子供の未来を支える「日本小児看護学会」活動内容と入会について

一看護師として、また一大人として、あらゆる健康レベルの子供の未来を支えていきたいと考える方にぜひ知っていただきたいのが、「日本小児看護学会」の存在です。

 

なぜなら、「日本 小児看護学会」では、あらゆる健康レベルの子供らの成長をサポートするために、学術集会の開催や、子供の成長に携わる学校施設や医療施設にへ助成金を出すなどの活動を行っている からです。

 

ここでは、「日本小児看護学会」のさらに詳しい活動内容から入会のポイントについてまとめていますので、小児看護に深く携わっていきたいと考える方はぜひご参照くださ い。

 

1.日本小児看護学会とは

日本小児看護学会とは

子供たちが病気や障害の有無にかかわらず、心身ともに健やかに成長できる様にと設立されたのが、日本小児看護学会です。

 

この日本小児看護学会は、会員が実際に子供達に携わる実践 者としての教育者を始め、研究者が中心になって構成されている一般社団法人です。

 

あらゆる健康レベルの子供達の成長をサポート

あらゆる健康レベルの子供達の成長をサポート

日本小児看護学会では子供たちがのびのびと成長していくために、小児看護にも力を入れています。教育面だけでなく、身体的な障害を持つ子供達は勿論、発達障害の子供たちにも、ど のような形で教育者や看護師が接していけばいいか?などを一緒に探っていきます。

 

また、日本小児看護学会では、学術上の報告書や様々なツールの提案はもちろん、実践的な技術の向 上にも力を入れています。

 

保護者への支援も行う

学校、病院や施設それに地域全体での取り組みや研究を重ねています。これには最近増えているネグレイトや子どもへの不安が虐待という形になって影響を与えるなどといった問題から 、保護者への支援も行うようになってきました。

 

小児保健医療の観点から学校や地域病院の意識向上を促す

小児保健医療の観点から学校や地域病院の意識向上

小児保健医療の観点からも、高齢化する社会の中で、少子化や地域によって生じる格差なども踏まえ、学校や地域病院や施設への意識向上、サポートを行っています。

 

医師や看護師も多くこの学会に参加しており、実際に子供達に接する医療従事者として、色々な意見や報告を多数しています。

 

2.日本小児看護学会の活動内容

日本小児看護学会の活動内容

日本の子供たちが心身ともに障害を持っている、いないにかかわらず健やかに成長していける様に設立された日本小児看護学会では、小児看護に関する様々な活動を行っています。

 

とく に少子化、高齢化が現実のものとなってきている現在、地域による格差の問題も含め、一人一人の子供たちにあった教育、小児医療に関しても地域で子育てのサポートを行っています。

 

発達障害児などに関する学術集会の開催

発達障害児などに関する学術集会の開催

身体に障害を持った子供達は勿論小児科医の不足や、近年増えてきている発達障害児への医療的なサポートなどに関して、学術集会を行って専門家の意見を聞くセミナーも行っています。

 

この様な学術集会は日本小児学会の会員でなくとも、地域で実際に子供や、保護者に接する保健師や保育士また看護師なども参加する事が可能です。

 

小児科医療を見直し政策に働きかける

小児科医療を見直し政策に働きかける

日本小児看護学会は、実践、研究そして教育の3つを通して地域に小児看護の向上と、さまざまな情報の公開、保険や介護また福祉の観点からも小児科医療を見直していきます。また、日 本小児看護学会では、専門家の意見を取り入れ子供達の成長が損なわれないように、政策にも働きかけていきます。

 

病院や研究機関などへ助成金を出している

病院や研究機関などへ助成金を出している

日本小児看護学会は、病院や施設また研究機関に関して助成金も出しており、これは学会に入会する事でこの助成金への応募が可能になります。

 

この助成金は大学などの教育機関だけで なく、地域の療養所や児童施設なども正会員が入れば対象となります。

 

3.日本小児看護学会に入会するには

日本小児看護学会に入会するには

子供たちの健やかな健康と成長を目的に作られた日本小児看護学会は、学術集会や研究者への助成金など色々な形で、地域の医療機関、研究機関、また福祉に関する機関をサポートして います。

 

この日本小児看護学会に入会するには、個人として入会する正会員と、個人または法人団体として参加する賛同会員の2つがあります。

 

個人として入会する場合

個人として入会する場合

個人として入会する場合には、小児看護の研究、実践または教育に関わり、原著、調査、実践報告、学位論文、学会発表などの形で業績が1つ以上ある人、正会員の推薦を受けた人が正会 員としての入会資格があります。

 

申し込み書と入会金を振り込み、理事会の承認を得て正会員と認められます。

 

賛助会員として入会する場合

賛助会員として入会する場合

賛助会員は日本小児看護学会の目的に賛同し理事会の承認を受けた団体、法人、個人となります。

 

多くの病院や施設から医師、看護師をはじめとする人たちが賛同会員、個人としての正 会員として参加し、子供たちの明るい未来の為に研究をして環境改善に努めています。

 

まとめ

まとめ

教育や医療的なサポートを始め、それに地域と一体なって子供たちが健やかに成長することを目的としているのが日本小児看護学会です。多くの医師や看護師を始め教育者や研究者が参 加しています。この日本小児看護学会に看護師が入会するメリットとして、この学会が行っている学術集会への参加が出来る事、専門的な知識を持っている研究者とともにそれぞれの課 題に対して学ぶ事が出来ることがあります。

 

また、日本小児看護学会はその専門性からも政府にもその改善を働きかけており、病院や医療機関と言う枠組みだけでなく社会全体として小 児看護を考えていく事が可能です。小児病棟や乳幼児病棟で働きたい、または地域の保健所で子供たちの成長の為の指導をしたいといった仕事に就きたい場合には、この学会へ入会は とても有利となります。

 

次へ
ポイント

看護師求人サイトは全国に50社以上存在しています。良い看護師サイトもあれば、悪徳な看護師サイトもありますので、「看護師が選んだ看護師求人サイト口コミランキング」をチェックすることと、必ず3社以上の複数登録をすることが、転職成功の秘訣です。

 

1位・看護のお仕事

看護のお仕事

地方にも都心部にも強く、また医療専門で行っている求人サイト!

みんなの口コミ

2位・マイナビ看護師

マイナビ看護師

転職のプロ!マイナビグループが運営!スピードを求める方はココ!!

みんなの口コミ

3位・ナースフル

ナースフル口コミ

転職といえばリクルート!やっぱりナースフルが一番!?

みんなの口コミ


看護師転職サイト口コミランキング
LINE看護師パンダスタンプ

■看護師求人サイト転職口コミ「看護師パンダ」コンテンツ

看護師求人サイト転職口コミ集、「看護師パンダ」にお越しいただいてありがとうございます。看護師転職の役に立つ情報を日々更新しています。

看護師転職サイト徹底比較ランキング
看護師求人サイト一覧
看護師転職人気病院
看護師のキャリアアップ資格
看護師転職体験談
看護師求人条件で探す
年代別看護師転職
看護師パンダ