育児と介護のダブルケアが必要な看護師が働きやすい職場とは?

育児と介護のダブルケアが必要な看護師が働きやすい職場とは?

看護師の方は家庭と両立しながら働いている人も多いです。そんな方の中には、育児と介護の両方を両立しながら働いている看護師もいるかもしれません。

 

ただでさえ忙しく肉体的にも大変な看護師の仕事は、家庭と両立するのも一苦労です。それに加えて育児と介護のダブルケアを行わなければいけないとなると、今までと同じように働くのは大変でしょう。

 

ここでは、そんな育児と介護のダブルケアが必要な看護師の方に知ってほしい、働きやすい職場を紹介します。

 

1.一番のオススメは「短時間正職員制度」を導入している病院

一番のオススメは「短時間正職員制度」を導入している病院

ダブルケアが必要な看護師に一番オススメなのは、福利厚生が充実している大病院です。中でも、「短時間正職員制度」を導入している病院が良いでしょう。

 

短時間職員は、社会保険などもあり、月給制で安定して働けるのがポイントです。中には賞与や退職金ももらえるため、アルバイトやパート、契約職員として働くよりも大きなメリットがあります。

 

大学病院や地域の中核病院などの総合病院では、短時間勤務の制度を取り入れているところが多いです。正職員として働きたいけれど、今は落ち着くまで短時間勤務をしたいという看護師の方は、短時間勤務の正職員看護師を目指して転職してみるのも良いかもしれません。

 

短時間正職員として働ければキャリアは失われない

短時間正職員として働ければキャリアは失われない

看護師の方はキャリアアップを目指して働いている人も多いですので、家族を理由に自分の夢をあきらめたくない人も多いはずです。しかし短時間正職員であれば、手厚い福利厚生が受けられる上に正職員の座も失わずに済むため将来的にも第一線で活躍できる可能性が高くなります。

 

育児は子どもが大きくなれば手が離れますし、介護にしても公的機関に頼れば必要がなくなり、今後の状況によっては介護する必要がなくなる可能性もあります。だからこそ、自分の将来(キャリア)について真剣に考える看護師には「短時間正職員」として働くメリットが大きいのです。

 

「短時間」の定義は病院によって違う

ただし、「短時間」の定義は病院によっても違います。「4時間でOK」というところもあれば、「最低でも6時間以上」というところもあります。

 

どれくらい短時間勤務ができるのかは転職前に確かめるようにしましょう。

 

2.ダブルケアとの両立が可能なその他の職場4選

ダブルケアとの両立が可能なその他の職場4選

これまでバリバリと働いてきた正職員の看護師の方が、育児や介護を理由に正職員を離れるのはなかなか勇気がいるものです。急に育児と介護が必要になった人ならなおさらでしょう。

 

これまでのキャリアを捨てたくない、復職したあとのことを考えると、できるだけ長く勤められるところがいい。そんなことを考えている看護師は多いはずです。

 

ただし、みんながみんな上記のような福利厚生の整った大病院で勤められるわけではありません。そこで参考にしていただきたいのが以下で紹介する職場です。

 

(1)訪問看護ステーション

訪問看護ステーション

最近では、週に1~2回など、かなり少ない勤務時間、日数でも働ける訪問看護ステーションが増えています。

 

このような勤務体制を導入している訪問看護ステーションであれば、自分が働けるだけ働き、比較的融通を利かせることができます。

 

そのため、ダブルケアによって自由な時間がほとんど取れない看護師にとっては非常に魅力的な職場です。

 

(2)産業看護師が複数人いる企業の健康管理室

産業看護師が複数人いる企業の健康管理室

企業の医務室勤務は通常の病院よりも患者が少なく、ひっきりなしに患者がやってくる外来病棟とも違うため、育児や介護などを両立したい人でも、身体への負担を減らして働けます。

 

また、企業によっては託児所や保育施設などを設けている場合もあるので、育児の問題に関しては企業側がサポートしてくれることもあります。

 

ただし、産業看護師が1人しかいないような職場だと残業続きになる可能性もありますので、必ず産業看護師が複数人いる職場を選択するようにしましょう。

 

(3)検診センター

検診センター

検診センターは、仕事自体の負担が少ない上に、よっぽどのことがなければ定時で帰ることができます。そのため、ダブルケアが必要な看護師に人気の職場の1つなのです。

 

また、検診センターは採血を行ったり、訪れた人を誘導したりといった看護師の基本的なスキルが活かせる場所でもあります。一方で密接なコミュニケーションは必要ないため、気軽に勤められるのも利点です。

 

(4)融通が利く個人病院

融通が利く個人病院

大規模病院は福利厚生制度が充実しているのに対して、個人病院はなかなか福利厚生制度がきちんと整っていないのが現状です。そのため、育児や介護などの制度がないことが多いのですが、院長や同僚看護師の計らいで、ある程度両立して働かせてもらえることもあります。

 

また、個人病院特有のアットホームな環境だからこそ、非常に融通が利くケースもあります。もし、事情を分かってくれる知合いがいる個人病院があれば、そこにあたってみるのも1つの方法です。

 

まとめ:転職サイトを利用して時短で転職しよう

転職サイトを利用して時短で転職しよう

すでに育児や介護が必要な状態で働いている看護師は、転職活動をする暇もないのではないでしょうか。そうであれば、早めに転職サイトに登録して、仕事探しを手伝ってもらうようにしましょう。

 

転職サイトであれば、家庭と両立しなければいけない状況を考慮した上で、担当のコンサルタントが適した職場を紹介してくれます。ある程度交渉事なども代わりに行ってくれますので、忙しい看護師の良いサポート役を担ってくれることでしょう。

 

転職は確実に行いたい方が多いと思いますので、ここはプロの力を借りながら、効率的に転職活動を進めていってください。自分でやろうとすれば、手間や時間がさらにかかり、心身ともに疲れ果ててしまう可能性も。ぜひ、頼れるところには頼って、いい転職をしてみてくださいね。

 

次へ
ポイント

看護師求人サイトは全国に50社以上存在しています。良い看護師サイトもあれば、悪徳な看護師サイトもありますので、「看護師が選んだ看護師求人サイト口コミランキング」をチェックすることと、必ず3社以上の複数登録をすることが、転職成功の秘訣です。

 

1位・看護のお仕事

看護のお仕事

地方にも都心部にも強く、また医療専門で行っている求人サイト!

みんなの口コミ

2位・マイナビ看護師

マイナビ看護師

転職のプロ!マイナビグループが運営!スピードを求める方はココ!!

みんなの口コミ

3位・ナースフル

ナースフル口コミ

転職といえばリクルート!やっぱりナースフルが一番!?

みんなの口コミ


看護師転職サイト口コミランキング
LINE看護師パンダスタンプ

■看護師求人サイト転職口コミ「看護師パンダ」コンテンツ

看護師求人サイト転職口コミ集、「看護師パンダ」にお越しいただいてありがとうございます。看護師転職の役に立つ情報を日々更新しています。

看護師転職サイト徹底比較ランキング
看護師求人サイト一覧
看護師転職人気病院
看護師のキャリアアップ資格
看護師転職体験談
看護師求人条件で探す
年代別看護師転職
看護師パンダ