化学療法科の看護師の役割と特徴とは?メリット・デメリットについて

化学療法科の看護師の役割と特徴

化学療法科で働く看護師の役割には、患者さんの意思決定をサポートすることがあります。癌治療においては、がんの状態や生存率などによって複数の選択肢があり、患者さんはその中から選択をすることになります。

 

そのため、化学療法科の看護師は患者さんの選択をサポートして、気持ちに寄り添いながら治療を支援することが大切な役割となります。

 

このページでは、更に詳しく化学療法科の看護師の仕事内容や実態について、看護師として働くメリット・デメリットをご紹介していきます。

 

1.化学療法科で働く看護師の役割と仕事内容

化学療法科で働く看護師の役割と仕事内容

病院によって異なるところもありますが、化学療法科に訪れる患者さんの流れは以下のようになります。

 

  • 採血
  • 主治医の診察
  • 化学療法の実施

 

一般的にはまず最初に採血を行い、その後で医師の診察を受けた後に化学療法を行います。その後、病院によっては薬剤師の面談を組まれているケースもあります。

 

化学療法に関する専門的な知識は必須

化学療法に関する専門的な知識は必須

患者さんは薬剤師と面接をすることもありますが、最終的に患者さんに対して薬剤の投与管理指導を行うのは看護師の役割となるため、化学療法科における投与管理に関しては専門的な知識を持っていることが必要です。

 

患者が前向きに治療に取り組めるような声かけ

患者が前向きに治療に取り組めるような声かけ

化学療法科では、どの患者さんも体調があまり良くなかったり、気分がすぐれない場合がほとんどです。

 

そのため、看護師は患者さんが「前向きに治療を頑張るぞ!」という気持ちになれるようなコミュニケーションを取ることもまた、看護師の大切な仕事内容となります。

 

投薬後の容態管理も看護師の仕事内容

投薬後の容態管理

化学療法科では、処置を受ける際に患者さんの体にかかる負担がとても大きいという特徴があります。

 

そのため、治療前のバイタルチェックやケアはもちろんですが、治療の後に患者さんが安心して横になれるようリラックスできる環境や雰囲気を提供したり、治療後の容態管理をすることもまた、看護師の仕事内容となっています。

 

化学療法と患者の日常生活を両立させるサポート

化学療法と日常生活を両立させるサポート

化学療法科では薬剤の服用や投与がとても大切となり、副作用の観察なども看護師に与えられる役割となります。

 

副作用が強く出る薬剤も多いため、看護師は患者さんとコミュニケーションを取りながら、薬剤が適切に投与されているかを管理把握したり、副作用の管理及び指導やアドバイスを行うことも役割となります。

 

副作用に戸惑う患者へ安心を与える

患者さんにとっては、初めて自分の身に起こる副作用にどのように対処すればよいか分からずに戸惑ったり不安を抱える人が多いものです。

 

しかし看護師にとっては、たくさんの症例を経験しているわけなので、症例を元にセルフケアのアドバイスを行ったり、症状の管理などを行うこともまた、看護師に与えられた役割となります。

 

 

患者さんや家族との密接なコミュニケーション

がん治療においては、患者さん一人だけではなく家族もチームとなって患者さんをサポートしていくことが必要です。

 

そのため、看護師は患者さんとのコミュニケーションに加えて、その家族とも密接なコミュニケーションを取ることが必要不可欠となります。コミュニケーション能力は化学療法科で働く看護師にとっては必要不可欠なスキルと言えるでしょう。

 

 

2.化学療法科の看護師として働くメリット

化学療法科の看護師として働くメリット

化学療法科は、患者さんがツラい治療を受けに足を運ぶ診療科目なため、患者さんの笑顔や明るい表情を見る機会が少ないものです。

 

そして、がん治療においては、化学療法を受けても効果があまり見られないケースがありますが、中には化学療法を受けることで治療効果が表れ、健康を取り戻せる患者さんもたくさんいます。

 

ツラい治療を乗り越えて健康を取り戻した患者さんを見ると、化学療法科の看護師は大きな感動や達成感を得ることができ、やりがいを感じることができます。

 

看護師自身が精神的にタフになれる

看護師自身が精神的にタフになれる

患者さんの中には、治療を受けても効果が見られず、残念ながら亡くなってしまうケースもあります。

 

そうした場合には無力感を実感する看護師は多いのですが、ガンと向き合う患者さんを毎日向き合うことによって、看護師自身が精神的にタフになれます。

 

精神面が鍛えられることによって、小さなことだと不安にならない強さを身につけられたという看護師は多いようです。

 

3.化学療法科の看護師として働くデメリットとは

化学療法科の看護師として働くデメリット

化学療法科は、ガンを向き合う患者さんのケアをする診療科目です。

 

そこで働く看護師にとっては、患者さんや家族の人生に深くかかわることになり、それが精神的な大きなストレスや負担になってしまうことは少なくありません。

 

わずかなミスも決して許されない

わずかなミスも決して許されない

化学療法科で働く看護師に課せられる責任はとても重いという点はデメリットと言えるでしょう。

 

ガン治療における化学療法では、薬剤の作用がとても強いため、患者さんによっては治療を受けた後に容態が急変することもあります。

 

そうした際には迅速に対応するとともに適切な処置をすることが看護師にもとめられることになり、わずかな判断ミスや対応の遅れが、患者さんの命にかかわってしまう場合があります。

 

強い精神力がなければ向かないこと

強い精神力がなければ向かないこと

体力的にはあまりタフでなくても仕事を遂行することができる化学療法科ですが、精神面ではほかの診療科目とは比較にならないほど強い精神力を求められますし、患者さんを支える精神力なども持たなければいけません。

 

 

プレッシャーに耐えかね、うつ病を発症する看護師もいる

人によっては、そうした精神的なプレッシャーに耐えられずに転科したり転職する人もいるため、精神面での負担は化学療法科で働くデメリットとなります。

 

また、そうしたプレッシャーやストレスに堪えられず、看護師自身がうつ病などを発症しやすい点もまた、この診療科で働くことのデメリットと言えるかもしれません。

 

まとめ

まとめ

命を預かる立場である看護師には、常に精神的な負担がのしかかっているでしょう。しかし、がん治療にダイレクトに関わる化学療法科の看護師の精神的な負担は一際大きいのではないでしょうか。

 

そのため、化学療法科の看護師は向き不向きが別れるところではありますが、内科看護やがん看護に興味がある看護師にとっては、最適な職場だと言えるのではないでしょうか。

 

次へ
ポイント

看護師求人サイトは全国に50社以上存在しています。良い看護師サイトもあれば、悪徳な看護師サイトもありますので、「看護師が選んだ看護師求人サイト口コミランキング」をチェックすることと、必ず3社以上の複数登録をすることが、転職成功の秘訣です。

 

1位・看護のお仕事

看護のお仕事

地方にも都心部にも強く、また医療専門で行っている求人サイト!

みんなの口コミ

2位・マイナビ看護師

マイナビ看護師

転職のプロ!マイナビグループが運営!スピードを求める方はココ!!

みんなの口コミ

3位・ナースフル

ナースフル口コミ

転職といえばリクルート!やっぱりナースフルが一番!?

みんなの口コミ


看護師転職サイト口コミランキング
LINE看護師パンダスタンプ

■看護師求人サイト転職口コミ「看護師パンダ」コンテンツ

看護師求人サイト転職口コミ集、「看護師パンダ」にお越しいただいてありがとうございます。看護師転職の役に立つ情報を日々更新しています。

看護師転職サイト徹底比較ランキング
看護師求人サイト一覧
看護師転職人気病院
看護師のキャリアアップ資格
看護師転職体験談
看護師求人条件で探す
年代別看護師転職
看護師パンダ