせる人

内科は外科と異なり、毎日のように大きな変化があるわけではなく、業務もルーチン化されやすい傾向があります。

 

つまり、内科の看護師には「コツコツと日々のルーチン業務をこなせる人」ということになります。変化を求めるタイプ看護師には「飽き」が生じる可能性があるため、注意が必要です。

 

2.「外科系」が向いている看護師の特徴

「外科系」が向いている看護師の特徴

外科勤務に向いている看護師はその場に応じて適切な対応ができることです。

 

また、外科に入院している患者は「急性疾患」であることが多いため、急変に遭遇する可能性も高く、その際にも、取り乱すことなく冷静に対応することが求められます。

 

また、外科は全体的に慌ただしい現場であるため、以下のような特徴を持つ看護師に向いている現場です。

 

慌ただしい業務をこなすことに達成感を感じられる

慌ただしい業務をこなすことに達成感を感じられる

外科は誰の目からも見ても、常にバタバタとしており、慌ただしいです。

 

そのため、看護師としては、そのような状況の中で業務を行うことに達成感を感じられるタイプではないと、なかなか続かないでしょう。

 

まさに「忙しいことが性に合う」人が向いている診療科です。

 

患者に感情移入しすぎず、すぐに切り替えることができる

患者に感情移入しすぎず、すぐに切り替えることができる

上記の話にも通じることですが、慌ただしい業務をこなさなければならない外科の看護師は、毎回、患者1人1人に感情移入していると、仕事が回らない可能性があるのです。

 

そのため、あまり感情移入しすぎずに、すぐに切り替える必要があります。人によってはそれを「冷たい」と捉える人もいるかもしれません。

 

しかし、そのような意見を気にとめる必要はありません。それも1つの「個性」だと捉え、自分に合った環境を選ぶことの方が大切です。

 

3.「小児科」が向いている看護師の特徴

「小児科」が向いている看護師の特徴

看護師が働く診療科はさまざまありますが、小児科で働くことを希望している方もいるでしょう。

 

小児科は基本的に子供が相手となりますので、やはり子供が好きな方が、小児科勤務に向いていると考えられます。

 

子供好きであることが大前提

子供好きであることが大前提

子供が好きでない方が小児科に勤務すると仕事自体を苦痛に感じてしまうでしょう。

 

子供は大人と違って自分の抱えている症状を上手く口で表現することが難しかったりしますが、子供が好きな方なら子供と同じ目線にたってじっくりと子供の話を聞いてあげることができるでしょう。

 

このように、子供が好きで、子供に自然と興味が持てるからこそ、子供の異変にいち早く気付いてあげることができるのです。

 

手先が器用で図工と医療行為に自信がある人

手先が器用で図工と医療行為に自信がある人

小児科の看護師は、手先が器用であればあるほど「有利」です。

 

なぜなら、子供の心を開かせるためには、ささっと図工ができたり絵が描けたりする方がいいですし、小児のへの医療行為は不器用だとかなり苦戦するからです。手先の器用さを持て余している人にとっては、小児科は非常にオススメの職場です。

 

まとめ

まとめ

自分に合わない職場で働いた場合、最初は無理をすることができても、後になって大きなダメージを受けることにもなります。

 

そうして、適応障害やうつ病などにかかってしまった看護師も少なくありません。もし、あなたが転職を検討されているのであれば、繰り返しになりますが、絶対に自分に向いている職場を選ぶようにしてください。

 

また自分だけでは職場を判断することが難しい場合は、看護師転職サイトのキャリアコンサルタントに相談してみることをオススメします。

 

次へ
ポイント

看護師求人サイトは全国に50社以上存在しています。良い看護師サイトもあれば、悪徳な看護師サイトもありますので、「看護師が選んだ看護師求人サイト口コミランキング」をチェックすることと、必ず3社以上の複数登録をすることが、転職成功の秘訣です。

 

1位・看護のお仕事

看護のお仕事

地方にも都心部にも強く、また医療専門で行っている求人サイト!

みんなの口コミ

2位・マイナビ看護師

マイナビ看護師

転職のプロ!マイナビグループが運営!スピードを求める方はココ!!

みんなの口コミ

3位・ナースフル

ナースフル口コミ

転職といえばリクルート!やっぱりナースフルが一番!?

みんなの口コミ


看護師転職サイト口コミランキング
LINE看護師パンダスタンプ

■看護師求人サイト転職口コミ「看護師パンダ」コンテンツ

看護師求人サイト転職口コミ集、「看護師パンダ」にお越しいただいてありがとうございます。看護師転職の役に立つ情報を日々更新しています。

看護師転職サイト徹底比較ランキング
看護師求人サイト一覧
看護師転職人気病院
看護師のキャリアアップ資格
看護師転職体験談
看護師求人条件で探す
年代別看護師転職
看護師パンダ