看護師が働きやすいのは総合病院?クリニック?4つの場面から検証!

看護師が働きやすいのは総合病院?クリニック

私は総合病院で働いた後にクリニックへ転職しました。総合病院とクリニックでは、業務内容や勤務時間で異なることが多く、どちらが働きやすいかは看護師によって意見が分かれます。

 

このページでは、実際に私が経験した総合病院とクリニックの違いについて4つの場面から検証していきます。総合病院かクリニックかで転職先を迷われている方は、双方の違いを把握し、自分が「働きやすい」と思えるほうを選んでいくようにしましょう。

 

1.総合病院とクリニック、最大の違いは「夜勤」の有無

総合病院とクリニック、最大の違いは「夜勤」の有無

総合病院とクリニックの違いについて、まず皆さんが思い浮かぶのは夜勤があるかないかという点でしょう。総合病院の病棟勤務だと必ずといっていいほど夜勤はつきもので、休みも不規則になります。その分、クリニック勤務だと診療のみなので夜勤はありませんし休診日もあるため休みの曜日も決まっています。

 

また病棟勤務だと夜勤があるせいで何かと予定が立てづらいですが、クリニックだと休日が決まっているため予定も立てやすく、趣味や習い事の時間にも使うことができました。

 

基本給は変わらないが夜勤手当の有無で総支給額に大きな差が出る

基本給は変わらないが夜勤手当の有無で総支給額に大きな差が出る

基本給は病棟勤務でもクリニックの勤務でもそれほど変わらないことが多いです。

 

ただ、夜勤がある総合病院では夜勤手当をもらうことができるため、総支給額で見るとクリニックより4万~5万程度は多くなります (1回の夜勤手当を9千円~1万円と仮定した場合)。

 

2.総合病院は日勤後の勉強会や研修が多い

総合病院は日勤後の勉強会や研修が多い

総合病院勤務だと日勤後の勉強会や研修が多く、そういった日は勉強会や研修が終わった後に日勤の記録をすることになるため、帰宅時間が22時を過ぎてしまうようなこともありました。

 

クリニックは毎日定時で帰ることも可能

クリニックは毎日定時で帰ることも可能

一方、クリニックでは勉強会や研修がないケースがほとんどです。

 

そのため基本的に診療が終わればすぐに帰宅することが可能です。ちなみに私の勤めていたクリニックでは、残業もほぼなかったため毎日定時で帰ることができました。

 

総合病院では最新の医療知識がすぐ手に入る

総合病院では最新の医療知識がすぐ手に入る

正直、総合病院で勤務していた当時は勉強会や研修によって帰宅時間も遅くなり、うんざりしていたこともありました。しかし今思えば、勉強会などによって最新の医療知識をすぐに得ることができていたのは、とてもありがたいことでした。

 

クリニックで勤務するとなると、新しい知識を得るには自分で情報を集めていかなければなりません。知識欲があり向上心が強い看護師には、総合病院の方が働きやすいのではないでしょうか。

 

3.クリニックは業務スケジュールが立てづらい

クリニックは業務スケジュールが立てづらい

クリニックの場合、その日のうちにどのような患者がどれくらい来院するのか、正確に予測することができません。そのため病棟看護師のように1日のスケジュールを立てることは難しく、臨機応変に動くことが求められます。

 

また、クリニックでは使用した器具の消毒、清掃なども看護師の仕事になるため、そういった雑務を診察介助の合間に終わらしていかなければならず、なんだかんだ1日中バタバタしていることもあります。

 

総合病院では基本的にスケジュールに沿って動くことができる

総合病院では基本的にスケジュールに沿って動くことができる

一方で、総合病院の病棟看護師であれば受け持つ患者の顔ぶれも分かっていますし、それによって自分が行わなければならない業務も大体把握できるため、1日のスケジュールを立て、そのスケジュールに沿って動くことができます。

 

時には、予定外の緊急入院や緊急手術が入ることもありますが、そういった場合でも再度スケジュールを組み直し立て直すことができます。

 

クリニックは「出たとこ勝負」な一面も多いため、ここは大きな違いだと言えるでしょう。

 

4.クリニックは人間関係でトラブルがあると「逃げ場」がない

クリニックは人間関係でトラブルがある

クリニックは総合病院に比べ閉鎖的な環境です。そのため、総合病院以上に働いてみないとわからないことも多々あります。

 

閉鎖的な環境は言い換えれば「アットホーム」でもあります。ただ、一度人間関係でトラブルがあると、総合病院のように異動もできないため、逃げ場がなくなってしまいます。

 

総合病院の病棟だとスタッフの人数が多いため、苦手なスタッフと勤務がかぶることもそれほど多くはないでしょう。また、どうしようもない時は病棟異動をすることも可能です。

 

クリニックへの転職前は必ず見学をすること

クリニックへの転職前は必ず見学をすること

上記のような状況を踏まえ、クリニックに転職する前には、必ず「見学」をさせてもらうようにしましょう。

 

人間関係が悪いクリニックだと、そこで働いているスタッフの表情や雰囲気が暗いことがあったり、スタッフ同士の話が少なかったりします。

 

見学の際にスタッフの様子をよく見て、自分もそこに馴染めそうかどうか冷静にジャッジしておきましょう。

 

まとめ

まとめ

ここで紹介したことは、診療科や勤務している病院、クリニックによって多少違うところはあるかと思います。

 

その中でそれぞれの良いところや悪いところがあると思いますが、事前の情報収集をおこたらず、ここに書いてあることを参考にしながら、自分に合った環境を選択していくようにしましょう。

 

次へ
ポイント

看護師求人サイトは全国に50社以上存在しています。良い看護師サイトもあれば、悪徳な看護師サイトもありますので、「看護師が選んだ看護師求人サイト口コミランキング」をチェックすることと、必ず3社以上の複数登録をすることが、転職成功の秘訣です。

 

1位・看護のお仕事

看護のお仕事

地方にも都心部にも強く、また医療専門で行っている求人サイト!

みんなの口コミ

2位・マイナビ看護師

マイナビ看護師

転職のプロ!マイナビグループが運営!スピードを求める方はココ!!

みんなの口コミ

3位・ナースフル

ナースフル口コミ

転職といえばリクルート!やっぱりナースフルが一番!?

みんなの口コミ


看護師転職サイト口コミランキング
LINE看護師パンダスタンプ

■看護師求人サイト転職口コミ「看護師パンダ」コンテンツ

看護師求人サイト転職口コミ集、「看護師パンダ」にお越しいただいてありがとうございます。看護師転職の役に立つ情報を日々更新しています。

看護師転職サイト徹底比較ランキング
看護師求人サイト一覧
看護師転職人気病院
看護師のキャリアアップ資格
看護師転職体験談
看護師求人条件で探す
年代別看護師転職
看護師パンダ