小児科外来の3つの特徴と看護師に求められる役割

小児科外来の3つの特徴と看護師に求められる役割

小児科外来の看護師の仕事は、子供が好きな人や看護師として総合的なスキルをアップしたいと考えている人に人気の仕事です。

 

その理由は、小児科外来は疾患の種類で区別のある診療科ではなくて、0歳から15歳までの小児患者を一手に引き受けている診療科だからです。

 

ここでは、そんな小児科外来の特徴や看護師に求められる役割について詳しくご紹介していきます。

 

1.小児科外来の種類と特徴について

小児科外来の種類と特徴

小児科外来と一概に行っても活躍の場所は大きく3つに分けられて、それぞれで看護師の役割にも違いがあります。

 

  • 日常的な診療を実施する一般外来
  • 長期的療養が求められる慢性疾患などを診療する特殊外来
  • 各種健康診断や予防接種などを行う小児科外来

 

小児科外来の主な仕事内容としては、主に問診や医師の診療補助ですが、その他にも採血や点滴の施行などもあります。

 

また健診時の身長や体重計測、ワクチン発注なども業務の範囲になります。

 

それでは、小児科の一般外来・特殊外来・小児科外来のそれぞれで、どのような役割が求められていくのかを見ていきましょう。

 

医者の補助が中心となる一般外来

医者の補助が中心となる一般外来

日常的な診療を実施する一般外来における看護師の役割は、受診する子供もご家族も不安が大きいので、その不安を取り除いてあげることです。

 

その為には、話しやすい雰囲気作りが大切ですし、診察から検査・処置までの流れなどを理解しやすく説明してあげることも大事です。

 

医師の説明や指示に対して理解しているかどうかを観察して、補足する必要がある場合には適切な説明・指導することも大事な役割になります。

 

各分野との連携が求められる特殊外来

各分野との連携が求められる特殊外来

長期的療養が求められる慢性疾患などを診療する特殊外来では、子供とご家族が日常生活を良い状態で継続できるように支援をする役割があります。

 

その為には、受診時に観察をしっかりと行いアドバイスすると共に、日常生活や社会生活が順調かを確認し不安や支障になっていることなどを聞き取り理解することです。

 

また、様々な領域の専門職が関連してくることもあるので、各分野との連携がスムーズにいくようにすることも看護師の役割となります。

 

個別対応が求められる小児科外来

個別対応が求められる小児科外来

各種健康診断や予防接種などを行う小児科外来においては、保健所・保健センターではなくて小児科病院で受ける理由が親としてあるはずです。

 

個別に健康状態を診てほしいと考えている場合が多いので、家族の話しを聞いて相談や指導を行うのが役割としてあります。

 

また、小児科外来の場合、インフルエンザなど予防接種の時期になると一時的に業務が忙しくなると言った特徴があるのも小児科外来の仕事の特徴のひとつです。

2.小児科外来で働く看護師に求められるスキル

小児科外来で働く看護師

特殊な看護が求められる小児科外来では、以下のようなスキルが求められます。

 

  • 子供の心を開くコミュニケーション能力
  • 家族への説明力

 

子供は直感的に子供が好きな大人を見極めると言われていて、看護対応で子供が泣いたり、心を開いてくれなかったりすることがないようコミュニケーション力をつけるのも仕事の範囲と言えます。

 

また、治療の経過状況の共有や治療内容の決定については保護者や家族が行うため、大人への対応も求められるので、保護者や家族への説明能力や気持ちをなだめる能力なども必要となります。

3.小児科外来での看護師のやりがいと負担

小児科外来での看護師のやりがいと負担

小児科外来で勤務する看護師のやりがいには様々ありますが、子供たちの笑顔が見られて家族から感謝されることが他の診療科より多いというのがひとつあります。

 

また、看護師として多様な知識とスキルが身に付けることが、他の診療科と比較して有利ということが挙げられます。

 

しかし、このようなやりがいがある反面、小児科外来ならではの負担があるのも事実です。

 

子供の笑顔が見れることは何よりのやりがい

ただでさえ看護師の仕事は多忙ですからその中で子供たちの笑顔に接することができることは、やりがいにつながりますし小児科を選択する理由となります。

 

また保護者である親にしてみると、子供が病気やケガで苦しむことは何よりも辛く、時には自分自身の責任も感じてしまうこともあります。

 

その為、症状が回復して元気になった時の感謝は大きく、その喜びに触れることが看護師としてのやりがいにもつながります。

 

看護師として幅広い知識が身に付く

看護師として幅広い知識が身に付く

小児科外来は0歳から15歳までの子供を対象とし様々な疾病をカバーするので、看護師としても広い範囲の知識が必要になりますし、様々な看護パターンを経験することができます。

 

このような経験は他の診療科にはないので、看護師として多様な知識とスキルが身に付けることは有利ですし、それがやりがいにつながっていきます。

 

子供と親を双方納得させることは難しい

子供と親を双方納得させることは難しい

健康な時の子供と違って病気やケガによるストレスで、子供とのコミュニケーションが難しいことがあります。

 

また、親に対して様々な説明をしたり不安を取り除いたりすることも仕事のひとつになりますが、親によってはコミュニケーションが難しいケースもあるのです。

 

こうした子供や親とのコミュニケーションが難しい点が、看護師にとって負担に感じられる時もあります。

 

まとめ

まとめ

小児科外来の看護師は可愛い子供達と触れ合い大きくやりがいを感じられる反面、小児科ならではの看護師の負担もあります。

 

なぜなら、子供が相手だとスムーズに治療が進まないことが多く、また時にはモンスターペアレンツの対応も求められるからです。

 

しかし、そのようなメリット・デメリットを含めても、小児科外来は看護師として更に成長していきたい人にとってオススメできる職場であることは間違いありません。

 

成人看護や老人看護に少し「飽きてきた」と感じている看護師の方は、ぜひ小児科外来の世界に足を踏み入れてみてはいかがでしょうか。きっと、今までにない発見があるはずです。

 

次へ
ポイント

看護師求人サイトは全国に50社以上存在しています。良い看護師サイトもあれば、悪徳な看護師サイトもありますので、「看護師が選んだ看護師求人サイト口コミランキング」をチェックすることと、必ず3社以上の複数登録をすることが、転職成功の秘訣です。

 

1位・看護のお仕事

看護のお仕事

地方にも都心部にも強く、また医療専門で行っている求人サイト!

みんなの口コミ

2位・マイナビ看護師

マイナビ看護師

転職のプロ!マイナビグループが運営!スピードを求める方はココ!!

みんなの口コミ

3位・ナースフル

ナースフル口コミ

転職といえばリクルート!やっぱりナースフルが一番!?

みんなの口コミ


看護師転職サイト口コミランキング
LINE看護師パンダスタンプ

■看護師求人サイト転職口コミ「看護師パンダ」コンテンツ

看護師求人サイト転職口コミ集、「看護師パンダ」にお越しいただいてありがとうございます。看護師転職の役に立つ情報を日々更新しています。

看護師転職サイト徹底比較ランキング
看護師求人サイト一覧
看護師転職人気病院
看護師のキャリアアップ資格
看護師転職体験談
看護師求人条件で探す
年代別看護師転職
看護師パンダ