子供と大人の混合病棟で働く看護師のメリット・デメリット

子供と大人の混合病棟で働く看護師のメリット

病棟看護では、子供と大人の混合病棟で働かなければいけないケースも多々あります。ここでは、子供と大人の両方を看護することへのメリット・デメリットと題して、混合病棟看護の実態をご紹介していきましょう。

 

以下の内容は、混合病棟への転職を考えている人にも知っていただきたい内容ですので、もし、これから混合病棟へ転職をするなら、ぜひ、以下の項目について知っておいてください。

 

子供と大人の混合病棟で働く看護師のメリット

子供と大人の混合病棟で働く看護師のメリット

とても気を遣う混合病棟ですが、メリットがあると考える人もいます。

 

子供と大人の混合病棟の場合、入院している患者の病症はさまざまです。

 

幅広い知識に触れることができる

幅広い知識に触れることができる

整形外科、内科、耳鼻科、眼科等々、比較的軽い病症の患者が多いですが、そのため、一つ一つのケアが簡単でありながらも、幅広い知識に触れることがあります。

 

専門的な診療科だと学べる知識が限られる

例えば整形外科だけの病棟で働いていると、軽症者から重傷者まで、すべての人が整形外科の患者なので、同じ整形外科の知識ばかりとなってしまい、学べる知識が限られると感じることもあるでしょう。

 

毎日の仕事に飽きることはない

毎日の仕事に飽きることはない

さまざまな診療科の知識に触れ、ケアを行うことができるので、毎日の仕事に飽きることがないというメリットがあります。

 

常に色んな知識に触れていたいという人は、混合病棟での仕事はとても向いているでしょう。

 

担当が決まっていれば働きやすくなる

担当が決まっていれば働きやすくなる

働く現場で「子供の担当」「大人の担当」といった働き方ができれば、2つの患者の間に挟まれることなく、比較的精神的ストレスが少ない中で働くことができます。

 

子供の看護に集中できる、大人の看護に集中できる環境が用意されていれば、ストレスの少ない状態の中で、ある程度専門性をもって仕事にあたることもできるでしょう。

 

子供と大人の混合病棟で働く看護師のデメリット

子供と大人の混合病棟で働く看護師のデメリット

「混合病棟は子供の病棟に大人が入って来ている感じだ」と表現する看護師もいます。

 

もともと大人が居づらい場所という考えがあるため、余計に気を遣うことが多く、そのことが様々なデメリットを生み出しているようです。

 

小児科希望の看護師にとってはストレスが大きい

小児科希望の看護師にとってはストレスが大きい

子供が好きだから、小児科でも働きたいという気持ちから混合病棟で働いてしまうと、思わぬ大人からのストレスに神経をすり減らされることになります。

 

子供と大人の両方を看なければならないのは、通常の大人だけがいる病棟よりもその大変さを実感しながら働かなければいけならず、よりストレスを感じることが多いようです。

 

子供が暴れないように大人に気を遣うこともある

子供が暴れないように大人に気を遣うこともある

病院は静かに過ごさなければいけない場所ですが、どうしても子供は騒いでしまうこともあります。もちろん、暴れたりする子供が良くないのですが、大人も大人で、子供の声が少しでもするだけで「うるさい」とクレームを言ったりして、看護師たちに余計な気を遣わせるケースもあります。

 

大人の患者への配慮がないとクレームに発展する

「子供は騒ぐもの」と入院する大人たちの理解がないと、どうしても子供の声やはしゃぐ声へのクレームが出てしまいます。子供がいる環境に慣れている大人ばかりではないので、どうしても看護師が気を回して、大人の入院患者に迷惑をかけないように配慮しなければいけません。

 

専門性を磨くことが難しい

専門性を磨くことが難しい

子供と大人の混合病棟は専門性を磨いていくことは難しい面もあるようです。実際「もし違う診療科で働いたら、まったく仕事ができないのではないか、看護師としてのスキルアップはこれ以上望めないのではないか」と、中途半端感を感じている看護師もいます。

 

そのため自身でスキルアップのために模索している看護師は少なくなく、このことが職場に対する不満につながってしまうことも多々あるようです。

 

独学で勉強を続ける必要がある

看護の専門性について不安がある看護師の方は、独学で勉強を続けたり、研修などに参加したり、他の診療科で副業アルバイトをするなど、自身で技術の研鑽を積む必要が出てきます。

 

混合病棟の場合は働きながらスキルを積み重ねることが難しいことが多いので、スキルアップをしたい看護師は、どうしても看護師自身の積極性が大切になります。

 

子供と大人の混合病棟で働く際の注意点

子供と大人の混合病棟で働く際の注意点

混同病棟で働くことを希望している方も、今後、自分がどんなキャリアを積んでいきたいのかは考えておく必要があります。

 

何か1つの診療科に務めるのと違って、混合病棟での仕事は専門性が浅い傾向にあることは変わりありません。そのため、働き始めて「もっと知識を学びたい」と思ったときに後悔する可能性があるのです。

 

幅広い知識が学べることを期待しているのであれば再考が必要

幅広い知識が学べることを期待しているのであれば再考が必要

上記のことを理解しながら働くのであればいいですが、もし、幅広い知識が学べると期待しているのであれば、転職は再考したほうがいいでしょう。

 

あなたがキャリアについてまだ深く考えたことがないのなら、これを機会に考えることも大切です。将来、混合病棟で働いたことを後悔すると思うのであれば、他の診療科や病棟で働くことを考えることも必要です。

 

3つ以上の診療科がある混合病棟は避けるべき

3つ以上の診療科がある混合病棟は避けるべき

混合病棟の中には、小児科だけでなくたくさんの診療科が含まれている病院があります。

 

多いところでは10の診療科が同じ病棟になっているケースもあり、そうなると専門性が薄れてしまい、看護師自体も自身の看護技術を提供している実感が湧かなくなるのだとか。

 

診療科は3つ程度に限った病棟の方が専門性は増す

同じ混合病棟でも、診療科は3つ程度に限った病棟の方が、専門性が増します。そのため、混合病棟に転職などをする際には、診療科を3つ程度に絞った現場を選ぶことをおすすめします。

 

まとめ

まとめ

デメリットであるストレスに関して不安を感じる看護師は多いでしょう。しかし、もし、働こうと思っている病院が以下のような混合病棟を持つ病院であれば、デメリットをカバーしながら、ある程度やりがいを感じて働くことができるでしょう。

 

次へ
ポイント

看護師求人サイトは全国に50社以上存在しています。良い看護師サイトもあれば、悪徳な看護師サイトもありますので、「看護師が選んだ看護師求人サイト口コミランキング」をチェックすることと、必ず3社以上の複数登録をすることが、転職成功の秘訣です。

 

1位・看護のお仕事

看護のお仕事

地方にも都心部にも強く、また医療専門で行っている求人サイト!

みんなの口コミ

2位・マイナビ看護師

マイナビ看護師

転職のプロ!マイナビグループが運営!スピードを求める方はココ!!

みんなの口コミ

3位・ナースフル

ナースフル口コミ

転職といえばリクルート!やっぱりナースフルが一番!?

みんなの口コミ


看護師転職サイト口コミランキング
LINE看護師パンダスタンプ

■看護師求人サイト転職口コミ「看護師パンダ」コンテンツ

看護師求人サイト転職口コミ集、「看護師パンダ」にお越しいただいてありがとうございます。看護師転職の役に立つ情報を日々更新しています。

看護師転職サイト徹底比較ランキング
看護師求人サイト一覧
看護師転職人気病院
看護師のキャリアアップ資格
看護師転職体験談
看護師求人条件で探す
年代別看護師転職
看護師パンダ