外科外来の看護師の役割と向き・不向きについて

外科外来の看護師の役割と向き・不向き

外来勤務を希望する看護師も多いと思いますが、もしその中でも外科外来勤務を希望するのであれば、外科外来の特徴や求められる看護師像について知っておかなければなりません。

 

なぜなら、同じ外来でも扱う診療科によって仕事の特徴が異なるからです。ここでは、現在外来勤務を検討されている方へ向けて、外科外来の看護師について詳しくお伝えしていきます。

 

1.外科外来で働く看護師の仕事内容

外科外来で働く看護師の仕事内容

外科と一口に言っても一般外科・脳外科・心臓外科・整形外科・消化器外科など様々な外科がありますし、外来・病棟・オペ室と役割が分担されていてそれぞれ仕事内容や業務内容が違います。

 

その中の一般外科外来看護師の役割は、スムーズに医師の診察が実行できるように、また安全で安楽に患者が診察を受けられるように介助をするのがメインです。

 

また、血圧測定・採血・注射など医師からの指示による検査や処置を実施するのも外科外来の看護師の役割です。

 

患者に対する説明・指導

患者に対する説明・指導

外科を受診する患者の多くは手術・入院が目的になっているので、患者に対する様々な説明・指導も看護師の役割になりますし、その為には広く深い知識と経験が必要となります。

 

病棟看護師との連携

病棟看護師との連携

患者を病棟に申し送るのも外科外来看護師の役割で、患者の理解度についてやADL、外来での疾患状態など、様々なことを漏れなく伝えることが必要です。

 

その為には患者の状態を観察して把握しておくことが大事です。

 

2.外科外来の看護師として働くメリット

外科外来の看護師として働くメリット

外科外来の看護師の最大のメリットとしては、夜勤がなくて比較的残業が少ないという点です。夜勤がないので体への負担も少ないですし、家事や育児との両立も可能です。

 

勤務時間は病院によって異なりますし全く残業がないかというわけではありませんが、比較的勤務が決まっているのでプライベートの予定が立てやすいです。

 

また、夜勤がないのと同様に子育て中の看護師も働きやすいと言ったメリットが外科外来の勤務にはあります。

 

急変にあたることは少ない

急変にあたることは少ない

外科を受診される患者は重い疾患を抱えている可能性がありますが、病棟と違って外来は直接的に生命を左右したり急変したりという場面に遭遇することがありません。

 

実は、患者の死亡や急変は看護師にとって大きな精神的ストレスになることが多いのです。

 

その点を考えると患者の死亡や急変のリスクが無い職場ということはメリットになると言えます。

 

幅広い知識が身につく

幅広い知識が身につく

外科外来であっても内視鏡検査や日帰りの手術、がん化学療法などといった高度な処置を実施する病院も増えています。

 

その為、外科外来で勤務することにより、看護師としての広く深い知識が得られると共に、専門的な深い知識・経験を身に付けられることもメリットです。

 

3.外科外来の看護師として働くデメリット

外科外来の看護師として働くデメリット

外科外来の看護師として長い期間勤務していると、病棟勤務に戻れるのかという不安を抱いてしまう看護師も少なくないです。

 

人によって違いはありますが、病棟勤務に戻ることができるのかという点が、外科外来の看護師のデメリットになることも考えられます。

 

病棟勤務よりも給料が減る

病棟勤務よりも給料が減る

外科外来の看護師として勤務すると夜勤がなくて比較的残業も少ないというメリットがあります。

 

しかし、それにより夜勤手当がなく残業手当が少なくなることから病棟勤務の看護師より給料が少なくなるといったことがデメリットになることもあるのです。

 

クレーム対応はストレスになる

クレーム対応はストレスになる

外科外来に限ったことではありませんが、外来患者さんは非常に待ち時間が長いのです。

 

そのため、患者や家族からのクレームもあって、そのクレーム対応も外来看護師さんの大事な仕事です。病院としても全ての患者の願いを叶えることも難しく、その為にクレームが発生することも少なくありません。

 

そして、そのクレーム対応が看護師の仕事のひとつになっていると、苦痛に感じてデメリットのひとつになるのです。

 

4.外科外来に向いている看護師とは

外科外来に向いている看護師とは

外科外来の看護師に向いている看護師の特徴をまとめると以下のようになります。

  • 外科全般に関する広い知識がある
  • 外科の医者特有の短期さに耐えられる
  • 基本的にサバサバしている

外科外来で勤務するにあたっては、それまでに外科での臨床経験があるに越したことはありません。

 

また、外科外来の場合は、幅広い外科の診療科の患者が訪れるため、経験の浅い看護師には向いていない職場だと言うこともできるでしょう。

 

外科の医者は短気な人が多い

外科の医者は短気な人が多い

内科と比較すると外科の医者は短気な人が多いのが特徴です。外来の場合、病棟よりも密に医者と関わることになるため、そのような外科の特徴に耐えられる看護師であることが求められます。

サバサバしたキャラクターの看護師がほとんど

サバサバしたキャラクターの看護師がほとんど

病棟においても言えることですが、外科の看護師はサバサバした人がほとんどです。

 

そのため、人によっては外科の看護師の言い方はキツく感じてしまう人もいるでしょう。内科勤務の経験しかない看護師は、外科外来の看護師はあまり向いていないかもしれません。

5.外科外来の看護師として転職する時のポイント

外科外来の看護師として転職する時のポイント

外科外来への転職を考えるのであれば、看護師転職サイトに登録して利用するのがおすすめです。

 

看護師転職サイトに登録すると担当のコンサルタントが、ヒアリングした希望や条件から最適と考えられる求人情報を選択して提供してくれるので効率よく転職活動ができます。

 

また、担当のコンサルタントは転職先の詳細な情報も知っているので、転職後のミスマッチも少なくなるというメリットがあるのです。

 

まとめ

まとめ

病棟での外科経験があり、「自分は内科よりも外科に向いている!」と自覚のある看護師であれば、外科外来へ転職してもスムーズに働くことができるでしょう。

 

また、病棟よりも幅広い診療科の疾患に触れることができるため、やる気さえあれば外科のスペシャリストになることも可能です。

 

外来勤務であればプライベートの時間もしっかり確保することができますから、外科好きのママ看護師にとっては特にオススメの職場だと言えることができるでしょう。

 

次へ
ポイント

看護師求人サイトは全国に50社以上存在しています。良い看護師サイトもあれば、悪徳な看護師サイトもありますので、「看護師が選んだ看護師求人サイト口コミランキング」をチェックすることと、必ず3社以上の複数登録をすることが、転職成功の秘訣です。

 

1位・看護のお仕事

看護のお仕事

地方にも都心部にも強く、また医療専門で行っている求人サイト!

みんなの口コミ

2位・マイナビ看護師

マイナビ看護師

転職のプロ!マイナビグループが運営!スピードを求める方はココ!!

みんなの口コミ

3位・ナースフル

ナースフル口コミ

転職といえばリクルート!やっぱりナースフルが一番!?

みんなの口コミ


看護師転職サイト口コミランキング
LINE看護師パンダスタンプ

■看護師求人サイト転職口コミ「看護師パンダ」コンテンツ

看護師求人サイト転職口コミ集、「看護師パンダ」にお越しいただいてありがとうございます。看護師転職の役に立つ情報を日々更新しています。

看護師転職サイト徹底比較ランキング
看護師求人サイト一覧
看護師転職人気病院
看護師のキャリアアップ資格
看護師転職体験談
看護師求人条件で探す
年代別看護師転職
看護師パンダ