看護師からCRAに転職!仕事内容とメリット・デメリットについて

看護師からCRAに転職!仕事内容とメリット・デメリットについて

このページでは、看護師の転職先として人気が高いCRAについてご紹介していきます。

 

CRAとは臨床開発モニター(Clinical Research Associate)の略称で、医薬品の治験を実施するにあたり、なくてはならない働きをしている専門職です。

 

製薬会社または製薬会社から治験の実施を委任されたCRO(受託臨床試験実施機関)とよばれる民間企業に所属し、治験が正しく円滑に行われているか、製薬会社側の目線で治験の進行をモニタリングする役割を果たします。

 

詳しく見ていきましょう。

 

1.CRAの仕事内容は?CRCとの違いは何?

CRAの仕事内容は?CRCとの違いは何

CRAという名前は、その業務を行う人に与えられますが、その名前の資格があるわけではありません。またCRAとして働くための必須条件は製薬会社によって異なりますが、薬理学や化学についての基礎知識は必要であり、薬剤師の資格を持つ人の就職・転職先として定番になっています。

 

しかし看護師の持つコミュニケーション能力の高さは、治験を円滑に行うために非常に役立つため、看護師からの転職の需要も高くなっています。

 

治験を実施できる病院を探す

治験を実施できる病院を探す

製薬会社が新しい医薬品を開発、またはすでに販売されている医薬品について新しい効能を追加したいときに治験が実施されます。プロトコールとよばれる治験の一連の流れが固まったら、製薬会社は自社所属のCRAまたは他社CRO所属のCRAに対して、治験のモニタリングを委託します。

 

CRAはプロトコールについて十分に理解したあとに、この治験を実施できる病院を探します。

 

CRAは一つのプロトコールに対して複数の病院を担当し、それらの病院の医師やCRCに治験の概要を説明し、どれくらいの患者さんがその治験に参加可能か調査し、最終的に病院と治験実施の契約を結びます。

 

治験の進行状況を把握する

治験の進行状況を把握する

治験開始時期は毎日のように病院を訪問し、医師やCRCなどから被験者の参加状況や、治験の進行状況を把握していきます。

 

CRAのルールとして、実際に治験に参加する被験者とはどんな方法でも接してはいけないことになっているので、あくまでCRCからの情報やカルテなどを通して被験者の情報を拾い上げていきます。

 

治験が落ち着いてきた頃は、2週間から6週間おきに病院を訪問し進捗状況を確認していきます。また病院からの依頼や非常時の際はいつでも訪問できるようにしておきます。

 

製薬会社へ提出する治験報告書を作成する

製薬会社へ提出する治験報告書を作成する

治験の終盤では、医師が記載する治験結果報告書の回収のために、訪問回数も増えていきます。

 

その際に報告書の書き方について医師やCRCに助言し、正確に書かれているかを確認します。そしてCRAはそれらの報告書を元に製薬会社への最終的な治験の報告書を作成していくのです。

 

CRAは製薬会社側に立ち、CRCは病院側に立つ

CRAは製薬会社側に立ち、CRCは病院側に立つ

同じように治験の実質的な進行役でもあるCRC(治験コーディネーター)との違いは、CRCが治験を行う病院側に立って、病院の医師や看護師とチームとして働くのに対して、CRAは治験を依頼する製薬会社側に立って、CRCや病院スタッフに対して、治験の進捗状況のモニタリングと、治験が計画書通りに進行するために必要な指示や、支援を行っていきます。

 

CRAの方が医薬品についての知識が必要

CRCとCRAはどちらも製薬会社と病院の仲立ちとしての役割を果たし、CRCは病院側にCRAは製薬会社側にあって、どちらも高い折衝能力が求められる仕事です。しかしCRAはより医薬品についての知識が必要となり、その知識を仕事に活かす場合が多いです。

 

2.CRAの看護師に求められる資質

CRAの看護師に求められる資質

前述した仕事内容を考慮すると、CRAになるためには、看護師とはまた違う資質も求められることが分かります。

 

一体どんな資質が必要になるのか、見ていきましょう。

 

頻回の長短期出張が可能である

頻回の長短期出張が可能である

治験そのものは全国どこの病院でも実施されますので、CRAは治験の説明や契約、進捗状況の確認、治験報告書の回収といったそれぞれの場面で頻回に治験実施病院を訪問することになります。

 

治験期間中は毎日のように出張が続く

日帰りや長短期の出張、時には単身赴任などが多く、しかも担当施設が複数の県にまたがる場合や、飛行機の距離に担当施設がある場合は、治験期間中はそれこそ毎日のように出張が続きます。それが可能な生活環境か、また体力があるかというのは大切なポイントです。

 

コミュニケーション能力が高い

コミュニケーション能力が高い

CRAで最も大事な資質はやはりコミュニケーション能力です。複雑なプロトコールを病院側にわかりやすく伝えること、治験の進捗状況について正しく把握し、担当施設に対して適切なアドバイスを与えられることが大事です。

 

謙遜に誠実に対応する必要がある

CRAは、あくまで病院側に治験をお願いする立場であり、謙遜に誠実に対応することが求められます。また治験薬の副作用の出現やプロトコール違反などの有害事象があった場合に、速やかに指定期限内に対処できるかなど、さまざまな場面で多くの人と折衝していく能力が必要となります。

 

ビジネスパーソンとして恥ずかしくない立ち振る舞いができる

ビジネスパーソンとして恥ずかしくない立ち振る舞いができる

男女問わずCRAは担当施設を訪問する際にはスーツなどを着用し、メールや電話、文章作成においてもビジネスマナーの重視を徹底されます。看護師として働いているとき以上に、身だしなみには気をつけなければなりません。会社の顔として胸にバッジをつけ、手に名刺を持ち、会社の利益のために尽くす必要があります。

 

看護師を長くしていると、病院の中だけの社会経験しかなく、一般的なビジネスパーソンとしての振る舞いなどに不慣れとなりますので、注意が必要です。

 

英語の読解力がある

英語の読解力がある

海外で開発された治験薬はもちろんですが、最近では国内治験のプロトコールや治験報告書等も、英語で書かれたものが多く、報告書も英語で記載する必要があるものが増えています。

 

特に英語については、会話力よりも文章の読解力が求められ、時には英語の論文や研究レポートなどを読み、治験薬に関する海外での情報を医師やCRCに提供する場合もあります。

 

基本的なパソコン操作ができる

基本的なパソコン操作ができる

一昔前は手書きでの記入式の治験報告書が多かったですが、最近は電子媒体上で報告書を作成することが当たり前になってきました。

 

また治験報告書はもちろんですが、業務報告書等もインターネット回線を使って自社サーバーにリアルタイムでアップしていきます。さらにどこの医療機関でも電子カルテの導入が増えていますので、カルテの閲覧やデータの整理など、基本的なパソコンの操作は必要となります。

 

3.看護師がCRAへ転職するメリット

看護師がCRAへ転職するメリット

看護師がCRAへ転職するにあたり何よりも魅力的なメリットは、高収入が期待できる点です。

 

CRAの勤務先である製薬会社は、基本的に規模の大きなところが多く、それだけ基本給も高く設定されており、福利厚生も充実しています。

 

また出張や残業手当も多く、看護師時代よりも高い収入が期待できます。他にも、以下のようなメリットがあります。

 

医薬品についての知識が増える

医薬品についての知識が増える

CRAはさまざまな分野の治験薬やその薬に関する科学的データを取り扱うため、必然的に医薬品についての知識が増えます。

 

そして、医薬品の名称や効能といった知識だけではなく、どのような作用機序で人体組織に影響を及ぼすのかなどの深い知識も身についていきます。また科学的根拠に基づいた治療の必要性について、深く学ぶことができます。

 

海外勤務できる可能性がある

海外勤務できる可能性がある

製薬会社の中には海外に本社を構える会社もあります。そのような外資系企業の場合は、海外出張や海外での長短期勤務の可能性があります。

 

また今後治験はますますグローバル化していくことが予想されるため、海外勤務だけではなく、海外学会への参加、英語論文の査読などによって語学力が養われる機会も多く得られる可能性があります。

 

夜勤はなく、基本的に土日祝日や年末年始は休み

夜勤はなく、基本的に土日祝日や年末年始は休み

ほとんどの場合、9:00~16:00頃がCRAの病院内での作業時間となり、土日祝日は原則休みとなる場合がほとんどです。担当施設が閉院しているときはカルテ等を見ることができませんので、ゴールデンウィークやお盆休み、お正月休みなどはしっかり取ることも可能です。

 

CRAの立場上、夜間の付き添いはできない

CRAは治験に参加している被験者と接することは認められていません。これは治験報告書の作成にあたり、何らかのバイアスがかかる恐れを防ぐためです

 

そのため例えば不眠症の治験で、入院を伴う夜間のモニタリングを行うことがあっても、CRAは付き添いなどしません。またカルテは病院外に持ち出すことはできませんので、その病院の外来診療時間内のみがモニタリング作業できる時間です。

 

男性看護師にとっては働きやい環境

男性看護師にとっては働きやい環境

実際の治験現場で働くCRAをみていると、その多くが男性である事がわかります。薬剤師資格を持つ方や、MRとよばれる製薬会社の営業経験者が多いですが、看護師経験者でCRAに転職したケースも少なからずいます。

 

出張が多く、短期の単身赴任もあることから子供を持つ女性に比べると、男性の方がより動きやすく、この仕事に向いていると思われます。

 

4.看護師がCRAへ転職するデメリット

看護師がCRAへ転職するデメリット

人にもよりますが、看護師がCRAへ転職するデメリットは、治験期間中の出張が非常に多いという点です。戦術した通り、場合によっては毎日のように出張しなければならないこともあります。

 

その他のデメリットについても見てみましょう。

 

サービス残業が多い傾向にある

サービス残業が多い傾向にある

病院内でカルテなどを閲覧できる時間は限られていますので、予定していた仕事が時間内に終わらなければ、出張期間を延長したり、また日を改めて訪問日を設定します。しかし実際は病院外で行う作業も多く、社内や出張中のホテルなどで、さまざまな報告書を書いたり、データをまとめたりする必要があります。

 

みなし残業として初めから残業手当が付いている場合が多いですが、実質的にはそれ以上の、いわゆるサービス残業も多い傾向があります。

 

看護技術を使う機会がなくなる

看護技術を使う機会がなくなる

CRAは被験者と接することはできませんので、採血や血圧測定はもちろん、これまで覚えてきた看護師としての手技的な技術を使う場面が一切なくなります。

 

被験者に会うことすらルール違反ですので、あくまでも電子カルテや報告書等でしか被験者を知ることはできません。看護師経験が長いほど、対象者とコミュニケーションが取れないことに大きなストレスを感じると予想されます。

 

5.看護師がCRAへ転職する際の注意点

看護師がCRAへ転職する際の注意点

最後に看護師がCRAへ転職する際におさえておいてほしい注意点について解説していきます。

 

このような基礎知識をしっかりと頭に入れた上で、CRAへの転職活動を進めていきましょう。

 

「未経験者可」の表示に惑わされないこと

「未経験者可」の表示に惑わされないこと

CRAの求人をみていると、未経験者可能という募集要項をよく見かけます。確かにCRAになるために必須の資格はありませんし、未経験者からの転職も多いです。

 

しかし未経験者といっても多くの場合は薬剤師の資格を持っていたり、大学や大学院で薬理学や化学を学んだりした経験のある人ばかりであるのが実際のところです。

 

また製薬会社のMRからの転職も多く、看護師からの転職と比較して、スタートの時点で医薬品に関する知識には相当な差があるのが現実です。

 

製薬会社とCRO、どちらが自分に合っているか長い目で考える

製薬会社とCRO、どちらが自分に合っているか長い目で考える

CRAになるためには製薬会社かCROに勤めるかの選択になりますが、製薬会社で大手であればあるほど待遇や福利厚生、将来の安定性も高くなります。

 

しかし勤務地は東京などの大都市に限られてしまう場合がほとんどで、治験が実施される全国各地の病院への出張も多くなります。

 

CROなら会社によってはそれぞれの地方都市に設置されていることも多く、その地域で行われる治験に関わるので、長距離の出張というのは少なくなるでしょう。

 

会社の情報収集を怠らないこと

いずれにせよ製薬会社であってもCROであっても働き方や待遇はさまざまです。長い目で見て自分にとってのメリットをよく考えて、それぞれの会社について良く情報収集をして下さい。

 

まとめ

まとめ

CRAというのは、雇い主である製薬会社と、治験を実施してくれる病院との間に挟まれやすく、余計にプレッシャーがかかる役割でもあります。しかし正しいデータに基づき社会に必要とされる薬の開発のために、CRAとして、また人として非常に高いモラルと人間性が求められ、何よりも、必要な人のところへ必要な薬を届けるという高い使命感が伴う仕事でもあります。

 

看護師からの転職は、薬剤師や他の化学系大学出身者との競争で、ややハードルは高いですが、看護師が持つ病院内でのコミュニケーション能力の高さは非常に強みとなります。メリットデメリットについて良く理解し、多くの看護師がCRAとして治験業界内で活躍できるように願っています。

 

次へ
ポイント

看護師求人サイトは全国に50社以上存在しています。良い看護師サイトもあれば、悪徳な看護師サイトもありますので、「看護師が選んだ看護師求人サイト口コミランキング」をチェックすることと、必ず3社以上の複数登録をすることが、転職成功の秘訣です。

 

1位・看護のお仕事

看護のお仕事

地方にも都心部にも強く、また医療専門で行っている求人サイト!

みんなの口コミ

2位・マイナビ看護師

マイナビ看護師

転職のプロ!マイナビグループが運営!スピードを求める方はココ!!

みんなの口コミ

3位・ナースフル

ナースフル口コミ

転職といえばリクルート!やっぱりナースフルが一番!?

みんなの口コミ


看護師転職サイト口コミランキング
LINE看護師パンダスタンプ

■看護師求人サイト転職口コミ「看護師パンダ」コンテンツ

看護師求人サイト転職口コミ集、「看護師パンダ」にお越しいただいてありがとうございます。看護師転職の役に立つ情報を日々更新しています。

看護師転職サイト徹底比較ランキング
看護師求人サイト一覧
看護師転職人気病院
看護師のキャリアアップ資格
看護師転職体験談
看護師求人条件で探す
年代別看護師転職
看護師パンダ