看護師が人手不足な職場を退職!引き止めに合わないためのアドバイス4つ

看護師が人手不足な職場を退職

看護師の現場は人不足でなかなか退職が難しいですよね。いざ転職を決意して転職活動を進めてはいるものの師長に辞めると伝える勇気が出ず諦めたという経験をしたことがある人もいると思います。

 

人が足りていないからこそ、退職を切り出しにくく引き止められることも分かっていますよね。でも退職を言い出さなければ先に進むこともできません。そんな人不足の現場でもトラブルなくキレイに辞めるためのアドバイスを紹介しますのでぜひ、参考にしてみてください。

 

1.退職を伝える前に準備をしておく

退職を伝える前に準備

退職を伝えるのはすごく勇気がいりますよね。

 

もしかしたら引き止められたり説教をされたりするんじゃないか、なんて心配になっている人もいると思います。

 

退職前には就業規則を確認する

退職すると決めたら師長や主任に報告が必要ですが、その前に就業規則を確認しておきましょう。

 

病院によっては3ヶ月前には申し出る決まりがあるのでどれくらい前から報告をすれば良いかをきちんと把握しておくことでタイムリミットを決めることができます。

 

ポイント!

退職を考えている期間があまりにも短いと現場に迷惑をかけてしまいトラブルの原因になってしまうので十分に余裕を持って動くようにしましょう。

 

2.納得させる退職理由を用意しておく

納得させる退職理由

師長などに退職の話をすると必ず退職理由を聞かれると思います。

 

看護師に多い退職理由は、結婚出産などのライフイベントや家族の介護、転職のため、引っ越しなどです。

 

理由次第では引き止めにあうことが多い

理由次第では引き止めにあうことが多い

中には退職してしばらくはゆっくり自由にしたいなどと考えている人もいるかもしれませんが、そのままの理由を伝えると引き止められることが多いでしょう。

 

ポイント!

結婚や出産、家族の介護が理由の場合であっても人不足の現場では何かと理由をつけて引き止められることが多いです。

 

引き止め理由が通用しない理由を使って辞める

引き止め理由が通用しない理由を使って辞める

師長から直々に人が足りないから今は辞めないで欲しいとお願いをされると情に流されてしまいそうになりますよね。うまくトラブルなく辞めるためにはこの引き止め理由が通用しないような理由を使って辞めることも方法の1つです。

 

良くある引き止めの内容を紹介

よく聞く引き止めの内容は、人が足りないから新しい人が入るまで辞めないで欲しい、残された人が大変になるから昇進を考えていたのに今辞めるともったいない、シフトを考慮するから残って欲しい、などが多いようです。

 

3.正直に伝えることも大切だけどテクニックも必要

正直に伝えることも大切だけどテクニック

ライフイベントや家族の介護などで退職する場合は病院側も引き留めることができないので退職を認めざるを得ないという状況ですが、転職や職場が嫌で辞める場合などはなかなか認めてもらえないのが現実です。

 

引き止められてしまい退職が実現出来なければ意味がないですよね。そんな時は正直に退職理由を伝えることも大切ですが、うまくテクニックを使ってスムーズに退職しましょう

 

嘘も方便!転勤や引っ越しなどを理由にする

嘘も方便!転勤や引っ越しなどを理由にする

そのテクニックとは、引き止められない状況を理由にすることです。例えば転勤や遠方への引越しなどであれば病院側も引き留めることができません。嘘をつくのはちょっと、という人もいるかもしれませんが正直に伝えることが全て良いとは限らないのです。

 

どうしても辞めたいけど辞められないという状況の時はこのような理由を使って退職交渉をすることもテクニックの1つです。

 

退職するまでは黙っていることが大事

嘘というテクニックを使う場合は完全に退職してしまうまで誰にも嘘であることをバラさないようにしなければなりません。職場が家の近くであり退職後も住み続けるという場合もこのテクニックは使えないので注意が必要です。

 

4.退職交渉は最初に師長に伝える

退職交渉は最初に師長に伝える

よく退職交渉をする前に主任や先輩に相談する人がいますが退職交渉を伝える順番は師長が一番最初です。

 

師長に伝えるまでは主任や先輩には退職したいなどや転職活動をしているなどのことは話さない方が良いです。

 

退職問題は非常にデリケートなことである

退職問題は非常にデリケートなことである

退職の問題というものは非常にデリケートなことであり、退職が決まる前に職場に広まってしまうとキレイに辞めることができなくなってしまう可能性があります。

 

引き継ぎや退職の公表のタイミングは師長に相談する

引き継ぎや退職の公表のタイミングは師長に相談する

師長との退職交渉の中でスタッフへの公表の時期や引き継ぎのタイミングなどを相談して進めるようにしましょう。

 

ここでのポイントとしては、信頼ができる師長である場合は退職を考えている段階で相談という形で早めに伝えましょう。

 

信頼できない師長へは転職先が決まった後に相談

関係性があまり良くなく信頼できない師長である場合はすでに転職の決意が決まり転職先が決まった後に伝えることが良いです。

 

関係性があまり良くない師長に退職の相談もしにくいので全てが決まった後に退職の相談ではなく、退職時期を決めたいと話を持ちかけることが重要です。

 

まとめ

まとめ

退職を師長や主任に伝えるのには勇気がいります。師長から残ってくれとお願いされてしまい情に流され自分の意思を伝えられなかったりすることもあると思います。

 

退職は次に進むために必要なステップですが、トラブルなくキレイに退職したいですよね。退職交渉をうまく進めお互いに気持ちよく退職までを過ごすためには準備やテクニックも必要なので今回紹介した人不足の現場でもトラブルなくキレイに退職するアドバイスをぜひ、参考にしてみてください。

 

次へ
ポイント

看護師求人サイトは全国に50社以上存在しています。良い看護師サイトもあれば、悪徳な看護師サイトもありますので、「看護師が選んだ看護師求人サイト口コミランキング」をチェックすることと、必ず3社以上の複数登録をすることが、転職成功の秘訣です。

 

1位・看護のお仕事

看護のお仕事

地方にも都心部にも強く、また医療専門で行っている求人サイト!

みんなの口コミ

2位・マイナビ看護師

マイナビ看護師

転職のプロ!マイナビグループが運営!スピードを求める方はココ!!

みんなの口コミ

3位・ナースフル

ナースフル口コミ

転職といえばリクルート!やっぱりナースフルが一番!?

みんなの口コミ


看護師転職サイト口コミランキング
LINE看護師パンダスタンプ

■看護師求人サイト転職口コミ「看護師パンダ」コンテンツ

看護師求人サイト転職口コミ集、「看護師パンダ」にお越しいただいてありがとうございます。看護師転職の役に立つ情報を日々更新しています。

看護師転職サイト徹底比較ランキング
看護師求人サイト一覧
看護師転職人気病院
看護師のキャリアアップ資格
看護師転職体験談
看護師求人条件で探す
年代別看護師転職
看護師パンダ