ママ看護師が無理なく働ける病院の特徴とポイント

ママ看護師が無理なく働ける病院

ママ看護師が無理なく働くためには、「子育て支援制度」が整備されている病院を選ぶことが肝心です。

 

なぜなら、仕事と子育てを両立することは、世間で言われているほど

簡単なことではなく、病院の理解がなければ、働き続けることが難しいからです。

 

また、子育て支援制度が整備されている病院であれば、自分と同じようなママ看護師も大勢いますし、更に「無理なく働ける環境」が整います。ここでは、そのような病院が実際に設けている制度や、ママ看護師の復職注意点についてまとめています。

 

 

1.病院が設ける「子育て支援制度」の特徴

病院が設ける「子育て支援制度」

育児を終えて看護師への復帰を考えたら、子育て支援制度のある病院に注目すると速やかな現場復帰ができます。

 

最近では、即戦力となってくれる人材を欲している現場が多いことを受けて、病院が自ら復職のための子育て支援制度を提供しているケースも増えてきているのが現状です。ここでは、そのような子育て支援制度のある病院の特徴をご紹介します。

 

病院内に託児所が設置してあること

病院内に託児所が設置してある

大きな規模の病院になると院内託児所が設置してあるところも増えてきているため、仕事と育児の両立を計画したら就職の時点から考慮しておきましょう。

 

託児所は「24時間」預かってくれることがほとんどであり、夜勤シフトもこなすママ看護師にはぜひ活用していただきたい制度です。また、託児所に子供を預ければ、自分の休憩時間に子供の様子を見に行くこともでき、安心して働くことができます。

 

子供が就学するまで夜勤が免除される

子供が就学するまで夜勤が免除される

子供が小学校に入学する前までは、夜勤を免除してもらえるシステムを導入している場合もあります。

 

夜勤をしないと給与は下がってしまいますが「子供が小さいうちは、夜は一緒にいてあげたい」と考えるママ看護師は多いはずです。

 

その場合は、そういった意志をしっかりと汲み取ってくれる夜勤免除制度がある病院を選ぶようにしましょう。

 

日勤のみの勤務となる「短時間正職員制度」がある

日勤のみの勤務となる「短時間正職員制度」がある

ママ看護師に根強い人気の制度が「短時間正職員制度」です。

 

この制度は、子育てや介護と仕事を両立しなければならない看護師が、日勤のみのシフトで働き、更に時間帯も選ぶことができるのです。

 

このように、パートのような形態で働くにも関わらず「正職員」としての対偶が受けられることが、人気の秘訣です。

 

ただし、この制度は「子供が小学校に入るまで」と限定されているエースもありますので、注意しましょう。

 

ブランクを補う復職支援研修がある

ブランクを補う復職支援研修がある

育児のために退職してしまった人のブランクを埋めるための支援を実施している病院もあります。

 

このような復職支援研修では、基礎看護技術について実技や座学でしっかりと復習することができます。

 

看護技術に不安のあるママ看護師には非常にありがたい研修です。

 

2.ママ看護師が無理なく復職するためのポイント

無理なく復職するためのポイント

看護師として一度職場を離れてから現場に戻るためには覚悟が必要でしょう。復帰の際に考えておきたいのは無理のない部署を選ぶということです。

 

看護師の職場の忙しさは千差万別であり、それが負担になって働くことへのモチベーションが下がらないように部署を選ぶのは重要になります。

 

日常生活に支障を生じないレベルで働けるようにする

日常生活に支障を生じないレベルで働けるようにする

ブランクがあっても心配なく仕事に復帰できることや、子育てと仕事を両立できることを重視した選び方をするのがポイントです。

 

基本的な考え方は日常生活に支障を生じないレベルで働けるようにしようと考えることです。

 

そのときの生活リズムに応じて重視すると良い点も異なりますが、失敗しないためのポイントを押さえておきましょう。

 

残業が少なくて、定時で帰れる職場を選ぶ

残業が少なくて、定時で帰れる職場を選ぶ

ママ看護師が無理なく働くためには、残業が少なくて、定時で帰れる病院を選ぶようにしましょう。

 

時間的な問題だけでなく、スキル的な問題も生じてしまう状況が続くと身体にも精神にも負担が無理がかかってしまい、働くことのへの魅力が失われてしまう危険性があります。

 

そのため、まずは急性期ではなく、慢性期患者を扱える部署を選ぶの

もポイントとなります。

 

1人で頑張りすぎず信頼できる人に協力をもとめる

1人で頑張りすぎず信頼できる人に協力をもとめる

子育てと仕事を両立することは、そう簡単なことではありません。

 

家事も育児も仕事も全て完璧にこなそうとすると、それは身を滅ぼす行為になってしまいます。

 

そのため、復職する際は、1人で抱え込みすぎず、パートナー・両親・近所の人・友人など信頼できる人達に協力を求めるようにしましょう。

 

まとめ

まとめ

ママ看護師が無理なく仕事と家庭を両立していくためには、病院にある「子育て支援制度」をフル活用し、同時に周囲の人達の協力を求めることがポイントです。

 

そうすれば仕事も家庭も両方楽しむことができ、自分自身の人生を更に充実させることができるはずです。

 

反対に、子育てに理解のない病院を選び、1人で頑張ろうとしてしまうと、自分も子供も辛い思いをすることになってしまいます。

 

自分のためにも、家族のためにも、復職する際には「無理なく働く」ことを意識していくようにしましょう。

 

次へ
ポイント

看護師求人サイトは全国に50社以上存在しています。良い看護師サイトもあれば、悪徳な看護師サイトもありますので、「看護師が選んだ看護師求人サイト口コミランキング」をチェックすることと、必ず3社以上の複数登録をすることが、転職成功の秘訣です。

 

1位・看護のお仕事

看護のお仕事

地方にも都心部にも強く、また医療専門で行っている求人サイト!

みんなの口コミ

2位・マイナビ看護師

マイナビ看護師

転職のプロ!マイナビグループが運営!スピードを求める方はココ!!

みんなの口コミ

3位・ナースフル

ナースフル口コミ

転職といえばリクルート!やっぱりナースフルが一番!?

みんなの口コミ


看護師転職サイト口コミランキング
LINE看護師パンダスタンプ

■看護師求人サイト転職口コミ「看護師パンダ」コンテンツ

看護師求人サイト転職口コミ集、「看護師パンダ」にお越しいただいてありがとうございます。看護師転職の役に立つ情報を日々更新しています。

看護師転職サイト徹底比較ランキング
看護師求人サイト一覧
看護師転職人気病院
看護師のキャリアアップ資格
看護師転職体験談
看護師求人条件で探す
年代別看護師転職
看護師パンダ