助産院で働く助産師の仕事内容と産婦人科との違いについて

助産院で働く助産師の仕事内容

「助産院」という職場は誰しも一度は耳にしたことがあるでしょう。しかし、産婦人科との違いや助産院で働く助産師の仕事内容について詳細に把握している人は少ないかもしれません。

 

ここでは、そのような助産師さんやこれから助産師になろう考えている方へ向けて、助産院で働く助産師について詳しくご紹介していきます。

 

1.助産師の資格取得について

助産師の資格取得

助産院の助産師になるには、まず助産師国家試験に合格して、助産師の資格を取得する必要があります。

 

また、助産師国家試験を受けるには看護師資格を取得している必要があり、さらに指定されている助産師養成校において1年以上助産師に必要な知識を学び、臨床実習で実践的な技術を身に付ける必要があるのです。

 

男性看護師は助産師になることができない

男性看護師は助産師になることができない

産婦人科医・看護師・保健師は男性でも資格を取得することができるのですが、未だに助産師は男性の資格取得が許されていないのです。

 

その理由は、助産師がより妊産婦の生活に密着して、医学的知識を持った女性ならではのアドバイスをしてくれる存在だからです。

 

つまり男女差別ではなくて、男女の特性を有意義に生かすためなのです。

 

2.助産院と産婦人科の違いとは

助産院と産婦人科の違いとは

助産院というのは、国家資格保有者である助産師が責任者となって開設している医療施設で、妊婦健診などの管理や分娩を行っています。

 

ただ助産師は医師ではないので医療行為を行うことができないので、助産院では自然分娩で安全に出産が可能と考えられる分娩のみを取り扱っています。

 

産婦人科では医者が指揮をとる

産婦人科では医者が指揮をとる

一方の産婦人科は、その名が示す通り産科と婦人科が一緒になった病院です。

 

主に産科では妊娠・分娩に関係することを取り扱って、婦人科では子宮・卵巣・卵管・膣・外陰部に関係する疾病、それから月経や更年期など女性特有の症状や悩みを取り扱っています。

 

出産の指揮をするのは産婦人科医なので、分娩時に医療行為ができることから、医療行為が必要となる可能性が高い帝王切開やハイリスクの分娩は産婦人科で行うことになります。

 

また避妊相談や避妊手術、また不妊治療なども産婦人科です。

 

助産院は総合病院や大学病院などと連携している

助産院と産婦人科の大きな違いは、産婦人科の医師がいるかいないかで、医療行為ができるかできないかです。このような違いがあるために助産院では、分娩中のトラブル発生を考慮して病院との連携をしています。

 

何らかの緊急事態が発生した際には嘱託医に連絡して、医師の指示に従って病院へ搬送して分娩・措置が実施できるよう態勢を整えているところが多いのです。特に総合病院や大学病院などと連携して助産院が多いです。

 

3.助産院で働く助産師の仕事内容

助産院で働く助産師の仕事内容

産師の仕事内容は、一般的に出産に立ち会って赤ちゃんを取り上げること認識している方も多いですが、実際にはそれ以外にも多くの仕事をしているのです。

 

  • 妊婦の健康指導
  • 出産後の健康指導
  • 家族計画指導

 

助産院の助産師は、妊娠中の食事や運動などの生活指導も仕事内容のひとつですし、出産後の褥婦の体調管理や母乳指導、乳児指導など、妊娠から出産、そして育児まで一連の流れを管理、および指導しているのです。

 

妊娠・出産に関する知識の普及

妊娠・出産に関する知識の普及

妊婦だけではなく産前教育を通して全ての女性に、妊娠・出産に関連する知識を普及させたり、家族計画指導などを行ったりすることも、視野を広げると助産婦の仕事と言えます。

 

病院の助産院との違いとは

病院の助産院との違いとは

助産院は基本的に母子ともに正常な状態で自然分娩を行う場所で、その出産の介助を行うのが助産院の助産師が行う主な仕事になります。つまり、産婦人科医の指示の下で出産を介助する病院とは違って、助産師が責任を持って助産介助をするのです。

 

また、妊婦さんの自宅を訪れて自宅での助産介助をするのも助産院の助産師の仕事内容で、この点が病院の助産師と異なる仕事内容と言えます。

 

 

4.助産院で働く助産師のやりがいと負担

助産院の助産師のやりがいと負担

助産院の助産師のやりがいとなることは、何といっても新しい生命の誕生に立ち会えることです。

 

産婦人科の医師と違って助産院の助産師は、妊娠した時点から陣痛・出産までずっと一緒に付き添っているので、妊婦さんとの信頼関係が生まれます。

 

そうして一緒に寄り添うことで心を通わせられるので、赤ちゃんの誕生を同じ女性として喜び合うことができることがやりがいにつながります。

 

 

 

やりがいの反面、体力的にはハード

やりがいの反面、体力的にはハード

無事に出産を終えたお母さんや赤ちゃんが笑顔で退院されていく姿、そして感謝の言葉は何よりも嬉しいことで、それが助産師にとってのやりがいを育てることにもなります。

 

このように助産師は魅力的でやりがいのある仕事ですが、お産を介助するためいつ始まるものかわかりません。その為に24時間体制で産婦さんを見守る必要があって、助産院で働く場合夜勤は避けて通れない勤務体制と言えます。

 

助産師の仕事と家庭との両立は難しい?

助産師の仕事と家庭との両立は難しい?

夜勤があることは助産師にとって大きな負担につながることも多く、夜勤により生活のリズムが壊れて体調を悪くしてしまうこともありますし、小さなお子さんがいる場合には夜勤があると困ることもあります。

 

助産院でもこうした助産師の負担を少しでも軽減しようと、休日やシフトを工夫するなどの対策をしていても、負担になっていることは確かです。

 

まとめ

まとめ

助産院には医者が常駐していないため、産婦人科の助産師と比較すると、助産師1人1人の責任は非常に重いと言わざるをえません。しかし、その責任の重さ故に、助産師として大きくキャリアアップできるのは確かです。

 

また、助産院での経験を経て開業の道が開けることもあるでしょう。自分の将来性を広げるためにも、助産院は助産師にとって非常にオススメの職場であると言えます。

 

次へ
ポイント

看護師求人サイトは全国に50社以上存在しています。良い看護師サイトもあれば、悪徳な看護師サイトもありますので、「看護師が選んだ看護師求人サイト口コミランキング」をチェックすることと、必ず3社以上の複数登録をすることが、転職成功の秘訣です。

 

1位・看護のお仕事

看護のお仕事

地方にも都心部にも強く、また医療専門で行っている求人サイト!

みんなの口コミ

2位・マイナビ看護師

マイナビ看護師

転職のプロ!マイナビグループが運営!スピードを求める方はココ!!

みんなの口コミ

3位・ナースフル

ナースフル口コミ

転職といえばリクルート!やっぱりナースフルが一番!?

みんなの口コミ


看護師転職サイト口コミランキング
LINE看護師パンダスタンプ

■看護師求人サイト転職口コミ「看護師パンダ」コンテンツ

看護師求人サイト転職口コミ集、「看護師パンダ」にお越しいただいてありがとうございます。看護師転職の役に立つ情報を日々更新しています。

看護師転職サイト徹底比較ランキング
看護師求人サイト一覧
看護師転職人気病院
看護師のキャリアアップ資格
看護師転職体験談
看護師求人条件で探す
年代別看護師転職
看護師パンダ