質の高い精神看護を!日本精神保健看護学会の活動内容と入会方法

質の高い精神看護を

精神看護に携わる看護師は日々、「何がこの患者さんにとって正解なんだろう」と模索しているのではないでしょうか。

 

もしかしたら精神看護は看護師が携わる領域の中で最も「答えのない」領域かもしれません。

 

そんな時、助けになるのが「日本精神保健看護学会」の存在です。日本精神保健看護学会では、全国の看護師がより質の高い精神看護を提供できるよう日々、研究や啓もう活動につとめています。そこではここでは、精神日本精神保健看護学会のより詳しい情報や入会方法について紹介していきます。

 

日本精神保健看護学会とは

日本精神保健看護学会とは

日本精神保健看護学会とは、精神看護学の発展と知識の交流を目的として、1991年に創設された学術団体です。精神看護の領域では日本でも有数の団体であり、約1300人の会員を有しています。

 

設立以来、四半世紀の間に着実に発展し続けており、臨床現場で精神看護に携わっている看護師や、研究や教育機関に身を置く医療関係者、その他関連分野の研究者に至るまでさまざまな職種の人が加入しています。

 

公式サイト「一般社団法人 日本精神保健看護学会」もチェックしてみてください。

 

精神看護学の領域における最新情報を提供している

精神看護学の領域における最新情報を提供している

日本精神保健学会は学術集会、講演会、ワークショップなどを開催し、精神看護の教育活動を行い、学会誌やニュースレターを発行して、精神看護学の領域における研究成果や最新情報を会員に提供しています。

 

学会の働きによって精神看護学の独立した地位を獲得

学会の働きによって精神看護学の独立した地位を獲得

日本精神保健看護学会の誕生のきっかけは、看護教育において精神看護学が独立したカリキュラムとして扱われていなかったことに対する危機感です。当学会は精神看護の専門性と重要性を主張し続け、そのおかげもあって1997年には看護基礎教育課程において精神看護学が独立した地位を獲得しました。

 

精神看護の本質を追求している

精神看護の本質を追求している

現在、看護系大学や看護系大学院の設立が続き、精神看護学の高等化も進んでいますが、社会情勢の変化から時代の要請に応えられる精神看護が求められています。

 

日本精神 保健看護学会は、このような状況を鑑み、学問を実践と融合させ、精神看護の本質を追求しています。

 

日本精神保健看護学会の活動内容

日本精神保健看護学会の活動内容

日本精神保健看護学会は、精神看護学に関する研究や教育を通じて、その発展と普及に尽力している学術団体です。おもな活動に、研究成果の発表の場としての学術大会の開催、学会誌やニュースレターの発行、教育活動としてのワークショップや講演会の開催などが挙げられます。

 

質の高い精神保健看護の実現を目指し全国で学術大会を開催

質の高い精神保健看護の実現を目指し全国で学術大会を開催

日本精神保健看護学会の主催する学術大会は、団体の設立以来、毎年開催されており、質の高い精神保健看護の実現を目指して、さまざまな研究や取り組みによって患者に対する新たな援助方法を探求しています。

 

当学会は東京に本拠を置いていますが、学術大会は毎年、さまざまな地域で開催されており、これまで東京以外にも、北海道、北陸、関西、中国、九州地方での開催実績があります。

 

回を重ねるごとに盛り上がりを見せている

回を重ねるごとに参加者は増えており、精神疾患の患者に限らず、 がんや糖尿病などの慢性疾患を持つ人が、どうすればその人らしく生きることができるかという視点から、看護実践や患者の理解の方法についてさまざまな意見が交わされています。

 

学術大会では講演だけでなく、同時にワークショップも開催し、精神看護の臨床現場に携わる看護師のアセスメント能力の向上を図っています。

 

年に2回の学術誌の発行

もう一つの主軸の活動である学会誌の発行ですが、現在は年に2回発行されており、精神看護学に関するテーマで学問的状況を考察した最新の論文の発表を行っています。

 

会員であれば投稿も随時可能で、独創的かつ新しい知見が示されたもので精神看護学の意義に適うと認められれば、論文としての完成度が高くなくても掲載される可能性はあるようです。

 

3.日本精神保健看護学会の入会方法

日本精神保健看護学会の入会方法

日本精神保健看護学会には入会資格があります。精神看護学を専門とする学術団体ですので、入会金を払って申し込めば誰でも加入できるわけではありません。

 

まず、精神看護学に関する分野で業績があることが条件です。その条件を満たせば、晴れて入会手続きを行うことができます。

 

入会資格となる実績について

入会資格となる実績について

日本精神保健看護学会が認める業績とは、看護系か保健医療福祉領域の学会で1件以上の研究発表があること、もしくは、学会誌、大学などの紀要や学術雑誌に1件以上論文が掲載されたことがあることです。学会での発表や論文の掲載がない場合は、勤務する施設での看護研究発表や、大学や専門学校での卒業研究も業績として認められます。

 

実績を満たしていれば申込書を入手し理事会へ郵送

実績を満たしていれば申込書を入手し理事会へ郵送

入会申込書は日本精神保健看護学会のホームページから入手できます。それを、住所、氏名、年齢、所属先、専門領域、研究業績など必要事項を記入のうえ、当学会の事務局に郵送します。

 

理事会での承認後、年会費を入金

理事会での承認後、年会費を入金

理事会で承認されると、会員承認の通知と会費の払込用紙が届くので、年会費11000円を入金すれば正式に会員と認められます。

 

なお、不承認となった場合でも、その旨の通知が申込者宛てに届きます。

 

まとめ

まとめ

当学会の設立以降、障害者基本法、精神保健福祉法、心身喪失者医療観察法、障害者自立支援法など次々と精神保健医療に関する法制度が動きを見せていますが、それだけ精神看護の必要性や専門性、社会的な貢献度が認められるようになってきたということです。

 

つまり、精神看護を学ぶということは、これからの日本社会にとっても非常に有意義であるということです。この機会に、ぜひ入会を検討してみてはいかがでしょうか。

 

次へ
ポイント

看護師求人サイトは全国に50社以上存在しています。良い看護師サイトもあれば、悪徳な看護師サイトもありますので、「看護師が選んだ看護師求人サイト口コミランキング」をチェックすることと、必ず3社以上の複数登録をすることが、転職成功の秘訣です。

 

1位・看護のお仕事

看護のお仕事

地方にも都心部にも強く、また医療専門で行っている求人サイト!

みんなの口コミ

2位・マイナビ看護師

マイナビ看護師

転職のプロ!マイナビグループが運営!スピードを求める方はココ!!

みんなの口コミ

3位・ナースフル

ナースフル口コミ

転職といえばリクルート!やっぱりナースフルが一番!?

みんなの口コミ


看護師転職サイト口コミランキング
LINE看護師パンダスタンプ

■看護師求人サイト転職口コミ「看護師パンダ」コンテンツ

看護師求人サイト転職口コミ集、「看護師パンダ」にお越しいただいてありがとうございます。看護師転職の役に立つ情報を日々更新しています。

看護師転職サイト徹底比較ランキング
看護師求人サイト一覧
看護師転職人気病院
看護師のキャリアアップ資格
看護師転職体験談
看護師求人条件で探す
年代別看護師転職
看護師パンダ