療養施設で働く看護師の特徴と看護師の在り方とは

療養施設で働く看護師

現在日本は高齢化社会が進んでおり、看護師にとって医療を通しての介護は身近なものになってきました。今後医療や介護が必要となった人に、自宅で生活するという選択肢が少しでもとりやすい社会になっている必要性があります。

 

今後必要な医療や介護がさらに整い、そこに関わる専門職種の連携が図れ住みやすい環境が整うよう、看護師が療養施設で何ができるのかについて考えていきましょう。

 

1.療養施設では様々な職種の人と関わる必要がある

療養施設では様々な職種

介護の現場では、患者を看護するのは看護師だけではありません。違う職業の人と協力し合って初めて適切な看護ができるのです。看護師が介護現場で一緒に働く仲間は以下のような専門職種の人です。

  • 医師
  • 薬剤師
  • 栄養士
  • 作業療法士
  • 理学療法士
  • 介護士

上記のようないろいろな職種の人たちが協力して、介護現場を支えています。患者にとって適切な医療が適切な場所で提供されるようにしなくてはなりません。

 

施設で働く専門職種の人と話し合い介護プランを練る

施設で働く専門職種の人と話し合い介護プランを練る

病院においては役割が比較的分担されていますが、より在宅に近い介護の現場になると、介護職の方たちと協力して医療を考えていく必要があります。病院で行えていた医療ではなく、在宅で行える医療、家族が求める医療を考えて、提供していく必要があるからです。

 

ベストを見つけるためには話し合いが必要不可欠

チームで何を協力して行っていくのか、何が患者や家族にとって一番良い方法であるのか、ケアマネージャ-が中心となり、定期的に話し合いの場を設けることで、医療や介護を受ける患者とその家族を支えていくこともあります。

 

2.療養施設で働く看護師の特徴・役割について

療養施設の特徴

療養施設の場合、どちらかというと医師や看護師の役割がないわけではありませんが、医療の提供というよりはリハビリの専門家である理学療法士や作業療法士などが主となり、患者のサポートをします。

 

また看護師を支えてくれている看護助手の方、生活支援の専門である介護職員が主体となって、患者を支えていく段階になると思います。実際、療養施設での看護師の役割の割合は少ないです。

 

今後の方向性をチームで統一することが大事

今後の方向性をチームで統一することが大事

より多くの専門職種の人たちが関わるということは、いろんな視点で物事を考えることができるというメリットがあります。患者や家族にとって何が一番大切きちんと話し合いをし、考え方や方針を同じ方向性にしていかなければなりません。

 

そうすることでそれぞれの職種に対し、責任をもち、情報交換し共有することで、安心して自宅で生活できるように、援助することができると思います。

 

家族のケアが必要

家族のケアが必要

療養施設で今、目の前にいる患者は、話ができず口から食事をとることができない方であるとしても、今まで元気に生き、働き、食事をしていたときがあったと思います。家族にとっては、元気な時のイメージがそのまま残っており、今の状態はその人で考えていないと思います。

 

看護師は家族にきちんと今の患者の状態を説明し、疾患を理解してもらうことが大切です。疾患を理解してもらうことで、今後患者・家族共に生きやすい環境が生まれるからです。

 

3.療養施設で働く看護師の在り方

療養施設で働く看護師の在り方

療養施設では、看護師だけではなく、より多くの専門職種の人が関わります。その人がその人らしく生活するためには、医療の先にある介護についてもっと考えていかなければなりません。

 

看護師は医療行為をするのはもちろん、患者の気持ちに寄り添うことが大切です。

 

看護師にしかできない医療提供や知識習得をすること

看護師にしかできない医療提供や知識習得をすること

療養施設では、生活支援の専門家である介護職員が看護師の役割を少しずつ果たしています。特定の研修を受けたものに対し、特定の医療行為もできるようになっています。

 

そのなかで看護師は、介護士ができない専門的な医療の提供や知識などを高めていけるよう日々学び続けることが必要になります。

 

患者のことを積極的に知ろうとすること

患者のことを積極的に知ろうとすること

日々忙しいなかで仕事をしていると、業務に追われてしまい中々患者とコミュニケーションをとることができません。ですが、患者のご家族であったり、その患者自身に話を聞き、共通点を見つけましょう

 

そうすることで、よりその患者を身近に感じ、また新たな気持ちで関わることができるようになります。学ぶという時間は仕事をしながらしていくことはとても大変ですが、物事をいろんな角度で考えるためには必要であると思います。

 

相手に心地よい環境を提供すること

相手に心地よい環境を提供すること

看護師としての仕事以外で日々実行していることは、相手の気持ちにより沿った言葉をかけることがです。すごく抽象的な表現ですが、人と人が関わるときに気持ちよく関われると、相手も心地よい気持ちになり、いい環境が作れる気がします。

 

いつも良い環境を与えられるような場所を作り出すことは難しく容易なことではありません。しかし、最近すごく感じることは、言葉以外で伝えられることや伝わることの方が多いこともあるということです。

 

相手にしたことは必ず自分に返ってくる

相手にしたことは必ず自分に返ってくる

自分が相手を思いやってかけた言葉や行動は、いつかほっと心が癒されるような言葉や環境としてかえってくるものです。

 

逆に、すごく嫌な思いをさせてしまう環境を自分が作り出してしまうと、それは同じこととしてかえってくる気がします。

 

まとめ

まとめ

急性期ではないが自宅に帰れる状態でない場合や、リハビリを必要としたり家族にとって介護が負担になる場合、一度療養環境のある病院に転院する場合が多いです。今後高齢化社会がさらに進み、看護師が療養施設で働く割合も多くなってくるでしょう。

 

もし、あなたが療養施設で働くことになった場合は、専門職としての役割と医療や介護におけるいろんな環境での看護師という職業の在り方について、お互いがよい環境を作り出せるよう、連携や尊重をしていくことが必要です。

 

次へ
ポイント

看護師求人サイトは全国に50社以上存在しています。良い看護師サイトもあれば、悪徳な看護師サイトもありますので、「看護師が選んだ看護師求人サイト口コミランキング」をチェックすることと、必ず3社以上の複数登録をすることが、転職成功の秘訣です。

 

1位・看護のお仕事

看護のお仕事

地方にも都心部にも強く、また医療専門で行っている求人サイト!

みんなの口コミ

2位・マイナビ看護師

マイナビ看護師

転職のプロ!マイナビグループが運営!スピードを求める方はココ!!

みんなの口コミ

3位・ナースフル

ナースフル口コミ

転職といえばリクルート!やっぱりナースフルが一番!?

みんなの口コミ


看護師転職サイト口コミランキング
LINE看護師パンダスタンプ

■看護師求人サイト転職口コミ「看護師パンダ」コンテンツ

看護師求人サイト転職口コミ集、「看護師パンダ」にお越しいただいてありがとうございます。看護師転職の役に立つ情報を日々更新しています。

看護師転職サイト徹底比較ランキング
看護師求人サイト一覧
看護師転職人気病院
看護師のキャリアアップ資格
看護師転職体験談
看護師求人条件で探す
年代別看護師転職
看護師パンダ