看護師が適応障害になる原因は?転職はできる?

看護師が適応障害になる原因

「適応障害」は過度なストレスによって引き起こされると言われており、最近ではこの病気に診断される看護師が増え続けています。

 

うつ病と同様、精神的な病である適応障害は、原因も症状も人それぞれであり、中には働き続けられなくなってしまった看護師もいます。

 

このページでは看護師が適応障害になる原因や、診断された後の転職注意点について触れています。

 

1.看護師が適応障害になる原因と症状について

看護師が適応障害になる原因

以下のような看護師の仕事ならではの特徴が、適応障害を引き起こすと考えられています。

 

  • 長時間労働
  • 日勤や夜勤など、不規則な時間での労働
  • いじめなどの人間関係トラブル
  • 医療ミスなどの責任の重さ

 

長時間労働や人間関係トラブルはすぐには収まらない問題です。職場環境の原因もあり、なかなか自分では改善できず、長期間に渡り悪影響を受けてしまう傾向にあるようです。

 

看護師の「頑張り屋気質」が仇となる

看護師の「頑張り屋気質」が仇となる

そもそも看護師は頑張り屋気質の人が多いです。そういった看護師はどんなに辛くても上手く弱音を吐けず、我満に我満を重ねてしまい、適応障害が発生してしまうこともあるのでしょう。

 

「うつ病」と似た症状が見られる

「うつ病」と似た症状が見られる

適応障害では以下のような「うつ病」と似た症状が見られます。

 

  • 気分が憂鬱になる
  • 無性に不安感に襲われることがある 
  • やる気がなくなる 
  • 集中力がなくなる 
  • 頻繁に頭痛やめまいがする 
  • 運動したわけでもないのに動悸がする 
  • 疲れが取れず、だるさがある

 

適応障害ならではの症状としては「突然、非社会的行動に出る」といったことが挙げられます。 例えば無断欠勤をしたり、タバコやギャンブルなどに突然手を出したりするケースがあります。

 

ストレスの原因から離れれば回復する

適応障害は過度のストレスなどが原因で発症するため、ストレスの原因から離れれば、何もなかったように回復するケースが多いのも特徴です。

 

2.適応障害の看護師が転職する際のポイント

適応障害の看護師が転職

前の職場で適応障害になってしまったとしても転職することは可能です。

 

しかしそのためには、適応障害になった原因は何か、これからどうやって日々のストレスと向き合っていくべきか、今一度見つめなおすことが大切です。

 

転職のタイミングは慎重に見極める

転職のタイミングは慎重に見極める

適応障害になって退職し、それから転職することになった場合、そのタイミングは慎重に見極めることが必要です。

 

なお、適応障害になったことが原因で転職先から疎まれることはありませんが、転職できるかどうかは、やはり適応障害の治療の進行具合によるでしょう。そのため、自分が「完治した」と心から思えるようになったら転職することをおすすめします。

 

転職のタイミングは慎重に見極める

転職のタイミングは慎重に見極める

適応障害になった原因を把握したら、その原因に近づかないようにすることが必要です。

 

長時間労働が原因であれば、残業のない仕事を見るけることがポイントになるでしょう。日勤や夜勤のシフトで働くことがつらければ、パートやアルバイトなどで短時間労働をすることもおすすめです。

 

また、業務内容にストレスの原因があったなら、ストレスの原因となった業務を請け負わなくてもいい職場で働きましょう。

 

同じことを繰り返さないために転職サイトを利用する

いじめなどの人間関係トラブルで適応障害になった方は、人間関係トラブルのない職場を探すことになります。なかなか難しいですが、看護師の求人を扱っている転職サイト頼り、院内の情報をしっかりと集めてもらうようにしましょう。

 

労働時間や雇用形態の交渉についても、転職エージェントは頼りになります。あなたにふさわしい仕事を探してきてくれるはずですので、自分の希望をなんでも伝えるようにしてください。

 

自分のストレスに敏感になる

適応障害になってしまった人は、自分自身が強いストレスを受けていることに気づかず、いつのまにか限界まで無理をしてしまう人も多いため、自分のストレスに敏感になることも大切です。

 

無理に頑張ってしまうと、体力的にも辛くなりますし、自分を一切認めないことで息が詰まってしまい、同じことの繰り返しになってしまいます。

 

自分のストレスに敏感になり、そのストレスとどうやって向き合うべきなのか整理してから新たな職場で働き始めましょう。

 

新人看護師が適応障害になった場合

新人看護師が適応障害になった場合

新人看護師の場合、慣れない環境、慣れない仕事をしているうちに気付いたら適応障害を発症しているケースがあります。

 

新人看護師は経験が浅い分、簡単に転職先が見つかるとは言えませんが、研修制度などが整っている病院などであれば、転職は可能です。

 

落ち着いて仕事を学ばせてくれる職場を選ぶこと

新人看護師で適応障害になった場合は、仕事に慣れていけば適応障害の原因を排除できる可能性もあります。急かされるとストレスを感じますので、できるだけゆっくり、落ち着いて仕事を学ばせてくれる職場を選べば、次第に職場に適応できるでしょう。

 

まとめ

まとめ

新人看護師でも、経験のある看護師でも共通していることは、適応障害は精神的な病気ですので、途中で勝手に診療を中止しないことです。

 

焦って転職してしまうと、さらに状況が悪化する可能性もあります。病院の先生や転職サイトのコンサルタントと話合いながら、慎重に職場選びをすることをおすすめします。

 

次へ
ポイント

看護師求人サイトは全国に50社以上存在しています。良い看護師サイトもあれば、悪徳な看護師サイトもありますので、「看護師が選んだ看護師求人サイト口コミランキング」をチェックすることと、必ず3社以上の複数登録をすることが、転職成功の秘訣です。

 

1位・看護のお仕事

看護のお仕事

地方にも都心部にも強く、また医療専門で行っている求人サイト!

みんなの口コミ

2位・マイナビ看護師

マイナビ看護師

転職のプロ!マイナビグループが運営!スピードを求める方はココ!!

みんなの口コミ

3位・ナースフル

ナースフル口コミ

転職といえばリクルート!やっぱりナースフルが一番!?

みんなの口コミ


看護師転職サイト口コミランキング
LINE看護師パンダスタンプ

■看護師求人サイト転職口コミ「看護師パンダ」コンテンツ

看護師求人サイト転職口コミ集、「看護師パンダ」にお越しいただいてありがとうございます。看護師転職の役に立つ情報を日々更新しています。

看護師転職サイト徹底比較ランキング
看護師求人サイト一覧
看護師転職人気病院
看護師のキャリアアップ資格
看護師転職体験談
看護師求人条件で探す
年代別看護師転職
看護師パンダ