自由診療のクリニックで働く看護師のメリット・デメリット

自由診療のクリニックで働く看護師

「自由診療」という言葉を最近よく耳にするようになりました。

 

医療が多様化してきた今、その全てを保険内でまかなうことは難しく自由診療のクリニックが増えてきているのです。

 

自由診療のクリニックには、一般の医療施設とは異なる面が多々あります。

 

最近では、転職先として自由診療クリニックを選択する看護師も増えてきたため、ここでは、自由診療クリニックの特徴や働く看護師のメリット・デメリットについてお伝えしていきます。

 

自由診療クリニックとは

自由診療クリニックとは

ごく一般的な病院で行われている治療は保険診療内の治療であり、患者は治療費の3割程度を支払って残りの7割は国が負担します。

 

しかしまだ日本では「治療」と認められていない分野や美容目的の治療である場合には、保険診療と見なされず患者が全額を負担しなければならない「保険外診療」となります。

 

そしてこのような保険外診療を専門的に行っているクリニックが「自由診療クリニック」です。

 

看護師が働ける自由診療のクリニックの種類

比較的給与が高めでしかも勤務時間が規則正しい自由診療のクリニックです。そのため、一般の病院勤務からこちらへ転職したいと考える看護師も少なくありません。

 

では看護師の転職先として可能性のある自由診療のクリニックにはどのようなものがあるのでしょうか。

 

  • 美容系クリニック
  • レーシック専門クリニック
  • 不妊治療専門クリニック

 

他にも自由診療クリニックは多々ありますが、ここではその中でも代表的な3つをご紹介させていただきます。

 

美容系クリニックの特徴

自由診療クリニックと聞いてまず思い浮かべるのが「美容系クリニック」ではないでしょうか。「美容整形外科」や「美容皮膚科」などがそれにあたります。病気の治療では なく美容が目的であるため、ほとんどの場合が自由診療になります。

 

美容系クリニックでの看護師の仕事の中にはオペ介助や医師の指示に基づく注射や検査、機械を使用した施術などもありますが、基本的に病院で求められるような看護師スキ ルより接客スキルの方が重視されます。

 

レーシック専門クリニックの特徴

レーシックも夜勤や急患が運び込まれるということはないので、その点で病院勤務より楽ではありますが、クリニックによっては患者が来院しやすいように夜遅くまで、あるいは土日祝日も診療しているところもあるため、拘束時間が長く必ずしも「土日祝日休み」とは限りません。

 

不妊治療専門クリニックの特徴

今のところ日本では不妊は病気とは見なされていないので、こちらも自由診療となります。一般の産婦人科などでも不妊治療を扱っていますが、専門クリニックは不妊治療に 特化しているため、この分野に特に関心がある人や不妊に悩む人をサポートしたいと考えている看護師にはピッタリの職場になります。

 

自由診療クリニックで働く看護師のメリット

自由診療クリニックで働く看護師のメリット

自由診療クリニックと一言で言っても幾つか分野がありますが、いずれの場合であってもそこで働く看護師のメリットとして、「夜勤がなく規則正しい生活を送れる」ということが挙げられます。

 

病棟であれば24時間365日常に患者がいてそれに対応しなければなりませんが、そのような緊急性を伴わない自由診療クリニックの場合「診療時間は○時~○時・○曜日は休診」と決まっているので体力的にも楽で、家族やプライベートの時間も充実させることができます。

 

また診療時間が決まっているので余程の緊急事態でなければ診療時間外の患者は受け付けないため残業も少なくて済みます。

 

実力次第で年収アップ

実力次第で年収アップ

自由診療クリニックでは治療費を自由に設定できるため、看護師の給料も比較的高めに設定されていることが少なくありません。

 

加えてインセンティブ制度を採用しているクリニックであれば、実力次第で更に年収がアップします。

 

自分の実力が評価されてそのまま給料に反映されるのはやはり嬉しいものですし、やりがいにも繋がります。インセンティブ制度の有無は別にしても、夜勤や残業がないにもかかわらず給料が高いというのは、看護師転職を考える大きなきっかけとなるはずです。

 

自由診療のクリニックで働く看護師のデメリット

自由診療のクリニックで働く看護師のデメリット

夜勤や残業がなく、その上比較的給料も高めという実に魅力的な職場が「自由診療クリニック」ですが、そのようなメリットの裏側にはやはり多少のデメリットも存在しています。

 

給与面だけで決めるのではなく、これらのデメリットも踏まえた上で慎重に考えていきましょう。

 

看護師業務が少ない傾向にある

看護師業務が少ない傾向にある

自由診療で働くデメリットの1つは、「看護師業務が少ない傾向にある」ということです。

 

これは勿論自由診療の分野にもよるのですが、自由診療に多いのが美容整形外科や美容皮膚科であり、これらの診療科では多少手術介助などもあるとは言え病院勤務と比べると明らかに看護師本来の仕事をする機会が少なくなります。

 

また看護師業務が少ない代わりに清掃や電話応対、物品の発注管理、カルテの整理など病院では必要のなかった雑用をしなければなりません。これはスタッフが少ない個人クリニックならではのデメリットと言えるでしょう。

 

臨床経験を積んだことにはならない

臨床経験を積んだことにはならない

特に医療業界では美容整形などで働いた期間については臨床経験として扱ってもらえないない為、新たに一般病院へ転職するとなると新人やブランク看護師としての扱いを受けることになります。

 

そのため、一般病院への再就職も視野に入れているのであれば、自由診療クリニックへはあまり長居をするべきではなさそうです。

 

高額治療であるが故にトラブルがおきやすい

高額治療であるが故にトラブルがおきやすい

美容系に限らず患者は高額の治療費を自腹で支払って治療を受けるため、満足の行く結果が出なかった場合にクレームを付けられてしまうなど、患者とのトラブルが起こりやすいのも自由診療の注意点になります。

 

こういった点を面接前に予め確認しておきたいなら、転職サイトの担当者に情報を求めたりリサーチしてもらったりするのも1つの方法です。

 

クレーム対応とノルマが負担になることも

クレーム対応とノルマが負担になることも

クレーム処理に関しては院長や担当医師が受け付けるところもありますが、看護師に任せているところも少なくないのでクレーム処理に大きなストレスを感じてしまう看護師もいます。

 

また一部のクリニックでは看護師に営業ノルマを課しているところもあるので、これも看護師にとって負担になってしまうことがあるようです。

 

自由診療クリニックへの転職注意点

自由診療クリニックへの転職注意点

給与や勤務時間の面で一般病院より比較的待遇の良い自由診療クリニックへ転職したいと考えている看護師も少なくないでしょう。

 

しかし自由診療クリニックへの転職に際しては、幾つかの注意点を考慮に入れておく必要があります。

 

 

看護師に営業的な役割が求められることも

看護師に営業的な役割が求められることも

特に美容系クリニックの場合、患者は病院というよりはエステサロンの延長のような感覚で来院してきますから、「患者」というよりは「お客様」として接してもらうことを期待しています。

 

従って挨拶や言葉遣い、身繕いなどを含めた丁寧な応対が求められ、クリニックによってはある程度の容姿を採用基準にしていることさえあります。

 

従って、そもそも接客業は苦手という人には向かない職場と考えておいた方が良いでしょう。

 

インセンティブを含めた金額を求人票に載せている可能性がある

インセンティブを含めた金額を求人票に載せている可能性がある

化粧品の売上や契約取り付けなどにノルマがある時、これが給料査定に大きく影響を及ぼす場合があります。

 

あるいはインセンティブ制をとっていて実はこのインセンティブを含めた金額を月収として求人票に載せているクリニックもあるので、この点は特に注意が必要です。

 

事前に内部情報を確認しておく

事前に内部情報を確認しておく

自由診療クリニックへの転職を失敗しないためには事前の情報収取が鍵となります。

 

転職してから「こんなはずじゃなかった・・・」とならないためにも、転職サイトのコンサルタントを活用して事前に内部情報を確認するようにしましょう。

 

どこで働いてもメリット・デメリットがあるのは確かですが、事前に具体的な仕事内容等を把握することができていれば、より安心して働くことができるはずです。

 

まとめ:自由診療クリニックにくる患者の目は厳しい

自由診療クリニックにくる患者の目は厳しい

どの自由診療クリニックにも共通しているのは、「患者は高額な治療費を支払っている」という点です。

 

患者としても医療者への目が厳しくなるのは、ある程度致し方のないことでしょう。

 

そのため、所謂「接客」が苦手な看護師には自由診療クリニックは向いていないと言えるのではないでしょうか。

 

どこも給与が高いところが多いですが、自分の適性を見極めた上でよくよく考えて行動にうつしていくことをオススメします。

 

次へ
ポイント

看護師求人サイトは全国に50社以上存在しています。良い看護師サイトもあれば、悪徳な看護師サイトもありますので、「看護師が選んだ看護師求人サイト口コミランキング」をチェックすることと、必ず3社以上の複数登録をすることが、転職成功の秘訣です。

 

1位・看護のお仕事

看護のお仕事

地方にも都心部にも強く、また医療専門で行っている求人サイト!

みんなの口コミ

2位・マイナビ看護師

マイナビ看護師

転職のプロ!マイナビグループが運営!スピードを求める方はココ!!

みんなの口コミ

3位・ナースフル

ナースフル口コミ

転職といえばリクルート!やっぱりナースフルが一番!?

みんなの口コミ


看護師転職サイト口コミランキング
LINE看護師パンダスタンプ

■看護師求人サイト転職口コミ「看護師パンダ」コンテンツ

看護師求人サイト転職口コミ集、「看護師パンダ」にお越しいただいてありがとうございます。看護師転職の役に立つ情報を日々更新しています。

看護師転職サイト徹底比較ランキング
看護師求人サイト一覧
看護師転職人気病院
看護師のキャリアアップ資格
看護師転職体験談
看護師求人条件で探す
年代別看護師転職
看護師パンダ