看護師がオフィスワークできる仕事とは?メリット・デメリットも解説

看護師がオフィスワークできる仕事

看護師の仕事といえば、病棟看護などで身体を動かす仕事がほとんどです。「1分でいいから座りたい」と思うほど、休む間もなく働いている看護師の方も多いですよね。

 

でも、世の中には、看護師資格が活かせるオフィスワークもあるのです。体力勝負の仕事に自信がなくなった方、病棟や外来の看護師ではなく、全く違う職種に就きたい方は、転職先の一つとして、参考にしてみてはいかがでしょうか。

 

1.看護師資格を活かしてオフィスワークできる仕事とは

看護師資格を活かしてオフィスワーク

一日中立ちっぱなしの看護師の仕事に嫌気が差している方も多いのではないでしょうか。

 

ここでは、まず、オフィスワークができる仕事をご紹介します。看護師の資格や経験を活かせる仕事ですので、ぜひ、参考にしてみてください。

 

企業医務室での産業看護師

企業医務室での産業看護師

産業看護師は、看護師全体の約1%程度しか存在しないそうです。そのため、周囲に産業看護師として働く人が少なく、その業務内容についてはあまり知られていないのが現状です。

 

「産業看護師も看護師だから、病院で働くのと変わらないのでは?と思うかもしれませんが、実は、産業看護師の仕事内容はデスクワークが中心と言われます。

 

産業看護師の主な仕事内容

産業看護師の主な仕事内容は以下の通りです。

 

  • 健康診断の実施
  • 保健指導
  • メンタルヘルスチェック
  • 応急処置

 

このような、日々の業務はデスクワークでのメール対応やスケジュール調整などが多く、一日の多くをオフィスの中で座って過ごします。毎日患者さんの手当をしている看護師の方からしたら、看護師と呼ばれる仕事でも180度仕事内容が違うのです。

 

保健師の資格が必要なこともある

企業の医務室で働く産業看護師になるには、看護師資格以外にも保健師の資格が必要であることがあります。また、産業カウンセラーの資格が強みになることもあるので、オフィスワークをしたいと考えるのなら、これらの資格を取得してから転職するのもいいかもしれませんね。

 

治験を管理する治験コーディネーター(CRC)

治験を管理する治験コーディネーター

オフィスワークがしたい看護師の方が転職先として選ぶのが、治験コーディネーターです。治験の仕事というと、「被験者たちの側でお世話をする仕事かな…」と思いがちですが、治験コーディネーターは治験自体を管理するのがお仕事です。

 

治験の準備やスケジュール調整を行う

働く企業によっても業務内容に幅がありますが、基本的には治験のスケジュール調整をしたり、検査をするために施設に予約を入れたり、医師や薬剤師などと協力して治験を行う準備をしたりと、縁の下の力持ちのような役割を担います。基本的には各機関と調整し、治験自体を管理するのが仕事です。

 

治験後のデータ管理もCRCの仕事

治験で得られたデータをまとめたり、資料にしたりと、治験後のデータ管理も治験コーディネーターの仕事になります。難しいことがあるとすれば、一つのことではなく、あらゆることに目を配って、スムーズに滞りなく治験が行われるように勤めなければいけないことでしょうか。

 

治験の現場では被験者に治験内容を説明

現場に出るとしたら、被験者に治験内容を説明し、不安や疑問を解消するための面談をするなどの業務のときです。精神的サポートなどを行うためにコミュニケーション力が求められますが、それもこれも、トラブルなく円滑に治験が遂行できるようにする使命が治験コーディネーターに課せられるから。

 

日々患者さんと関わりあってきた看護師のスキルがあるからこそ、治験の現場には看護師が求められるのでしょう。

 

製薬会社でのメディカルコミュニケーター

製薬会社でのメディカルコミュニケーター

メディカルコミュニケーターとは、製薬会社などのコールセンター等で、お薬に関する相談などの対応をする仕事です。メディカルコミュニケーターとは呼ばず、一般的にコールセンタースタッフとして募集がかけられていることもあります。

 

薬に対する問い合わせに答える

メディカルコミュニケーターは、製薬会社で薬に対する問い合わせを受けた時、その疑問や質問に答えるのが仕事となります。医療機器を販売している企業なら、その医療機器の使い方を説明したり、トラブルシューティングなどを行ったりと、電話先でさまざまなことを解決するのが仕事です。

 

病院や勉強会へ直接赴き薬品や医療機器の説明を行う

ただのコールセンター勤務との違いは、メディカルコミュニケーターの場合は、実際に現場に出て指導することがあるということです。病院や勉強会などへ直接赴いて、薬品や医療機器の使い方や効果などを説明することもあります。そのため、看護師の臨床現場での経験はとても役立つのです。

 

オフィスワークで働くことも多いですが、転職した職場や企業などによっては、現場へと赴く仕事を任される可能性も大いにあるのがメディカルコミュニケーターです。

 

2.看護師のオフィスワークのメリット

看護師のオフィスワークのメリット

漠然と「オフィスワークいいなぁ」と思っている看護師の方もいるかもしれません。

 

ここからは、実際にオフィスワークの何が魅力なのか、改めて見ていくことにしましょう。

 

ワークライフバランスが整いやすい

ワークライフバランスが整いやすい

オフィスワークでの仕事の良さは、夜勤がないところではないでしょうか。看護師として働いている人は、当たり前のように日勤と夜勤をこなしていますが、オフィスワークになれば日勤のみで働ける職場がほとんどです。家庭や子育てと両立したい方や、プライベートの時間をきちんと確保して働きたい方にはとても魅力に感じられるでしょう。

 

基本的には残業は少なくて済む

基本的には残業は少なくて済む

看護師の仕事は残業が当たり前のようになっている現場が多いです。しかし、例えば産業看護師などであれば、退勤の直前に急患が入らない限り、基本的に残業はありません。他の仕事についても、繁忙期などは残業となることがあるかもしれませんが、基本的には残業は少なくて済みます。

 

コールセンターなども同じで、電話受付は一定の時間で終了します。あまりに対応が長引くことがない限りは、残業の心配はないと言ってもいいでしょう。

 

福利厚生が充実しており産休・育休が取得しやすい

福利厚生が充実しており産休・育休が取得しやすい

オフィスワークの現場では、産休や育休の福利厚生が整っている可能性が高いです。職場の上司や同僚の理解もあり、産休や育休は取得しやすいでしょう。

 

一方、クリニックなどの小規模な病院などでは、福利厚生は期待できないことがほとんどです。大きな病院でも、産休や育休などの福利厚生はあっても、人手不足でないに等しいといえます。

 

体力的な負担が少ない

 体力的な負担が少ない

日勤や夜勤のシフト勤務ではないため、体力的に負担が少なくて済みます。デスクワークが多い仕事やコールセンターでの仕事なら、体力勝負の看護師の仕事とは比べられない肉体的な負担減を実感できるでしょう。

 

病院看護師の仕事に限界を感じた人にはおすすめ

病院看護師の仕事に限界を感じた人

病院看護師の仕事は、患者さんの体位変換をしたり、重い医療機器を動かしたりと、かなり身体に無理をさせる仕事でもあります。

 

それらの仕事に体力の限界を感じ始めているのなら、オフィスワークはとてもおすすめです。

 

看護師資格を活かし給与アップも期待できる

看護師資格を活かし給与アップも期待できる

看護師資格を活かして働けるデスクワークなら、資格が必要な分給与面も比較的高く設定されています。

 

経験を考慮して給与面の待遇を調整してくれる職場もあるため、相談次第で大幅な年収ダウンは避けられる可能性もあります。

 

3.看護師がオフィスワークで働くデメリット

看護師がオフィスワークで働くデメリット

良いことが多いように見える看護師資格を活かしてオフィスワークで働くという選択ですが、中にはデメリットもあるようです。

 

転職後に後悔しないためにも、オフィスワークのデメリットもしっかり理解しておきましょう。

 

職場によっては残業が多いこともある

職場によっては残業が多いこともある

前項で「働きやすい」「ワークライフバランスが取りやすい」などのメリットを挙げてきましたが、職場によっては残業が多いこともあるので注意してください。

 

残業が多くなりがちな仕事は、そもそもオーバーワーク気味で、一人あたりがこなさなければいけない仕事量が多い職場。また、いついつまでに納品をしなければいけないなど、納期のある職場です。

 

残業が多い職場を見分けるポイントは?

きちんと転職時の面接などで残業の状況や仕事量についても尋ねられればいいですが、なかなかきちんと尋ねられないことも多いです。このような職場を避けるには、職場の評判や口コミなどをネットで調べるのがいいでしょう。他にも、給与額が異常に高いなども、残業の多い職場を避けるためのヒントになります。

 

経験が浅い看護師は転職先が見つからないこともある

経験が浅い看護師は転職先が見つからないこともある

看護師資格を応募条件に掲げている場合、できるだけ経験年数の多い看護師を求めている場合があります。なぜなら、看護師資格が必要なオフィスワークは多くはないため、たくさんの看護師資格保有者がその求人に群がることもあり、そうなると、「経験年数の長い人を採用しよう」と判断するケースがでてくるのです。

 

看護師経験があるから仕事は見つかるだろうと安易に転職を決めてしまうと、なかなか仕事が見つからないケースが出てきます。

 

まとめ

まとめ

オフィスワークへと転職していった看護師の方の中には、「やっぱり看護師の仕事って魅力的だな」と再認識する人が少なくないといいます。一部の人は、再び看護師の職場へと戻ることが珍しくないようで、他の仕事を経験することで、看護師の仕事の良さを実感するのだとか。

 

看護師の仕事は、ブランクがあっても復職することが比較的可能です。体力的に大変な面はありますが、働き方を選べば、後々復職することも可能でしょう。

 

もし今、看護師の仕事に疲れてしまってオフィスワークへの転職を考えているのなら、ひとまず転職してみるのはいいかもしれません。その後で、「やっぱり看護師の仕事に戻りたい」と思えば戻ればいいですし、オフィスワークが天職と思えばそれはそれでとても素晴らしいことです。

 

次へ
ポイント

看護師求人サイトは全国に50社以上存在しています。良い看護師サイトもあれば、悪徳な看護師サイトもありますので、「看護師が選んだ看護師求人サイト口コミランキング」をチェックすることと、必ず3社以上の複数登録をすることが、転職成功の秘訣です。

 

1位・看護のお仕事

看護のお仕事

地方にも都心部にも強く、また医療専門で行っている求人サイト!

みんなの口コミ

2位・マイナビ看護師

マイナビ看護師

転職のプロ!マイナビグループが運営!スピードを求める方はココ!!

みんなの口コミ

3位・ナースフル

ナースフル口コミ

転職といえばリクルート!やっぱりナースフルが一番!?

みんなの口コミ


看護師転職サイト口コミランキング
LINE看護師パンダスタンプ

■看護師求人サイト転職口コミ「看護師パンダ」コンテンツ

看護師求人サイト転職口コミ集、「看護師パンダ」にお越しいただいてありがとうございます。看護師転職の役に立つ情報を日々更新しています。

看護師転職サイト徹底比較ランキング
看護師求人サイト一覧
看護師転職人気病院
看護師のキャリアアップ資格
看護師転職体験談
看護師求人条件で探す
年代別看護師転職
看護師パンダ