看護師が転職に失敗しないために!看護師の私が教える注意事項

看護師が転職に失敗しないために

残業が多い、人間関係がうまくいかない、職場の労働環境がそもそも良くないなど、様々な悩みを抱えている方、既に転職を心に決めながらもなかなか踏ん切りのつかない中で悶々と働いている方もいるのではないでしょうか。

 

私は、手術室に勤務していましたが、転職して保健師として働いたことがあります。手術室の激務に身体が追い付かなくなってしまい、持病の悪化で入院を余儀なくされてしまったからです。

 

しかし、結果的にこの転職は間違っていたと後で後悔しました。それはどうしてなのか。転職をする際に、どこに気を付けたらいいのか。転職とは実際はどのようなものなのか、自分の経験も踏まえてお話ししていきます。

 

1. イメージだけで看護師転職すると失敗しやすい

イメージだけで看護師転職すると失敗

私は、前職で身体を壊してしまったために次の職場は身体的にあまり負担がかからないところで働きたいと思い、転職サイトのコンシェルジュの方とも今までの経緯をお話しして相談した上で、保健師として地域包括支援センターに再就職しました。

 

保健師の仕事は予想に反して求められるものが大きかった

予想に反して求められるものが大きかった

私の中では身体的に負担が少ない、というイメージがあったのです。

 

しかし、実際はどうだったかというと、車を停めるスペースがないようなところには自転車で駆けつけたり、炎天下で健康まつりの用意をしたりと、案外体力が必要でした。

 

病院で培った知識や看護力が必要だということを知らなかった

病院で培った知識や看護力が必要

手術室という現場でバリバリと仕事をしていた私にとって、保健師という仕事は自分の思うイメージとはかけ離れていました。地域包括支援センターの保健師は、病院という現場で働かない分、病院で培ってきた知識や看護力が必要です。

 

勝手なイメージで選ぶのではなく事前に調べておくことが大切

事前に調べておくことが大切

自分のイメージ以上に、求められるものが大きかったこと、そして地域包括支援センターでの保健師の業務が自分のイメージとは大きく異なっていたことが、自分が「この転職は間違っていた」と思った原因です。

 

つまり、「かっこいいから」「楽そうだから」など、イメージを先行させて次の職場を選んでしまうと、失敗する可能性が高いです。

 

なりたい自分(看護師像)を時間をかけてイメージする

なりたい自分(看護師像)

私は今、保健師としてではなく、病棟の看護師として働いています。残業もありますが、また病院で看護師として病院で働いている自分自身は、前よりも誇れる自分自身なのではないかと思っています。

 

この選択そのものには、今は後悔は感じていません。

 

転職先ではなく自身の理想の姿をイメージして職場を探す

転職先ではなく自身の理想の姿をイメージして職場を探す

何故また看護師に戻ったのかというと、やはり看護師としてバリバリと働いていた自分が好きだったということ、今の職場が体調についての理解を示してくれたことで、また看護師に戻りたい、と強く思ったからでした。その思いは、「イメージ」です。

 

またバリバリと働いている自分をイメージして、そうなりたいと思い、行動した結果が今です。大切なのは、転職先のイメージではなく、自分自身のイメージだと思います。

 

なりたい自分をイメージ出来た時点から転職活動が始まる

なりたい自分をイメージ出来た時点から転職活動が始まる

「自分自身がどうなりたいか」「どんな自分でありたいか」これを時間をかけてイメージできた時点から、本当の転職活動が始まるのではないかと、今は思っています。  

 

3. 絶対に譲れない看護師転職条件を強く持つ

絶対に譲れない看護師転職条件

転職をするにあたり、「これだけは」というものはありますか。例えば、給料や残業の有無、立地など。様々にあるかと思います。

 

しかし先に書いた通り、全ての条件を満たすことはなかなか難しいものです。

 

絶対に譲れないものを得られると不満は減る

絶対に譲れないものを得られると不満は減る

転職するにあたっては、「これだけは」というものを強く持っているといいと思います。

 

私は、「体調管理をしながら看護師を続ける」という「これだけは」がありました。まだ数ヵ月ですが、体調管理を行いながらも何とか続いています。「絶対に譲れないもの」を得られたら、きっと転職後の不満も減るはずです。

 

まとめ

まとめ

今回は、転職の失敗談と、そこから自分が何を感じたかについてお話しさせていただきました。

 

転職は、とかくマイナスなイメージが先行しがちではありますが、理由はどうあれ「こうなりたい」と変わりたいから転職に踏み切るのではないかと思います。だから、転職先の自分は前向きな自分にシフトチェンジしたいものですね。

 

だからこそ、転職を安易に考えるのでなく、しっかりと転職した後の自分の「イメージ」を描くことが大切だと思います。目先のイメージで転職すると失敗しかねません。そしてもう1つ、しっかりと「これだけは」という気持ちを持って、転職活動をすること。転職コンシェルジュや、転職での面接の際にしっかりと伝えることで、転職がうまくいくのではないかと思います。

 

後ろ向きになりがちな転職ですが、前向きなイメージで、シフトチェンジした姿で転職先で輝けるといいですね。

 

次へ
ポイント

看護師求人サイトは全国に50社以上存在しています。良い看護師サイトもあれば、悪徳な看護師サイトもありますので、「看護師が選んだ看護師求人サイト口コミランキング」をチェックすることと、必ず3社以上の複数登録をすることが、転職成功の秘訣です。

 

1位・看護のお仕事

看護のお仕事

地方にも都心部にも強く、また医療専門で行っている求人サイト!

みんなの口コミ

2位・マイナビ看護師

マイナビ看護師

転職のプロ!マイナビグループが運営!スピードを求める方はココ!!

みんなの口コミ

3位・ナースフル

ナースフル口コミ

転職といえばリクルート!やっぱりナースフルが一番!?

みんなの口コミ


看護師転職サイト口コミランキング
LINE看護師パンダスタンプ

■看護師求人サイト転職口コミ「看護師パンダ」コンテンツ

看護師求人サイト転職口コミ集、「看護師パンダ」にお越しいただいてありがとうございます。看護師転職の役に立つ情報を日々更新しています。

看護師転職サイト徹底比較ランキング
看護師求人サイト一覧
看護師転職人気病院
看護師のキャリアアップ資格
看護師転職体験談
看護師求人条件で探す
年代別看護師転職
看護師パンダ