潜在看護師数約71万人!環境が整えば復帰したい看護師は多数

潜在看護師数約71万人

潜在看護師とは子育てや介護、結婚などを理由に看護師の仕事を辞めて看護師として働いていない有資格者のことを言います。この潜在看護師を調べてみると、その数や約71万人にも昇ると言われています。

 

今日本では看護師不足が深刻化しており、外国人の看護師を受け入れる制度が設けられました。しかしながら語学の壁もありなかなか外国人看護師が増えていないのが現状になります。

 

今後も高齢化に伴って看護師の需要は増えていくと考えられますので、ますます看護師不足に拍車がかかるでしょう。

 

そんな看護師不足の解消の鍵を握っているのが潜在看護師の存在だと言われています。

 

1.環境が整えば復帰したい潜在看護師は多数

環境が整えば復帰したい潜在看護師

潜在看護師に今後看護師として復職したいかどうかについて尋ねてみると、条件次第では復職したいと答える潜在看護師が少なくありません。

 

看護師の仕事自体を辞めてしまった理由が改善させるのであれば、再び看護師として働きたいと考えているのです。

 

看護師の仕事を辞めてしまった理由として夜勤などの変則勤務を挙げる方が少なくありません。

 

また、復職に踏み出せない原因としては、ブランクによる不安が挙げられるようです。

 

子育てとの両立が復職の鍵

子育てとの両立が復職の鍵

子育てや結婚をしてから夜勤勤務に従事すると、どうしても家庭や育児との両立が難しくなってしまうため、それが原因で看護師の仕事を辞める方も少なくありません。

 

短時間勤務を希望してもその希望が通らなかった、制度はあっても使うことができなくて辞めてしまったケースもあります。

 

このような問題が改善されることで潜在看護師も復職しやすくなるのです。

 

ブランクによる不安を解消したい

ブランクによる不安を解消したい

看護師として働いていない期間が長くなればなるほどに、看護師として復帰することをためらう気持ち出てきてしまいます。

 

その理由として多いのが、以前習得した技術、知識を忘れてしまった、職場を離れてから新たに導入された医療技術や医療機器に対応できるか心配といった不安です。

 

他の仕事とは異なり、看護師の仕事は命を扱う仕事ですから、ちょっとしたミスが命取りになることもあり得る責任の重い仕事です。

 

そのような潜在看護師のブランクに対する不安を解消することも、復職支援のポイントとなっています。

 

2.潜在看護師を支援するナースセンターについて

潜在看護師を支援するナースセンター

ナースセンターとは1992年に看護師などの人材確保の促進に関する法律に基づき制定されました。

 

中央ナースセンターは日本看護協会、各都道府県にあるナースセンターは各都道府県の看護協会が都道府県より指示を受けて運営しています。

 

中央、都道府県ナースセンターでは、潜在看護師に向けた復職支援研修を積極的に行っているのです。

 

ブランクが長いと忘れてしまっている知識や鈍ってしまった技術を思い出させるため、仕事に復帰したい潜在看護師にとって心強いサポートが受けられます。

 

復職支援セミナーについて

復職支援セミナーについて

復職支援セミナーは各都道府県のナースセンターが定期的に開催しています。

 

そこでは注射や採血、循環アセスメント、酸素吸入などの看護技術の基礎的な内容や正しいやり方について再確認することができるのです。

 

医師やベテラン看護師など現在医療の現場の最前線で働いている方に直接指導を受けられますし、最新の医療技術に触れたいときはそれを扱っている病院やクリニックを見学することもできます。

 

研修を何度か受けることによって仕事に復帰する自信がついてくるはずです。

 

復職支援セミナーで看護の勘を取り戻す!

復職支援セミナーで看護の勘を取り戻す!

復職支援セミナーでは採血や酸素吸入といった基本的な看護技術を基礎から学び直すことができます。

 

看護師として長らく働いていないと、そういった看護の基礎的技術もかなり劣っていると考えられます。

 

現役の医師や看護師から技術を直接学ぶこともできますので、忘れていた技術やコツを思い出すヒントになります。

 

病院やクリニックでの勤務にこだわらない

病院やクリニックでの勤務にこだわらない

復職する際はあえて病院やクリニックでの勤務にこだわらないことも重要になってきます。

 

クリニックや病院では採血や注射といった看護業務が多数出てきてしまいますが、まだ仕事に慣れていないうちはミスをしたり、時間がかかったりすることも出てくるでしょう。

 

それよりも介護施設や訪問介護などで働いたほうが看護技術を多く必要としないため、ブランクの長い潜在看護師ほど復職しやすいと考えられます。

 

看護師転職サイトでも潜在看護師の再就職について相談に乗ってくれますので、利用してみましょう。

 

まとめ

まとめ

医療技術は日々進歩しており、1年間職場を離れただけでも新しい医療技術が導入されていて仕事についていくのが大変と言う声も聞かれるほどです。

 

10年以上ブランクがあると看護師の仕事や必要な知識さえも忘れてしまっていますし、看護の基礎的な技術も劣っていることが十分に考えられます。

 

しかし、たとえブランクが5年だろうが10年だろうが、看護師の場合はいくらでも復職が可能です。なぜなら、各自治体の手厚いサポート支援も受けられますし、自分のレベルに合った職場を選ぶこともできるからです。

 

ブランクが長くなるほど復職への不安が大きくなるのは当然のことですが、実際は「案ずるよりも産むがやすし」であることも多いはずです。ぜひ、勇気を出して最初の一歩を踏み出してみましょう。

 

次へ
ポイント

看護師求人サイトは全国に50社以上存在しています。良い看護師サイトもあれば、悪徳な看護師サイトもありますので、「看護師が選んだ看護師求人サイト口コミランキング」をチェックすることと、必ず3社以上の複数登録をすることが、転職成功の秘訣です。

 

1位・看護のお仕事

看護のお仕事

地方にも都心部にも強く、また医療専門で行っている求人サイト!

みんなの口コミ

2位・マイナビ看護師

マイナビ看護師

転職のプロ!マイナビグループが運営!スピードを求める方はココ!!

みんなの口コミ

3位・ナースフル

ナースフル口コミ

転職といえばリクルート!やっぱりナースフルが一番!?

みんなの口コミ


看護師転職サイト口コミランキング
LINE看護師パンダスタンプ

■看護師求人サイト転職口コミ「看護師パンダ」コンテンツ

看護師求人サイト転職口コミ集、「看護師パンダ」にお越しいただいてありがとうございます。看護師転職の役に立つ情報を日々更新しています。

看護師転職サイト徹底比較ランキング
看護師求人サイト一覧
看護師転職人気病院
看護師のキャリアアップ資格
看護師転職体験談
看護師求人条件で探す
年代別看護師転職
看護師パンダ