看護師転職に失敗する代表的な理由2つと対処法

看護師転職に失敗する代表的

看護師1人当たりの平均転職回数は約「2回」だと言われています。多くの人は、転職によって「キャリアアップ」や「望んでいたライフスタイル」を手に入れていますが、中には転職後に「こんなはずじゃなかった」と、後悔する看護師もいます。

 

そういった転職失敗組の敗因は一体何だったのでしょうか。また、どういった点に注意すれば転職に失敗せずに済むのでしょうか。

 

理由(1)求人情報を鵜呑みにしてしまう

求人情報を鵜呑みにしてしまう

転職した先の事情が求人情報に書かれていたことと違っていた、というケースは看護師でなくても意外と良く聞く転職失敗例です。

 

もちろん、給料の金額が違っていたなどということであれば大問題ですが、例えば入職した後に力を持っていた上司が退職してしまった場合などは、さまざまな条件が求人情報の内容と後から異なってくることが少なくありません。

 

また、勤務条件の他、病院の雰囲気や病院がモットーとしていることなどについて書かれている場合には、実際に中で働いてみて感じることと大きなギャップを感じてしまうことは意外と多いといえるのではないでしょうか。

 

「給料の良さ」だけに惹かれることが一番危険

「給料の良さ」だけに惹かれることが一番危険

看護師という職業は同年代で働く人々よりも高い給料が設定されているところがほとんどです。

 

しかし、もらっている分だけ忙しく、時には人の生死に関わる重大な局面に立ち会わなければならないこともまた事実です。にも関わらず、給与の良さをやたらとアピールする求人情報を鵜呑みにし、いざ働き出したら猛烈な忙しさで今度はプライベートな時間がまったくなくなってしまい「こんなはずじゃなかった」と後悔するケースは多いのです。

 

また、毎月の給料はそれなりに上がったもののボーナスがとても安く、年収を見ればそれほどアップはしていなかった、という残念なケースも挙げられます。

 

理由(2)「なんとなく」転職してしまう

「なんとなく」転職してしまう

働いている看護師の多くが、現在の職場に不満を持っているといわれています。

 

しかし、ただ不満があるからとなんとなく転職したのでは、また同じことの繰り返しとなってしまう場合があるので注意が必要です。

 

看護師転職成功の鍵は情報収集量にかかっていますが、「ただなんとなく今の職場が嫌だから」「ただお給料が良いところに行きたかったから」そんな漠然とした単純な理由で転職した場合は事前に情報収集が甘くなりがちなのです。

 

転職目的が不明確なうちは動かない方がいい

転職目的が不明確なうちは動かない方がいい

転職目的が自分の中で不明確なうちは、全てのことが中途半端になってしまうため、動かない方が良いのです。

 

なぜなら、先にも述べたように、「なんとなく」の転職は情報収集は適当になり、実際に働き出してからも、イマイチ仕事に本腰が入らないからです。明確な転職理由がないうちは、まだあなたにとって転職のタイミングではないことも考えられるため、下手に動かな方が良いのです。

 

看護師転職に失敗しないためには?

ここでは、看護師が転職に失敗しないためのポイントを3つに絞ってお伝えしていきます。「転職」を残念な結果で終わらせないために、転職する目的を明確にした上で、以下

のポイントを念頭におきながら転職活動をすすめていくようにしましょう。

 

求人広告だけで情報収集しようとしない

求人広告だけで情報収集しようとしない

確かに、給与や休暇、福利厚生、勤務体制といったものは求人広告を見ればだいたいはわかります。

 

しかし、例えば自分のこれまでのキャリアと次の職場が求めているものが合致しているのか、といったことは基本的なことといえますが、求人広告からはなかなか読み取るのは難しい場合もあるでしょう。

 

その点、看護師転職サイトを利用すれば、看護師の転職事情に精通している担当者が適切なアドバイスをくれます。時にはその病院の内部事情を把握している場合もあるので、心強い味方になってくれるでしょう。

 

給与以外の面も幅広くチェックする

給与以外の面も幅広くチェックする

同じ看護師という仕事であっても、給料の良いところは今よりも仕事がきつくなる可能性が高いといえます。年齢とともに体力や精神力は衰えてくることが普通なので、転職したと思ったらまた転職したくなるという悪循環に陥ってしまうこともあります。

 

求人を探す際には自分にとって重視すべきポイント以外の面も広くチェックすることが大切といえるでしょう。

 

絶対に外せないポイントは面接の際に直接確認する

絶対に外せないポイントは面接の際に直接確認

働く条件などは、求人情報に明記されていることであっても、面接の時には改めて確認するようにしたいものです。

 

まして、面接の時に初めて聞くことがあれば、後々言った言わないなどという困った状況に陥らないように、場合によってはしっかりと書面にしてもらうことも必要といえるでしょう。

 

まとめ

まとめ

看護師はどこにいっても「引く手あまた」であり、求人広告には「高収入」が強調されていることも多く、つい軽い気持ちで転職してしまいがちです。

 

しかし、それでは転職後に苦しむことが目に見えているのです。

 

場合によっては「前の職場の方がよかった・・・・」と、一番したくない後悔をすることにもなりかねません。そういった事態を避けるためにも、転職を検討されている方は、ぜひここに書いてあることを参考にしながら慎重に転職活動を行っていってください。

 

次へ
ポイント

看護師求人サイトは全国に50社以上存在しています。良い看護師サイトもあれば、悪徳な看護師サイトもありますので、「看護師が選んだ看護師求人サイト口コミランキング」をチェックすることと、必ず3社以上の複数登録をすることが、転職成功の秘訣です。

 

1位・看護のお仕事

看護のお仕事

地方にも都心部にも強く、また医療専門で行っている求人サイト!

みんなの口コミ

2位・マイナビ看護師

マイナビ看護師

転職のプロ!マイナビグループが運営!スピードを求める方はココ!!

みんなの口コミ

3位・ナースフル

ナースフル口コミ

転職といえばリクルート!やっぱりナースフルが一番!?

みんなの口コミ


看護師転職サイト口コミランキング
LINE看護師パンダスタンプ

■看護師求人サイト転職口コミ「看護師パンダ」コンテンツ

看護師求人サイト転職口コミ集、「看護師パンダ」にお越しいただいてありがとうございます。看護師転職の役に立つ情報を日々更新しています。

看護師転職サイト徹底比較ランキング
看護師求人サイト一覧
看護師転職人気病院
看護師のキャリアアップ資格
看護師転職体験談
看護師求人条件で探す
年代別看護師転職
看護師パンダ