看護師の転職は自分の優先順位で決める!6つの体験談を紹介

看護師を続けていると、避けては通れないのが転職問題。私自身も何度かの転職を経験し、成功と失敗を経験しました。ここでは人生の節目による転職について、どんな視点で望めばいいのか考えてみます。

 

1.新卒で就職した場合

新卒で就職した場合

これは転職ではありませんが、今後の看護師人生において影響を与える有力な問題です。新卒で就職した病院は今後の看護師としての看護観や考えの基準となります。最初に当たる大きな壁ですね。

 

大学病院に就職するとかなり仕事は忙しい

大学病院に就職するとかなり仕事は忙しい

私が新卒で就職した大学病院は(15年ほど前ですが・・)、新人でも夜勤独り立ちが4月で、それこそ就職して2週間は日勤の後に勉強会、勉強会、勉強会で帰りが夜12時すぎ。

 

昼間は慣れない業務に深夜の帰宅、夜勤が始まるプレッシャーに負けて、早期退職してしまいました。今考えればもう少し頑張れたのかなとも思うけど、あれはキツかった。

 

2.転居による転職の場合

転居による転職の場合

上京する、実家に帰る、などの理由で転職を考えることがあります。家賃の高いところに引っ越したけれど、転職先の給料が今までより安かった、物価が違いすぎるなど、働き始めてみたら生活が大変!なんてことにならないように十分に検討が必要です。

 

3.結婚による転職の場

人生最大のイベントですが、結婚によって住む地域が変わることがありますね。

 

慣れ親しんだ場所から何も知らない土地に引っ越し、就職したけれど言葉が通じない、医療の発達度が全然違うなど壁にぶち当たることがあるかもしれません。勤務形態も正職員かパートか扶養内か、など考えなくてなならないことが多くなります。

 

結婚直後の転職はすりになることもある

結婚直後の転職はすりになることもある

結婚してすぐの転職だと、「お子さんの予定は?」と聞かれ、多少不利に働くこともあるかもしれません。就職してすぐに妊娠発覚となると、おめでたいことではあるけれど、やはり迷惑をかけてしまうということを考えておいた方がよさそうです。

 

婚約者の理解も必要になる

婚約者の理解も必要になる

ご主人や奥様の理解も必要ですよね。基本的に女性の看護師さんって、気が強いじゃないですか(笑) 夜勤をやっていれば、そこそこお給料も頂けて、独身時代からの自分のペースみたいなのができている場合はもっと大変ですよね。お互い尊重し合える関係を築いていきたいですね。

 

4.出産による転職の場合

出産による転職の場合

現在は産前産後休暇や育児休暇などを取得し、出産後も継続して働ける場合が多いです。

 

でもパート勤務の方は仕方がありませんが、慣習的に休暇が取れないところにお勤めの方は、ちょっと考えた方がいいかもしれません。

 

仕方ない休みでも難癖つけられることもある

仕方ない休みでも難癖つけられることもある

子どもがいると、不可抗力で休まなければならない事柄が出てきたときに休めない可能性が高く、色々難癖をつけられることもあるかもしれません。育児休暇中に「いつ復帰するの!?」と何度も電話をかけてくる、子どもの病気で休みの連絡を入れると無言で切る、とにかく難癖付けられまくります。

 

5.子育てによる転職の場合

子育てによる転職の場合

子育て環境によって、勤務形態や勤務場所は適、不適があります。

 

「看護師としてのキャリア形成や教育資金確保のために、使えるものはなんでも使う!」って方はいます。24時間託児所、ベビーシッター、祖父母、配偶者に協力してもらいながら働く方法です。

 

看護師は家庭との両立は難しい

看護師は家庭との両立は難しい

病院で常勤として働くママさんナース達は本当に大変そうでした。勤務時間で上がれず、委員会の仕事、時間外に会議、看護研究発表。娘に「わたしは絶対に看護師にはならない!!」と言われた先輩看護師もいました。私は仕事も大事だけど家族を犠牲にしてまで働きたいとはどうしても思えませんでした。

 

(働かなくては生活できない方もいるし、善し悪しでなく自分には合わないってことで。)習い事はさせたいけれどお金と時間が必要、自分の休みに合わせてくれる習い事なんて庶民には無理です。

 

パート看護師なら家庭も大事にできる

パート看護師なら家庭も大事にできる

私はパート勤務を選びました。多少の休みの融通は利くし、自分の勤務条件に合う病院を探しました。平日は午前勤務で、午後は子ども達を家で迎え入れ、習い事の送迎も自分でやれるようにしました。週末は夜勤のバイトをして稼ぎ、子ども達は主人や祖父母と一緒にのんびり過ごしてもらいます。日勤のみフルタイムパートしている頃より給料は上がり、午後の時間を子どもや自分のために使うことができるようになると思います。

 

ポイント!

人それぞれの家庭環境と生活パターンがあるので一概にこれがいいとは言えないですが、あまり無理せずに家族と自分のことを考えて決めてくださいね。

 

6. 病院への不満による転職の場合

病院への不満による転職の場合

言ってしまえば、転職理由の一番はコレですよね。とにかく働かなくては何も分かりませんし、いくらお給料が良くても精神的、身体的に辛くては続けていけないし、とっても働きやすいけれど上司がどうしても許せないとか理由は様々です。ちなみに私の優先順位を優先順位が高い順から紹介します。

 

  • 通勤40分以内
  • 平日午前のみ勤務可
  • 時給1000円以上
  • Wワーク可or週末のみ夜勤可

 

転職を考えているあなたの優先順位はどうですか?一度優先順位を考えてみると、自分がどうしたいのか客観的に見ることができますよ。全てが自分の望むような病院や施設はきっとありません。でも自分にとって譲れない条件に優先順位を付けて見つけていくしかないと思います。

 

まとめ

まとめ

手に職があり引く手あまたの看護師。転職先は比較的楽に見つけることができます。でもその転職先は本当にあなたに必要な職場でしょうか?人生に何度かある節目の転職は、今後の人生に大いに影響を及ぼします。

 

失敗から学ぶことも多くありますが、できれば失敗はしたくないですよね。衝動的に進めるのは危険!じっくり自分の優先順位を考えて、次の転職をスムーズに進めてみませんか。

 

次へ
ポイント

看護師求人サイトは全国に50社以上存在しています。良い看護師サイトもあれば、悪徳な看護師サイトもありますので、「看護師が選んだ看護師求人サイト口コミランキング」をチェックすることと、必ず3社以上の複数登録をすることが、転職成功の秘訣です。

 

1位・看護のお仕事

看護のお仕事

地方にも都心部にも強く、また医療専門で行っている求人サイト!

みんなの口コミ

2位・マイナビ看護師

マイナビ看護師

転職のプロ!マイナビグループが運営!スピードを求める方はココ!!

みんなの口コミ

3位・ナースフル

ナースフル口コミ

転職といえばリクルート!やっぱりナースフルが一番!?

みんなの口コミ


看護師転職サイト口コミランキング
LINE看護師パンダスタンプ

■看護師求人サイト転職口コミ「看護師パンダ」コンテンツ

看護師求人サイト転職口コミ集、「看護師パンダ」にお越しいただいてありがとうございます。看護師転職の役に立つ情報を日々更新しています。

看護師転職サイト徹底比較ランキング
看護師求人サイト一覧
看護師転職人気病院
看護師のキャリアアップ資格
看護師転職体験談
看護師求人条件で探す
年代別看護師転職
看護師パンダ