麻酔蘇生科(ペインクリニック)とは?看護師の仕事内容とメリット・デメリット

麻酔科蘇生科は、以下の機能を持つ診療科です。

 

  • 手術中、手術後の疼痛の緩和
  • ペインクリニック

 

ペインクリニックでは、帯状疱疹後神経痛、脊柱管狭窄症、がん性疼痛など、様々な疼痛を抱える患者に対してブロック注射や薬を使って患者の疼痛緩和の診療を行います。

 

このページでは、麻酔蘇生科の看護師の仕事内容や必要スキルについてご紹介していきます。

 

1.麻酔蘇生科で働く看護師の仕事内容

麻酔蘇生科で働く看護師の仕事内容

通常、麻酔蘇生科の病棟看護師であれば、ペインクリニックの患者と関わることが多くなります。

 

ブロック注射の介助と看護

ブロック注射の介助と看護

ペインクリニックでブロック注射を行う際の物品の準備、処置の介助を行います。また、ブロック注射後は副作用の出現やブロック効果の観察を行い、記録に残します。

 

痛みをもつ患者の気持ちを傾聴し寄り添う

治療方法は薬と注射だけではありません。患者の気持ちを傾聴し寄り添うことも治療のひとつとなります。

 

服薬を含めた生活指導の実施

鎮痛剤の正しい服薬方法の指導や、冷罨法や温罨法などといった疼痛緩和方法の指導も行います。

 

慢性疼痛を抱える患者の場合、家族も含めて指導を行う

慢性疼痛を抱える患者の多くは、日常生活上で気付かないうちに無理をし、疼痛を増強させてしまっていることがあります。そういった場合は、患者家族と一緒に日常生活を見直すといった生活指導を行っていきます。

 

2.麻酔蘇生科で働く看護師に必要なスキル

麻酔蘇生科で働く看護師に必要なスキル

前述した通り、麻酔蘇生科では患者と一緒に日常生活を見直し生活指導をおこなう必要があるため、患者や患者家族との信頼関係を構築できるコミュニケーションスキルが必要です。

 

終末期の患者や精神科疾患を抱える患者も多くいるため様々な患者へ適切に対応する必要があることも覚えておきましょう。

 

タイムスケジュールを管理できるスキル

私がいた病院もそうでしたが、麻酔科蘇生科のある病棟は、混合病棟であることが多く、医療依存度、重症度の高い患者を担当しながら麻酔科蘇生科の患者も担当することはよくあります。

 

そのため、一人一人の患者に質の高い看護を提供するためには、患者との時間を作る必要があり、タイムスケジュールを管理するスキルがとても重要です。

 

患者の些細な言動から疼痛の変化に気付ける観察力

疼痛の変化は客観的には分かりづらく、患者自身も疼痛の変化が分からなかったり、相手へ伝えることが困難だったりすることもあります。

 

そのため、患者の言動から疼痛を観察して評価を行うことができる観察力が必要となります。

 

3.麻酔蘇生科で働く看護師のメリット

麻酔蘇生科で働く看護師のメリット

麻酔蘇生科はとにかくコミュニケ―ションが必要な科ですので、気付くとコミュニケーションスキルが上がり、特に傾聴がうまくなっている点が最大のメリットだと言えるでしょう。

 

清潔操作が身に付く

ペインクリニックでのブロック注射、特に硬膜外ブロックは滅菌した道具で行うため、清潔 操作が身に付きます。

 

私もブロック注射の介助で清潔操作を十分に学ぶことができました。

 

患者に寄り添った看護を実感することができる

一般病棟では患者とゆっくり時間を割くことが難しく、患者に寄り添った看護ができていないのではと感じるとこともあるでしょう。

 

しかし、麻酔科蘇生科は患者とのコミュニケーションが主な看護のため寄り添った看護ができると実感しやすいです。

 

ペインクリニック担当の日は定時で帰ることができる

ペインクリニックの場合、患者数が少ないことや、重症患者がいないことから、処置数が多くあっても他科のように診療時間を過ぎても患者がさばききれないということはありません。

 

むしろ診療時間より早く予約患者の診察が終了することも多く、定時で帰ることができます。

 

4.麻酔蘇生科で働く看護師のデメリット

麻酔蘇生科で働く看護師のデメリット

麻酔蘇生科の場合、患者の思いを傾聴することなどがメインであり、慢性疼痛の患者やターミナル期の患者が多い科のため、急性期が好きな看護師にはあまり向きません。

 

その他、以下のようなデメリットが考えられます。

 

新人看護師は向かない

点滴やブロック注射介助など処置はありますが、ブロック注射は外来やレントゲン室で行うことが多く、看護スキルは身に付きにくいです。

 

一方で高いコミュニケーションスキルが必要となるため、様々な意味で麻酔蘇生科は新人看護師にはおすすめできません。

 

患者との向き合い方が難しい場合がある

麻酔蘇生科にいる慢性疼痛で苦しむ患者はバックグラウンドが原因となっていることが多いです。

 

そのため、精神科で内服治療を同時に行っている患者は多く、他科の患者と比べると、 「くせ」があることが多いです。

 

また、麻酔蘇生科には終末期患者も多く、患者と向き合うことに困難さを感じる看護師もいました。

 

まとめ

まとめ

ゆっくり患者の思いを傾聴することができ、自分が行った看護指導が患者の疼痛緩和につながることも多いため患者に寄り添った看護ができたと実感することができる科です。

 

急性期のばたばたした雰囲気に疲れた方にもおすすめします。ただし、麻酔科蘇生科のある病棟は混合病棟の場合も多いですのでそのあたりも考慮した方がよいでしょう。

 

次へ
ポイント

看護師求人サイトは全国に50社以上存在しています。良い看護師サイトもあれば、悪徳な看護師サイトもありますので、「看護師が選んだ看護師求人サイト口コミランキング」をチェックすることと、必ず3社以上の複数登録をすることが、転職成功の秘訣です。

 

1位・看護のお仕事

看護のお仕事

地方にも都心部にも強く、また医療専門で行っている求人サイト!

みんなの口コミ

2位・マイナビ看護師

マイナビ看護師

転職のプロ!マイナビグループが運営!スピードを求める方はココ!!

みんなの口コミ

3位・ナースフル

ナースフル口コミ

転職といえばリクルート!やっぱりナースフルが一番!?

みんなの口コミ


看護師転職サイト口コミランキング
LINE看護師パンダスタンプ

■看護師求人サイト転職口コミ「看護師パンダ」コンテンツ

看護師求人サイト転職口コミ集、「看護師パンダ」にお越しいただいてありがとうございます。看護師転職の役に立つ情報を日々更新しています。

看護師転職サイト徹底比較ランキング
看護師求人サイト一覧
看護師転職人気病院
看護師のキャリアアップ資格
看護師転職体験談
看護師求人条件で探す
年代別看護師転職
看護師パンダ