今話題の看護専門外来とは?代表的な4つをご紹介

今話題の看護専門外来とは

入院日数の短縮と在宅療養の推進により、患者が療養上の問題を解決したりセルフケアの術を覚えたりする前に退院するというケースが増えました。

 

しかし、そのような患者が通院してきても医師は治療で手一杯、ゆっくり患者一人ひとりの相談に乗ることができないことから誕生したのが「看護専門外来」です。

 

看護専門外来では一般の病棟や外来とは異なり、看護師が主体となって患者に接していくことができるため看護師の中でも年々注目があつまっています。

 

ここでは、そんな看護専門外来の中でも代表的な「糖尿病」「失禁」「便失禁」「リンパ浮腫」外来についてご紹介していきます。

 

1. 糖尿病外来とは?看護専門外来について

糖尿病外来とは

看護外来の中でも特に代表的なのが「糖尿病外来」だと言われています。

 

糖尿病は患者自身のセルフコントロールが難しいことも多い上、患者個人個人のライフスタイルに合わせた指導が必要になるため、どうしても定期的な専門家のサポートが必要になるのです。

 

糖尿病看護認定看護師が活躍

糖尿病看護認定看護師が活躍

糖尿病外来においては、初診の患者に対してまず日常生活の状況やこれまでの経過について問診した後、医師による診察を通して今後の診察の方向性を決め、糖尿病看護認定看護師などの資格を持った専門の看護師により、検査や療養指導、栄養指導、運動教室などが施されます。

 

特に自覚症状のないことの多い糖尿病では病気がどの程度進んでいるのかを定期的にチェックしなければならないため、血圧や体重、血液、尿、ヘモグロビンA1cなどの検査は必須となります。

糖尿病看護認定看護師については「糖尿病看護認定看護師になるには」を確認してください。

 

フットケアは欠かせない

足に感染を起こしやすい糖尿病にはフットケアが欠かせません。

 

フットケアは基本的に患者自身が行うものですが、正しいケア方法を指導したり患者のフットケアでは不足している部分を補ったりするために、糖尿病外来での治療が必要になります。

 

病院によってはこのフットケアに特化した「フットケア外来」を設けている所もあります。

 

2. 失禁外来とは?看護専門外来について

失禁外来とは

「失禁外来」は主に泌尿器科を扱う病院に設けられている外来で、「尿失禁」に関係する疾患で悩まされている人たちの外来治療を目的とした診療科目です。

 

元々人の正常な排尿機能においては尿を膀胱内に保持し尿意を覚えた時やあるいは特別尿意を感じなくても意識的に尿を排出することができるようになっています。

 

しかし、これらの蓄尿機能や排尿機能が損なわれ自身で排尿に関係するコントロールができない症状を「尿失禁」と呼びます。

 

失禁外来では、尿失禁の問題を抱える患者さんに対し、症状別に体操・薬物・手術療法を行っていきます。

 

尿失禁のタイプによって対応が異なる

尿失禁のタイプによって対応が異なる

尿失禁にはそのタイプごとに種類分けがなされています。

 

  • 腹圧性尿失禁(くしゃみや重いものを持ち上げた時などお腹に力が入った時に尿モレを起こす)
  • 切迫性尿失禁(抑えきれないほどの強い尿意が起こることでトイレに間に合わずもれてしまう)
  • 混合性尿失禁(腹圧性と切迫性を合併している)
  • 溢流性尿失禁(重度の排尿障害により膀胱に過度の尿が溜り溜めきれなくなってあふれ出してしまう)
  • 機能性尿失禁(身体機能や認知機能の低下により尿が漏れてしまう)

 

代表的なものが上記の5種類であり、まずは患者がどのタイプの尿失禁であるのかを見極めた上で適切なケアを行っていく必要があるのです。

 

女性患者が多い

尿失禁は女性に多く、成人女性の3人に1人は症状を経験したことがあるほどと言われているのです。

 

失禁外来に受診する人はそれぞれで、初めての尿モレで驚いて受診する人もいれば尿モレパッドの使用に嫌気がさして受診する人、歳のせいとあきらめている人や全く気にならない人もいる一方で、恥ずかしくて誰にも相談できず独りで悩んでいる人も少なくありません。

 

看護師に求められる役割とは

看護師に求められる役割とは

看護師は、問診やテストの結果で患者の失禁状態を正確に把握し、患者1人1人に合わせた看護計画をたて以下のような指導を行っていきます。

 

  • 骨盤底筋体操
  • 膀胱訓練法
  • 生活指導
  • 患者に合った失禁対策用具の選定
  • カウンセリング
  • 排泄介護のアドバイス

 

病院によっても異なりますが、失禁外来の看護師には「皮膚・排泄ケア認定看護師」であったり、日本コンチネンス協会が定める「日本コンチネンス協会認定排泄ケア専門員」の看護師が多いようです。

 

失禁外来の看護師に興味があるようであれば、上記の資格取得を検討し、その病院が定める要件を確認していきましょう。

 

3. リンパ浮腫外来とは?看護専門外来について

リンパ浮腫外来とは

リンパ浮腫外来の主な目的は、前述の通りリンパ浮腫の改善と合併症の予防や精神的サポート、また子宮がんや前立腺がんなどのがん治療を受けている人にリンパ浮腫が発症するのを未然に防ぐ予防と早期発見です。

 

リンパ浮腫について

リンパ浮腫について

人の体中に張り巡らされているリンパ管にはリンパ液が流れており、正常な体であれば静脈で処理しきれなくなった老廃物や過剰な水分を引き受けてリンパ液としてろ過されながら心臓の近くまで流れて再び静脈と合流します。

 

しかしがん治療などによってリンパ節を切除したり放射線治療を受けたりしているとリンパ機能に障害が起こってリンパ液の流れが滞り、過剰な水分や老廃物が溜ってむくみが表れるのです。

 

これが「リンパ浮腫」と呼ばれる症状で、一度リンパ浮腫が起こると完治は非常に難しいと言われています。

 

適切な処置で軽減させることは可能

むくみがひどくなると衣服の着脱すら困難になるなど日常生活にも大きな支障が出るのですが、適切な処置をとることでむくみを軽減させることは可能です。

 

このため、リンパ浮腫を発症した患者を対象にその緩和を主な目的として総合病院やがんセンターなどに設置されているのが、「リンパ浮腫外来」です。

 

看護師に求められる役割とは

看護師に求められる役割とは

リンパ浮腫外来においては担当医師により診断や検査、治療方針などが決定されますが、主に患者を担当するのは専任の看護師で、スキンケアやリンパドレナージ、運動療法、セルフマッサージなどを施し、同時にケア方法の説明や日常生活に関する指導を行います。

 

リンパ浮腫外来の担当看護師の中には、リンパ浮腫療法士やリンパドレナージ協会認定セラピスト、緩和ケア認定看護師などの資格を取得し活躍している人が多くいます。

 

4. 便失禁外来とは?看護専門外来について

便失禁外来とは

気づかない間に便が漏れて下着を汚してしまうなどの「便失禁」に苦しむ患者は推計500万人はいるとされており、特に高齢者の7.5%は便失禁に悩んでいるとも言われています。

 

実は便失禁は症状が軽いうちに診察を受け治療すれば改善される病気なのですが、恥ずかしさ故に誰にも相談できず悩んでいる患者も少なくありません。

 

このことから総合病院や泌尿器科系の病院などに併設されているのが、「便失禁外来」です。

 

まずは便失禁の原因を探る

まずは便失禁の原因を探る

便失禁外来では、まず問診によって便の状態と漏れの程度を確認し、次に検査によって失禁の原因を探って行きます。

 

便失禁は大体、以下のような理由が背景にあります。

 

  • 加齢による肛門周囲の筋肉の衰え
  • 出産や痔の手術による肛門周囲の筋肉の損傷
  • 直腸がんや直腸腫瘍の手術後
  • 糖尿病や神経疾患などの内科疾患

 

これらにより内括約筋や外括約筋の筋力が衰えると便意を感じず知らない間にあるいは便意を感じてはいるものの我慢できずに便失禁が起こります。

 

そのため肛門診や直腸肛門内圧検査などで括約筋の強さを検査していきます。

 

看護師に求められる役割とは

看護師に求められる役割とは

検査によって便失禁の原因とその重軽度を確認した後、食事指導や薬の処方による便性の安定を図る保存治療を行い、また骨盤底筋体操の指導や肛門括約筋の収縮を訓練するバイオフィードバック療法などによって改善を図ります。

 

これらの治療には皮膚・排泄ケア認定看護師など専門の資格を持った看護師があたり、主体となって活躍しているところが多いようです。

 

まとめ:看護専門外来で働くためには

看護専門外来で活躍したいのであれば、その分野における認定資格を取得するのが一番の近道のようです。

 

また、看護専門外来を有する病院は非常に限られているため、病院探しの際は多数の求人情報を持つ看護師転職サイトの利用をオススメします。

 

もしくは、今いる病院で既に実績があるのであれば、思い切って看護専門外来の立ち上げを提案してみていもいいかもしれません。

 

医者の指示の元ではなく、看護師が主軸となって動ける看護専門外来で働くのは想像するだけでも、ものすごくやりがいを感じられそうです。

 

そして、看護師としての更なる自信にも繋がるでしょう。

 

次へ
ポイント

看護師求人サイトは全国に50社以上存在しています。良い看護師サイトもあれば、悪徳な看護師サイトもありますので、「看護師が選んだ看護師求人サイト口コミランキング」をチェックすることと、必ず3社以上の複数登録をすることが、転職成功の秘訣です。

 

1位・看護のお仕事

看護のお仕事

地方にも都心部にも強く、また医療専門で行っている求人サイト!

みんなの口コミ

2位・マイナビ看護師

マイナビ看護師

転職のプロ!マイナビグループが運営!スピードを求める方はココ!!

みんなの口コミ

3位・ナースフル

ナースフル口コミ

転職といえばリクルート!やっぱりナースフルが一番!?

みんなの口コミ


看護師転職サイト口コミランキング
LINE看護師パンダスタンプ

■看護師求人サイト転職口コミ「看護師パンダ」コンテンツ

看護師求人サイト転職口コミ集、「看護師パンダ」にお越しいただいてありがとうございます。看護師転職の役に立つ情報を日々更新しています。

看護師転職サイト徹底比較ランキング
看護師求人サイト一覧
看護師転職人気病院
看護師のキャリアアップ資格
看護師転職体験談
看護師求人条件で探す
年代別看護師転職
看護師パンダ